See more details
Title List

【ゆのみん企画】ひと夏の夜の夢 #3

僕達は走り続けて相手を巻きながら隣接する施設のプールに迷い込む。プールサイドの向こうは海だった。多分。 真っ暗で何も見えないけれど波の音が聞こえてくる。ユノはその塀を覗くと僕を振り返って言った。 「飛べ。」 「はぁ?」ここまで来てまだ無茶をする気か? 「早く見つかるぞッ。」 誰のせいだ。 逃げてんのは。その目の前でユノはひらりと塀を越えて飛び降りた。 着地した音。もしかして意外と高いんじゃないですか?マ...

Read More »

同じ月を見て。#41

「ちょっと待ってチャンミン君!」チャンミン君は俺達と暮らしたいと言った。家族になりたいと。その気持ちは正直嬉しかった。こんな年上のバツイチコブツキと家族になりたいと言ってくれる人はそうはいない。でも。嬉しかったけど…。でも。それは、気持ちだけでよかった。チャンミン君は「養子縁組」の用紙を持っていた。「ユンホさん。僕は本気なんです。この方法だったら僕達は家族になれるし、」「チャンミン君。」「お願いし...

Read More »

Recent Pics