See more details
Title List

キュヒョン大丈夫かな…。#おまけ1

「眠……。」「太陽が眩しい……。」「なんだそんなに寝不足になる程盛り上がったのか?」迎えに来たマネヒョンに聞かれてある意味盛り上がったと俺は思いながら返事はチャンミンに任せた。体がまだチャンミンを覚えてて痺れてるみたい。「もう送ればいいか?」「うん。」「あ……僕は最後にもう一度キュヒョンに会いたいんですけど。」俺は思わずチャンミンの顔を見た。「あなたも来る?」「………。」俺は確実に嫉妬してた。「行かない。...

Read More »

同じ月を見て。#21

僕は落ち着かないでいた。ユンホさんの奥さんが来る。ユンホさんの子供を連れて。電話の内容は良く分からなかったけど。何か問題があったのは確かだ。僕は部屋の中をウロウロしてしまう。奥さんに会ったらなんて挨拶すればいいんだ。なんでかとても緊張していた。ガチャン。玄関を開ける音に僕は慌てて玄関に向う。「ユンホさんっ。」僕はユノホさんを小さくたような女の子がユンホさんの足にしがみついてる姿に硬直する。ユンホさん...

Read More »

Recent Pics