See more details
Title List

キュヒョン大丈夫かな…。#7

「…どうしよう…嬉しい。」「嬉しい?」「チャンミンにキュヒョンより自分の事心配してもらってるなんて嬉しい。」「当たり前です。あなたは僕の大事な人なんですから。」「…/////。」今日のチャンミンは凄く正直だと思った。いつもツンツンしててひねくれてる態度を取るのに。「ユノが痛い事は僕も痛い。ユノが踊れなくなったら僕も潰れます。ユノが幸せでないと僕も幸せじゃないんです。」「……////どうしたんだよ今日は。チャンミ...

Read More »

同じ月を見て。#18

僕達はまるで恋人みたいに眠って翌日まるで恋人みたいに朝を迎えた。「あ………おはよう。」「おはようございます……。」どことなく意識してぎこちない挨拶は昨日の行為を思い出して照れたからか…それとも気まずいのか。分からなかったけどくすぐったい様な眩しい朝だった。ユンホさんは眠たそうに目を擦っていたから僕はその手を掴んで目から離すと目元に軽くキスをした。ユンホさんは肩を窄めて方目を閉じた。そのまま抱きしめて僕は溜息...

Read More »

Recent Pics