See more details
Title List

1C1Y#1

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。

















「あぁ~~~~~~~~っ。」
「あぁ~~~~~~~~っ。」


二人が一緒に目を覚まして声を上げた。
チャンミンの高音ったらない。


「………。」
「………。」


二人が見詰め合って二人して照れた。
当然夢だった。
もちろん。
当たり前。


「……おはようございます。」


チャンミンが挨拶をしたから俺は「うん。」って言った。


ユノが「うん。」って言ったから僕は頭を掻いた。


全部夢。
そう思ったら自分で何を考えてたのかと思ってしまう。
あんな夢。


とてもお互いに言えないと思った。
自然とどこかぎこちなくなる。


「何?」
「チャンミンこそ。」
「あ~ってなんですか?」
「チャンミンこそ。」
「もういいです。」


不貞腐れると言うよりは本当にあ~もういいですと言う感じでチャンミンが言う。
俺は気になる。


「なんだよ。」
「なんでもないです。ちょっと夢を見ただけです。」
「俺もだよ~。」
「どんな?」
「え?」


ユノが真っ赤になった。
僕はその顔を見逃さない。


「あ~あやしぃですねぇ。いやらしい夢でも見ましたかっ。」
「な………っ。そんな事言うお前がいやらしい夢見たんじゃないのかっ。」
「な………っ。何言ってますかっ。」
「動揺したなっ。」
「あなたこそっ!!」
「はぁ?!」
「おぉ?!」


ユノはいくら隠したって無意味な気がしてくる。


「……なんであんな夢みちゃったんだろう。」
「だからどんな?」
「……どんなって。言えないけど。」
「やっぱりいやらしい夢なんでしょ。」
「うん。」
「おぉぉお。」


認めた。


「チャンミンが2人いた。」




「………は?」



チャンミンのびっくりした顔。
何をそんなに驚いてるの?



「あ~僕はユノが2人いましたね。」




「………は?」





今度はユノが驚く番だった。















つづく。
----------------
*ランキング*参加中。
ボタンが新しくなりました♡もちろんまろり〜な様作♪♪
かわいいでしょ〜♡♡是非ポチポチ応援お願い致しますm(_ _)m

















関連記事

COMMENT

チャンミンはユノが2人で、ユノはチャンミンが2人居て、それぞれエッチしてる夢を見るなんて(♡>艸<♡) ///

どこまでシンクロしてんだか(笑)
それだけ相思相愛なんだね、ユノとチャンミンは(//∇//)

続き、楽しみ過ぎる~o(^o^)o

2014/10/11 (Sat) 01:28 | ユノMAX #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/11 (Sat) 09:17 | # | | 編集 | 返信

チカ様 こうきたかぁ~♪
2つの話かこうつながっていたのね? 
面白いですd=(^o^)=b
いいわ~(^^)
ガッツリエロの後に二人とも照れていて♪
可愛い(^^)

2014/10/11 (Sat) 09:57 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/11 (Sat) 17:43 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント