See more details
Title List

ようこそ。(必読。)

初めまして。チカ*と申します。必ず読んで下さい。こちらは東方神起が大好きでもちゃもちゃした二人を突っ込んでみたり、妄想小説が置いてあったりします。ミンホが甘くなったり切なくなったりイチャコラしているのが読める所です。本当にどうしたらいいですか(*pдq*)萌が止まらない(*pдq*)萌あまって腐ったお話を書き書きしているんです。(*дq*)閲覧には万全のご注意をされてください(*pдq*)スミマセン。*完全にユノが受けです。ツンデ...

Read More »

恋の行方観察日記。#33

この物語は私の職場で巻き起こってる男の子二人の恋の行方を観察した日記です。 私の妄想がかなり入っていますが(笑) どうせだからユノとチャンミンで記録してみますよ(笑)。 一応ミンホです(笑) ご注意下さい(笑) ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。 お話は「続きを読む。」からです。 タイトル別お話の入口はもくじ。から。 よろしければご利用下さい。...

Read More »

わすれなぐさ。 #10

チャンミン!!俺はチャンミンのマンションのインターフォンを鳴らしてチャンミンを呼ぶ。無言で開いたロックに俺はチャンミンの部屋まで駆けつけるとドアを開けた。「チャンミン?」やっぱり怒ってるのか?それとも呆れているのか?恐る恐る中を覗く。電気もついてない玄関に人影があって俺はチャンミンと認識するまでもなくそいつに引きずり込まれてしまう。勿論チャンミンなんだけどまるでチャンミンじゃないみたいに強引に腰を引...

Read More »

わすれなぐさ。 #9

「離れて下さいっ!」チャンミンの苛ついた声。追いかけて来たのか?チャンミンは険しい目でホジュニヒョンを睨んでる。ホジュニヒョンはホジュニヒョンでチャンミンをじっと見据えてた。「おい……。」俺は焦った。どうなるんだ。「あんた!どういうつもりか知りませんが、ユノはもう僕のですから。」チャンミンは俺の手を握って自分に引き寄せる。「チャンミンっ。」「それはどうかな?ユノは認めてないんじゃないか?」「………っ。」饒舌なチャ...

Read More »

チケットのお譲り先を探しています。

※お譲り先が見つかりました。ありがとうございました!お友達のYUKAさんなのですが。11月25日(土曜日)のヤフー先行チケ支払い済みが一枚あるそうです。もしご入用の方がいらっしゃいましたらこちらのコメント欄に鍵コメでLINEIDかメールアドレスとお名前を明記してご連絡お願い致します。ずっと更新できてなくてごめんなさい。多分近々一話更新できるとおもうのですが・・・・すっかり亀更新になってしまって。段々訪問者の方も...

Read More »

わすれなぐさ。 #8

朝、目が覚めた時。素肌に纏わり付くシーツの感触に違和感を感じて俺はガバリと体を起こした。どうして裸?!自分の姿に驚いただけじゃなく、当たり前の様に横で眠るチャンミンに驚く。俺、又、何をした?!そう、反射的に思って自分の体に触って確かめる。昨日はチャンミンに素面で寝ようと言われ、そんな事できる訳がなくてチャンミンの飲みかけのアルコールを飲んで忘れようとした。だから当然俺の記憶は何もなくて今の状況にた...

Read More »

わすれなぐさ。 #7

「ホジュニヒョンにキスしたんですか?」「してない。」と、思う……。「本当に?」「ヒョンは何も言わなかった。ただお酒を飲むなとは言ったけど。もしかしたらそうしようとはしたのかも知れないけど、してはいないんだと思う。」「………。」チャンミンの疑いの眼差し。俺だって覚えていればお前の前で酒なんか飲まなかった。二度も酒を飲んでこんな失敗をする事はなかった。「それで…?僕の事はどう思ってるんですか。」「正直……分からない…って言...

Read More »

同じ月を見て。stage2 #8

ラインで呼び出すとユンホさんはすぐ外に出てきてくれた。僕は玄関の外でユンホさんを待ってた。「ソユンちゃん寝ました?」「うん。寝たよ。」「そうですか。少しだけいいですよね?」そう言うと察したのかユンホさんは恥ずかしそうな顔をした。かわいくて。大好きで。少しで済むかは自信がなかったけど。一応そのつもりはしてる。一応。「今日はちゃんと部屋に戻らないと。」「はい。」昨日みたいに寝落ちしてソユンちゃんに起こされるとか...

Read More »

Recent Pics

わすれなぐさ。 #10

チャンミン!!俺はチャンミンのマンションのインターフォンを鳴らしてチャンミンを呼ぶ。無言で開いたロックに俺はチャンミンの部屋まで駆けつけるとドアを開けた。「チャンミン?」やっぱり怒ってるのか?それとも呆れているのか?恐る恐る中を覗く。電気もついてない玄関に人影があって俺はチャンミンと認識するまでもなくそいつに引きずり込まれてしまう。勿論チャンミンなんだけどまるでチャンミンじゃないみたいに強引に腰を引...

わすれなぐさ。 #9

「離れて下さいっ!」チャンミンの苛ついた声。追いかけて来たのか?チャンミンは険しい目でホジュニヒョンを睨んでる。ホジュニヒョンはホジュニヒョンでチャンミンをじっと見据えてた。「おい……。」俺は焦った。どうなるんだ。「あんた!どういうつもりか知りませんが、ユノはもう僕のですから。」チャンミンは俺の手を握って自分に引き寄せる。「チャンミンっ。」「それはどうかな?ユノは認めてないんじゃないか?」「………っ。」饒舌なチャ...

チケットのお譲り先を探しています。

※お譲り先が見つかりました。ありがとうございました!お友達のYUKAさんなのですが。11月25日(土曜日)のヤフー先行チケ支払い済みが一枚あるそうです。もしご入用の方がいらっしゃいましたらこちらのコメント欄に鍵コメでLINEIDかメールアドレスとお名前を明記してご連絡お願い致します。ずっと更新できてなくてごめんなさい。多分近々一話更新できるとおもうのですが・・・・すっかり亀更新になってしまって。段々訪問者の方も...

わすれなぐさ。 #8

朝、目が覚めた時。素肌に纏わり付くシーツの感触に違和感を感じて俺はガバリと体を起こした。どうして裸?!自分の姿に驚いただけじゃなく、当たり前の様に横で眠るチャンミンに驚く。俺、又、何をした?!そう、反射的に思って自分の体に触って確かめる。昨日はチャンミンに素面で寝ようと言われ、そんな事できる訳がなくてチャンミンの飲みかけのアルコールを飲んで忘れようとした。だから当然俺の記憶は何もなくて今の状況にた...

わすれなぐさ。 #7

「ホジュニヒョンにキスしたんですか?」「してない。」と、思う……。「本当に?」「ヒョンは何も言わなかった。ただお酒を飲むなとは言ったけど。もしかしたらそうしようとはしたのかも知れないけど、してはいないんだと思う。」「………。」チャンミンの疑いの眼差し。俺だって覚えていればお前の前で酒なんか飲まなかった。二度も酒を飲んでこんな失敗をする事はなかった。「それで…?僕の事はどう思ってるんですか。」「正直……分からない…って言...

同じ月を見て。stage2 #8

ラインで呼び出すとユンホさんはすぐ外に出てきてくれた。僕は玄関の外でユンホさんを待ってた。「ソユンちゃん寝ました?」「うん。寝たよ。」「そうですか。少しだけいいですよね?」そう言うと察したのかユンホさんは恥ずかしそうな顔をした。かわいくて。大好きで。少しで済むかは自信がなかったけど。一応そのつもりはしてる。一応。「今日はちゃんと部屋に戻らないと。」「はい。」昨日みたいに寝落ちしてソユンちゃんに起こされるとか...