See more details
Title List

ようこそ。(必読。)

初めまして。チカ*と申します。必ず読んで下さい。こちらは東方神起が大好きでもちゃもちゃした二人を突っ込んでみたり、妄想小説が置いてあったりします。ミンホが甘くなったり切なくなったりイチャコラしているのが読める所です。本当にどうしたらいいですか(*pдq*)萌が止まらない(*pдq*)萌あまって腐ったお話を書き書きしているんです。(*дq*)閲覧には万全のご注意をされてください(*pдq*)スミマセン。*完全にユノが受けです。ツンデ...

Read More »

大人の…はじめました。#16 (最終話)

「チャンミン………。」もう。チャンミンにとろっとろの俺は訳もわからないくらいで、1回はチャンミンの手の中で達して、2回目はアナルをディルドで弄られて達した。「ユノ、まだ寝ちゃダメだよ?」そんな事言ったって。2回もイって俺はもうフラフラだった。「すげー柔らかい。」チャンミンが俺のアナルを弄りながら言う。「ユノ、自分でいっぱいしたの?」チャンミンにそう聞かれて、こくんと頷く。「随分上手になったみたいだね。...

Read More »

大人の…はじめました。#15

俺は逃げた。肌蹴たシャツを直し、ズボンを引き上げながら逃げた。あっけに取られてるチャンミンをそこに残して。暗闇の階段を何度も踏み外しそうになりながら。「ユノっ!」チャンミンの声がして。俺は必死で職員室に逃げ込んだ。「先生?どうしました?」「…いえ。何も。」他の先生のいる中、チャンミンはここまでは入ってこれないと思った。俺は席についてあぁ………。と思った。忘れてきた。ノートとプリント………。チャンミンが屋...

Read More »

大人の…はじめました。#14

「イったね。」チャンミンはイってもまだ勃起状態でひくひくしてる俺を突っついた。「ひぃっ。」イったばかりのそこはちょっとした刺激にも酷く感じた。「ユノ。すご過ぎ。胸は感じるまで開発が必要って言われてるけど一回でイけちゃったね。もしかして才能があるんじゃない?」「なんの才能だよ。嬉しくない。」「オナニーやアナニーはしてる?慣れてきた?」慣れたけど。一人でも出来る様になったけど。チャンミンの事を思ってや...

Read More »

大人の…はじめました。#13

チャンミンは意地悪に笑って俺の両手を掴んだ。触っちゃ駄目なの?苦しいよ…。「ユノ。」「………。」「触りたい?」チャンミン……気のせいかなぁ。楽しそう?「………。」俺は頷いた。自分でもチャンミンを前にして何やってんだと思いながら。でも抑えられない。チャンミンだから。もう色々知られてるチャンミンだからこそ。どうにかしてって思った。俺の中でこの時。ここが学校だとか。相手が生徒だとか。そんな事はもう考えられなくな...

Read More »

絶不調の訳…。

こんばんは。絶不調ですww。←って笑ってるやん。お騒がせした子供はマイコプラズマでした。検査の結果はよくなってきてるのであまり心配はないようです。私は検査しませんでしたが同じ症状なのでお母さんもそうでしょう。と。言われました。潜伏期間が1ヶ月くらいあるそうで。私から子供に移ったわけではないようで・・・どうも同じところでもらってきたのか…まぁ放っておいても直ります。とは言われましたがまぁ苦しいww←だか...

Read More »

大人の…はじめました。#12

今、俺とチャンミン、キスした?なんかすげー自然にしちゃったけど…。「お……いっ。」「あ……。」チャンミンも一瞬驚いた顔を見せた。そして言ったんだ。「………しちゃった。」しちゃったって。「もう一回いい?」もう一回って。チャンミンはとろんとした目でうっとりとそう言った。「何…言ってる……んだ………だめっ。」「………。」駄目って言ってるのに。チャンミンはそのとろんとした目の顔のまま近付いてくる。「ば………かっ。」「し……っ。...

Read More »

大人の…はじめました。#11

「ユノっ。持つ?」学校で珍しく声をかけられた。俺は当然そのチャンミンの顔を直視する事はできない。その上持ってたプリントと提出されたノートを落としそうになる。「あぶな………。」びっくりしたのか手を伸ばしてきたチャンミン。落としそうになったプリントと拾おうとした手が俺の手に触れた。俺は思いっきり意識した。だってあれから俺が一人でする時に想像する手だ。若くて綺麗な肌。すらりと伸びた指。男らしい関節。この手...

Read More »

Recent Pics

大人の…はじめました。#16 (最終話)

「チャンミン………。」もう。チャンミンにとろっとろの俺は訳もわからないくらいで、1回はチャンミンの手の中で達して、2回目はアナルをディルドで弄られて達した。「ユノ、まだ寝ちゃダメだよ?」そんな事言ったって。2回もイって俺はもうフラフラだった。「すげー柔らかい。」チャンミンが俺のアナルを弄りながら言う。「ユノ、自分でいっぱいしたの?」チャンミンにそう聞かれて、こくんと頷く。「随分上手になったみたいだね。...

大人の…はじめました。#15

俺は逃げた。肌蹴たシャツを直し、ズボンを引き上げながら逃げた。あっけに取られてるチャンミンをそこに残して。暗闇の階段を何度も踏み外しそうになりながら。「ユノっ!」チャンミンの声がして。俺は必死で職員室に逃げ込んだ。「先生?どうしました?」「…いえ。何も。」他の先生のいる中、チャンミンはここまでは入ってこれないと思った。俺は席についてあぁ………。と思った。忘れてきた。ノートとプリント………。チャンミンが屋...

大人の…はじめました。#14

「イったね。」チャンミンはイってもまだ勃起状態でひくひくしてる俺を突っついた。「ひぃっ。」イったばかりのそこはちょっとした刺激にも酷く感じた。「ユノ。すご過ぎ。胸は感じるまで開発が必要って言われてるけど一回でイけちゃったね。もしかして才能があるんじゃない?」「なんの才能だよ。嬉しくない。」「オナニーやアナニーはしてる?慣れてきた?」慣れたけど。一人でも出来る様になったけど。チャンミンの事を思ってや...

大人の…はじめました。#13

チャンミンは意地悪に笑って俺の両手を掴んだ。触っちゃ駄目なの?苦しいよ…。「ユノ。」「………。」「触りたい?」チャンミン……気のせいかなぁ。楽しそう?「………。」俺は頷いた。自分でもチャンミンを前にして何やってんだと思いながら。でも抑えられない。チャンミンだから。もう色々知られてるチャンミンだからこそ。どうにかしてって思った。俺の中でこの時。ここが学校だとか。相手が生徒だとか。そんな事はもう考えられなくな...

絶不調の訳…。

こんばんは。絶不調ですww。←って笑ってるやん。お騒がせした子供はマイコプラズマでした。検査の結果はよくなってきてるのであまり心配はないようです。私は検査しませんでしたが同じ症状なのでお母さんもそうでしょう。と。言われました。潜伏期間が1ヶ月くらいあるそうで。私から子供に移ったわけではないようで・・・どうも同じところでもらってきたのか…まぁ放っておいても直ります。とは言われましたがまぁ苦しいww←だか...

大人の…はじめました。#12

今、俺とチャンミン、キスした?なんかすげー自然にしちゃったけど…。「お……いっ。」「あ……。」チャンミンも一瞬驚いた顔を見せた。そして言ったんだ。「………しちゃった。」しちゃったって。「もう一回いい?」もう一回って。チャンミンはとろんとした目でうっとりとそう言った。「何…言ってる……んだ………だめっ。」「………。」駄目って言ってるのに。チャンミンはそのとろんとした目の顔のまま近付いてくる。「ば………かっ。」「し……っ。...

大人の…はじめました。#11

「ユノっ。持つ?」学校で珍しく声をかけられた。俺は当然そのチャンミンの顔を直視する事はできない。その上持ってたプリントと提出されたノートを落としそうになる。「あぶな………。」びっくりしたのか手を伸ばしてきたチャンミン。落としそうになったプリントと拾おうとした手が俺の手に触れた。俺は思いっきり意識した。だってあれから俺が一人でする時に想像する手だ。若くて綺麗な肌。すらりと伸びた指。男らしい関節。この手...