See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。season12 #16

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















僕は車の中でもユノの手を離さなかった。


「チャンミン。離して。危ないよ。」
「僕を誰だと思ってますか?大丈夫です。」
「………。」


手を離したら逃げてしまいそうで。
なんでそんな事思うのか自分でも馬鹿らしかったけど。そう思えて仕方がなかった。
だから曲がるときのウインカーも片手でハンドルを捌きながら出したし、そんな事は僕にとって何でもなかった。
手が手汗で湿ってるのも気にならなかったし。
ただユノを離したくなかった。
繋がってる事でなんとなく安心出来た。


「チャンミン……離して欲しい。」
「駄目です。」


絶対許さない。


「どうして離れたいんですか。嫌ですか?僕と手を繋ぐ事が。」
「いや…………。そうじゃなくて。」
「だったらいいでしょ。」


ユノは又黙った。
だから僕は運転に集中する。
そのつもりが沈黙が流れて余計にユノが気になる。


「……ユノ?何を考えてるんですか??」
「……チャンミンこそ。」
「僕は……そうですね。この後僕の家でユノを抱いてもいいのかなとか。」


ユノは白い肌を真っ赤にして僕を見た。


「ば……っ、馬鹿かっ!」
「どうして。あなた逃げたでしょ。僕は起きてからもあなたを抱く気満々だったんですけど。」
「………どうして……そんな事………。」


僕は前を気にしながらちらりとユノを見た。
ユノはやっぱリ真っ赤な顔をしていてこっちを見ていた。


「……思えるんだ?」


ユノはアーモンド形の目をくりくりに開いてかわいらしい。
不思議そうに僕に尋ねた。


「え?どういう意味?」


僕は運転をしながらだからか頭が回らない。
ユノが何を言っているのか良く考えた。
ん?


「社長の事?」
「………あぁ。」
「……あぁ~何も覚えてないのかと思った。」
「ん……最初は。でも段々思い出した。俺がなんでチャンミンと寝てたのかも。」


なんだ。
だったら話は早いじゃないか。
僕は。
僕がユノを洗ったし。
ユノを抱いたし。
あの人が残した痕は全部僕ので塗り変えた。


だからかな?


ユノはもう僕だけの体じゃないと言ったけど、そうは思わなかった。
もう取り返したと思ってる。


「あなたは僕のものですよ。どんなことがあっても。」
「…………どうしてそんな風に思うんだ?」
「意外ですか?」


ユノはコクっと頷いたのが運転をしていてもわかった。


「僕はユノを誰かに取られたら凄く怒ると思いましたか?」


ユノはまたコクっと頷いた。


「そうですよ。正直怒りで爆発しそうだったしユノをとられるのは不本意に決まってます。」
「………。」
「でもあれは薬のせいだったし僕も薬のせいで彼女を抱きました。」
「………。」
「ユノの方が僕を許せていないんじゃないですか?」
「いや……。俺は………。」
「何も言えないと思ってますか?自分が社長に抱かれたから。」
「っていうか……俺より女の方が良かったんじゃないか?」
「はぁ?!」


僕にはその考えの方が理解できない。
第一ユノの方がいいって言ったじゃないか。
覚えてないのかこの馬鹿。


「あんた本当に馬鹿?」
「なっ!」
「言ったでしょう!覚えてないんですか!!」
「…???」


僕は運転をしながら頭を抱えたくなる。


「そこ大事なところでしょうよ!」
「?????」
「あぁ。どっちかって言うとあなたのそう言う所の方がイライラします!」
「なんだよ。」


信号が赤に代わる。
僕はブレーキを踏んで車を止めてユノを見た。


「……僕があなた意外いいと思うわけがありません。」
「…………だったら嬉しいよ。」
「だったらじゃ無くてそうなんですっ!!」


あ~イライラする!!


僕は握り締めた手に更に力を入れた。
そしたらユノもやんわりと握り返してきたら僕は内心ホッとして又車を発進させた。


















玄関にたどり着くとやっとっと言う感じで僕はユノを抱きしめる。


「ちょ…いきなり???」
「そう。」
「………ちょっ。」
「随分待ちました。」
「………。」


僕達は壁を伝ってその場に座り込む。
まだキスもしてないのに。
何、腰を抜かしてるのさ?


「思い出す。お前、前もっ玄関で俺を抱こうとして。まだ初めてだったのに。」
「初めてじゃありませんよ2回目の時です。」
「え?そうだったか?」
「であんたが嫌がってちゃんと部屋に連れて行きましたよ。玄関で抱いたことはまだありませんね?今日はここでしますか?」
「冗談だろ?」
「あはははははっ。」


僕は立ち上がってユノを引っ張りあげる。


「知ってますか?3ヶ月しないと人って処女に戻るんですって。あ。僕達の場合童貞ですね。」
「な、なんの話だよっ。」
「だから僕達の話ですよ。」


なんやかんやとそれ位たってしまったでしょ。
3ヶ月ですよ。3ヶ月。
あんた随分僕を待たせたって分かってないの?


「もうそんなに経つか?」
「経ちます。」
「………ごめん。」
「いや。僕も忙しかったから。恐らく社長の嫌がらせで。」
「そんなんじゃないよっ。社長は……っ。」
「分かってますよ。コレも自分の為になると思ってます。こんなことになって悔しいけど。あの人のお陰で。」
「チャンミン………お前………ちゃんと大人になってるのナ。」
「惚れ直しますね~。」
「馬鹿か。」


僕は寝室までユノを連れて行くとユノの鞄を肩から下ろしてそれから上着を脱がせて。


「…チャンミン。」


シャツのボタンを一個ずつはずしていく。


「………自分でする。」
「そう?」
「今日は出来る。」
「ですね。」


前の様に薬でふらふらになってるわけじゃない。
だから僕は自分の鞄を下ろして自分の上着を脱いでシャツのボタンをはずして。
そしたらユノが自分のを終わらせたのか僕のを手伝ってくれる。
だから僕はそっちを任せてユノのシャツを肩から下ろした。


「チャンミン。待って。自分でやるってば。」
「なんでですか。」
「……恥かしい……だろ。」


そう言って顔を伏せたユノ。


「何を今更。」
「うるさい。」
「照れてるの?」


僕は笑ってユノは怒った。
本当は僕だって照れてる。
心臓の音はマックスだ。
でもそんなの見せられない。
隠してるんですよ。


「チャンミン………。」
「お互い初めてと一緒だから。ゆっくりしましょう?」
「なんか初めてって言ってお前余裕じゃん。」
「そりゃ。僕はもう大人になったんですから。初めてあなたを抱いた時とは違いますよ。」
「違うって。どう違うんだよ。」
「あ~うるさい。黙って抱かれろっ。」
「な……なんだよ。」


そう言ったらユノはぶつぶついいながらも黙った。
だから僕はジーパンのベルトをはずしてボタンもはずす。
それを見てユノも自分のベルトを外した。
後はベッドに寝かして。




それから。







キスをして。







何回もキスをして。







ずっとキスをして。

















もう服を脱がすのも忘れていたんだ。



















2014-10-esperanza-h1.gif


2014-10-esperanza-h1-300.gif












--------------
最後のGIFはまろリ~な様が作ってくださったそし僕12のイメージGIFです。
一緒にお楽しみ下さい♡


*ランキング*参加中。



ボタンが新しくなりました♡もちろんまろり〜な様作♡♡是非ポチポチミンホを応援お願い致しますm(_ _)m














関連記事

COMMENT

ふう。
一安心。

2014/10/28 (Tue) 00:12 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

2人はお互いのものなんですよね‼︎

味わって〜〜〜(#^.^#)

2014/10/28 (Tue) 00:19 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

チャンミン、成長しましたね。
大人の男になりました。

二人が元の鞘に戻って良かった!

これで安心して眠れます(*^^*)

2014/10/28 (Tue) 00:27 | ゆのうさ #- | URL | 編集 | 返信

あれから3ヵ月もたっていたのね。(゜ロ゜;ノ)ノ
何はともあれよかったです。
いろいろあったけど乗り越えたね。安心して寝れる…

2014/10/28 (Tue) 00:27 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

今夜は本当に安心しましたT_T

読者の皆さん(^O^)/楽しみだね‼︎

2014/10/28 (Tue) 01:04 | ちゃーたん #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/28 (Tue) 01:12 | # | | 編集 | 返信

よかったよぉ〜

ほんと、久々の安心ですね。
やっぱこうでなくてはねぇ。(u_u)
いろいろあっても幸せそうだよ。
season12になってずっと落ち着かない気持ちで読ませてもらってて、おいおいどーするぅ⁇って毎回余裕なかったけど、今日は3ヶ月ないと…ってそこに気を持って行かれました(笑)今日の展開で心に余裕ができたなぁ…と(笑)

イチャイチャターン!!
あたしも随分待ちましたよ!!(笑)
イチャイチャというよりバーンニングラヴな感じかな?
思う存分溶け合ってください!

2014/10/28 (Tue) 08:25 | さくら #FKyR7p2c | URL | 編集 | 返信

良かった~~
おかえりなさいユノ!チャンミンの元に…
次はアマアマな二人に期待です(^^)k

2014/10/28 (Tue) 09:51 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

チャンミンーー!!

チャンミン大好きだあ!(笑)
これぞそし僕。!!

2014/10/28 (Tue) 10:55 | まろり~な #- | URL | 編集 | 返信

良かった~!
二人でいちゃいちゃ甘い時を過ごしてね~♡♡♡

2014/10/28 (Tue) 11:12 | ブミブミ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/28 (Tue) 16:58 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/28 (Tue) 20:41 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント