See more details
Title List

【ゆのみん企画】ひと夏の夜の夢 #7

「あ~~…なんで俺だった?俺が突っ込まれた?」「本当下品!!です!!黙ってくださいませんか?」ちょっとは余韻ってのに浸らせて欲しい。 僕はユノの服を調えて体を起こしてやる。 下に引いた服はかろうじて汚れることはなく、でもしわしわだった。 「だってさ。いてぇ…………。」 俯き加減のユノ。 本気で痛そう。 「痛いですか?」 「痛い……穴開いてるみたい……。」 「………。」 僕は思わず無言になる。 「なんでやっちゃったんだろ...

Read More »

同じ月を見て。#45

「ユンホさん……。」「あ……はぁ。」奥にはソユンちゃんもいたのに。止められなかった。「もう一回…いいですか。」「………だめ。」「どうして。」「ソユンがいるし………体がおかしくなりそうだよ…。」「痛かったですか?」「違うくて……。」僕はユンホさんを求めてた。まだ引かない熱。勃起したままのそれをユンホさんの腹の上に乗せた。ユンホさんが飛ばした精液で濡れた腹にひくひくとする僕の。「………チャンミン君の凄くて……。」体をくの字にしてそれをう...

Read More »

Recent Pics