愛言葉 - 1ページ目121 - *Esperanza*
FC2ブログ
See more details
Title List
一番欲しいものってなんだろう。一番欲しいもの。一番がいい。あなたが一番欲しいものをあげたくて、毎年僕は考えるんだ。あなたが生まれてきてくれた日に。この素敵な日に。あなたの一番を。『そして僕達はオレンジ色の恋をする。』愛言葉。「チャンミン眠い………。」「寝ていいですよ。」「折角チャンミンが来てくれてるのに………。」「0時になったら起こしますから大丈夫です。」「本当?絶対起こしてくれな?」「起こしますから。安心して。」...

Read More »

怒っているわけではない。決して。言うなら、恥ずかしい。本当に自分だけがこんなにもユノを想い、ユノの事を考え、ユノに溺れているんだってバレたみたいで心底恥ずかしいだけだった。「折角の誕生日なのに。」「…………。」何が言いたいのか。ユノは深夜にもくもくとキッチンを片づける僕に呟く。全く折角の誕生日に。仕掛けたサプライズが失敗するなんて最悪です。「チャミナの機嫌が悪いの~♪」「悪くありませんから。」何故か作詞作曲を...

Read More »

今日はチャンミンの誕生日だ。俺は先日の自分の誕生日にもらった指輪を眺めながら考える。結婚かぁ。そりゃ憧れない訳じゃない。結婚をして子供を作って最後の時まで共に生きる存在を見つける時がいつか俺にも訪れるのかなぁとかまるで他人事の様にぼんやりと考える時はあった。でもそんな存在がピンとこなくて。結局今はチャンミンがいるし。仕事もあるし。益々結婚は遠退いてると思ってた。それがチャンミンの口から結婚しようと...

Read More »

チャンミンには誕生日には俺の家に来る様に伝えてある。俺は誕生日プレゼントを用意して待ってた。誕生日プレゼント。それは。俺。俺自身をチャンミンにプレゼントしようってプロジェクトだ。驚くかな?喜んでくれるかな?今更な気もするけど。とっくに俺はチャンミンのものだし。散々抱かれてるし。散々いい様にされてる気がする。でも俺にリボンをかけて「好きにして。」なんてちょっとサプライズ感がないか?普通にじゃつまらな...

Read More »

「ちょっ………、ちょっとっ!!!!」チャンミンの驚いた声にチャンミンに抱きついた俺は嬉しくてギューギュー抱きついた。「誕生日おめでとう、チャンミン。」「な……、な、なにやってますかっ?!」「俺が誕生日プレゼントだ。好きにしてくれっ。」俺は恥ずかしいけど、チャンミンに喜んでもらえるならと自分自身を差し出す。「は?ちょっと待ってっ。」「なんだよ。俺じゃ不満か?」「は?…………い…………いえ。」「好きにしてくれっ!」本...

Read More »

「ユノ、嫌とは言いませんよね?」俺はチャンミンにそう言われて確かに嫌だとは言えなかった。だって、俺がチャンミンに好きにしていいって言ったんだ。その気持ちに嘘はなかったけど、まさかSMプレイがしたいだなんて言われると思ってなくて驚いた。チャンミンにS気があるのはなんとなくわかってたし、俺は多分M気の方だからチャンミンのS気は受け止めて来てる方だと思う。でもSMプレイと言われて、チャンミンって本物のSなんだ...

Read More »

目の前が見えないってこんなに不安なものなんだって知った。チャンミンが俺に触れていればとりあえず何をしてるかわかったし、安心できた。触れていないと何をしてるのかわからないし、不安になって、その反動で触られている方がまだましだったけど、一つ一つがいつもの倍感じられてしまうから困りもした。「……………チャンミン………?」チャンミンが離れて、チャンミンの気配が遠退く。「どこ行くんだよ、おい。」「ちょっと待ってて。」やだ...

Read More »

「チャンミンっ。」俺は手を泳がせ、見えない視界でチャンミンを探す。チャンミンは俺から逃げてるんじゃないかと思うくらい気配はあるのに捕まらない。「チャンミンっ。」「どうしたんですか?」声はするのに、姿を見る事はできない。姿を見る事ができない上に、触れる事もできない。チャンミンを沢山感じたいのに、感じれない。ただ氷の冷たさが俺を伝って行くのが俺を狂わせた。「感じるの?」チャンミンに耳元で聞かれると俺はぞくぞく...

Read More »

「チャンミン………もう解いてお願い。」「駄目。」そんなやり取りを何度繰り返しただろうか。激しく揺さぶられるのは酷く興奮もした。意味もなく。こんなの嫌なのに。これはSMプレイだからってわかってるつもりだけど、普通に愛されたい。そう思ってしまう。「チャンミン……っ。」「こんな事されてユノは気持ちいいんでしょ?」「………よくないよ。手……離して。目隠し取って………。」「いい……っていわなきゃ。これはSMプレイなんだから。もっとしてっ...

Read More »

Recent Pics

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#1

一番欲しいものってなんだろう。一番欲しいもの。一番がいい。あなたが一番欲しいものをあげたくて、毎年僕は考えるんだ。あなたが生まれてきてくれた日に。この素敵な日に。あなたの一番を。『そして僕達はオレンジ色の恋をする。』愛言葉。「チャンミン眠い………。」「寝ていいですよ。」「折角チャンミンが来てくれてるのに………。」「0時になったら起こしますから大丈夫です。」「本当?絶対起こしてくれな?」「起こしますから。安心して。」...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#2

怒っているわけではない。決して。言うなら、恥ずかしい。本当に自分だけがこんなにもユノを想い、ユノの事を考え、ユノに溺れているんだってバレたみたいで心底恥ずかしいだけだった。「折角の誕生日なのに。」「…………。」何が言いたいのか。ユノは深夜にもくもくとキッチンを片づける僕に呟く。全く折角の誕生日に。仕掛けたサプライズが失敗するなんて最悪です。「チャミナの機嫌が悪いの~♪」「悪くありませんから。」何故か作詞作曲を...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#3

今日はチャンミンの誕生日だ。俺は先日の自分の誕生日にもらった指輪を眺めながら考える。結婚かぁ。そりゃ憧れない訳じゃない。結婚をして子供を作って最後の時まで共に生きる存在を見つける時がいつか俺にも訪れるのかなぁとかまるで他人事の様にぼんやりと考える時はあった。でもそんな存在がピンとこなくて。結局今はチャンミンがいるし。仕事もあるし。益々結婚は遠退いてると思ってた。それがチャンミンの口から結婚しようと...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#4

チャンミンには誕生日には俺の家に来る様に伝えてある。俺は誕生日プレゼントを用意して待ってた。誕生日プレゼント。それは。俺。俺自身をチャンミンにプレゼントしようってプロジェクトだ。驚くかな?喜んでくれるかな?今更な気もするけど。とっくに俺はチャンミンのものだし。散々抱かれてるし。散々いい様にされてる気がする。でも俺にリボンをかけて「好きにして。」なんてちょっとサプライズ感がないか?普通にじゃつまらな...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#5

「ちょっ………、ちょっとっ!!!!」チャンミンの驚いた声にチャンミンに抱きついた俺は嬉しくてギューギュー抱きついた。「誕生日おめでとう、チャンミン。」「な……、な、なにやってますかっ?!」「俺が誕生日プレゼントだ。好きにしてくれっ。」俺は恥ずかしいけど、チャンミンに喜んでもらえるならと自分自身を差し出す。「は?ちょっと待ってっ。」「なんだよ。俺じゃ不満か?」「は?…………い…………いえ。」「好きにしてくれっ!」本...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#6

「ユノ、嫌とは言いませんよね?」俺はチャンミンにそう言われて確かに嫌だとは言えなかった。だって、俺がチャンミンに好きにしていいって言ったんだ。その気持ちに嘘はなかったけど、まさかSMプレイがしたいだなんて言われると思ってなくて驚いた。チャンミンにS気があるのはなんとなくわかってたし、俺は多分M気の方だからチャンミンのS気は受け止めて来てる方だと思う。でもSMプレイと言われて、チャンミンって本物のSなんだ...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#7(18禁イラスト有)

目の前が見えないってこんなに不安なものなんだって知った。チャンミンが俺に触れていればとりあえず何をしてるかわかったし、安心できた。触れていないと何をしてるのかわからないし、不安になって、その反動で触られている方がまだましだったけど、一つ一つがいつもの倍感じられてしまうから困りもした。「……………チャンミン………?」チャンミンが離れて、チャンミンの気配が遠退く。「どこ行くんだよ、おい。」「ちょっと待ってて。」やだ...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#8

「チャンミンっ。」俺は手を泳がせ、見えない視界でチャンミンを探す。チャンミンは俺から逃げてるんじゃないかと思うくらい気配はあるのに捕まらない。「チャンミンっ。」「どうしたんですか?」声はするのに、姿を見る事はできない。姿を見る事ができない上に、触れる事もできない。チャンミンを沢山感じたいのに、感じれない。ただ氷の冷たさが俺を伝って行くのが俺を狂わせた。「感じるの?」チャンミンに耳元で聞かれると俺はぞくぞく...

そして僕達はオレンジ色の恋をする。愛言葉#8(最終話)

「チャンミン………もう解いてお願い。」「駄目。」そんなやり取りを何度繰り返しただろうか。激しく揺さぶられるのは酷く興奮もした。意味もなく。こんなの嫌なのに。これはSMプレイだからってわかってるつもりだけど、普通に愛されたい。そう思ってしまう。「チャンミン……っ。」「こんな事されてユノは気持ちいいんでしょ?」「………よくないよ。手……離して。目隠し取って………。」「いい……っていわなきゃ。これはSMプレイなんだから。もっとしてっ...