See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。season13 #2

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。













「あ……っあ……っ。」
「ユノ立てる?」
「う……あっ……ん。」


ユノが腰を上げて片足に重心をかけて立ち上がる。
前の鏡に手を付いて腰を突き出す様はなんともエロい。


そのユノに僕は後ろから突き刺したんだ。
角は背中をしならせてあんあん喘いだ。
その姿が全部鏡に映ってる。
ユノは知ってるのかな?


「ユノ………。」
「く……ふ……っ。」
「鏡に全部映ってますよ。」
「…………っ!」


僕が後ろから抱きしめているのも。
勃ち上がったユノを僕が扱いてるのも。
その先端からプクプクと溢れ出すそれも。


「い………やっ。」
「ううん。とっても綺麗ですよ。」
「やめろっ。」
「ユノ……好き。」
「チャ………っ。」


ユノが赤くなったのも鏡で分かった。
ユノは色が白いから直ぐ分かっちゃうよ。


「大好き。」
「なんだよ。」


僕は何もかも忘れて自分の欲望のままユノを犯してしまった。







本当馬鹿だった。












あれからちゃんとユノの頭と体を洗って風呂を出た。
軽く食事を済ませて落ち着いた頃だった。
ユノが足に痛みを訴え出したのは。


「痛いんですか?」
「……ちょっと。あれ?……おかしいなぁj
「あれ……って。」


どう考えても風呂場のアレが良くなかった。


多分麻酔が効いてたんだ。
それで痛くなかった。


「そういえば痛み止め貰ったでしょ。」
「あ。…うん。」
「それ飲みましょう。」
「我慢できない程でもないけど…。」
「我慢する必要もないでしょう。」


ユノになかば無理矢理痛み止めを飲ませた。
そしたら眠気が来たのかうとうとしだしたのでベッドに行かせて寝かした。


あぁ。あんな無理をさせなければ痛くならなかったかもしれないのに。
すみません。
僕はユノの寝顔に向かって心の中で謝る。
そしてもう治るまで禁欲しよう誓った。
大事なユノの足だ。
足が治らなければユノは踊れない。
ユノからダンスを取るなんて致命的だ。


ユノはなんとも思ってないみたいだけど本当にそうなんだろうか?
もしかしたらユノが一番堪えてる筈?
僕は馬鹿だなぁ。
ユノの辛さも痛みを知らないで…。


少しでも早く治ってもらわなくちゃ。


ね。


ユノ。


明日も仕事だからゆっくり休んで。














でも薬の効き目は余り長いものじゃなかった。
ユノは夜中に何度も目を覚まし寝返りを打つ。


「ん~…。」
「痛いの?痛み止めもう一回飲む?」
「いや……ごめん。お前まで起こしちゃうな。」
「良いんですよ。その為に来たんですから。」


僕はベッドを出ると痛み止めを取りに行く。
ペットボトルの水と薬を持ってくると。
部屋のベッドサイドの横の電気をつけると僕は何気に薬の袋を見た。
頓服痛み止め。4時間以上開ける事…
4時間?
4時間もたってるか?寝る前だからギリ4時間…か。
薬って正直。丁度切れる頃って事か。
いいよな飲ませて。


僕はユノの上半身を起こして薬を口に入れるとペットボトルを口に持って行った。
ユノはごっくんと一口で飲み込んでその後何口か水を飲んだ。
僕はその水をベッドサイドのテーブルに置く。


「直ぐ眠たくなりますよ。」
「うん。」
「ユノ……すいません。僕が無理したから。」
「違うよ。無理はしてないから。」
「そうですか?」
「うん。大丈夫。っていうか怪我した俺が悪いんだから。」
「ユノ……。大丈夫ですよ。」


僕は横になったユノの背中を擦る。
どうなんるのかな。


「大丈夫。」
「仕事…どうなるかな。」


馬鹿だ僕。
不安なのも悔しいのもきっとユノの方だって分かってるのに。


「大丈夫です。僕がいますし。」
「チャンミン。」
「二人なんだからどっちかがカバーすればいいんですよ。大丈夫です。」
「うん……。」


そうやって僕はユノの背中をさすってやってたらユノは気持ち良さそうに目を閉じて眠りに付いた。


ユノはやっぱり丁度4時間朝方目を覚まして痛みを訴える。
でも今度は朝一番に医者に行くまで我慢するといって薬を飲まなかった。


僕はずっとユノを抱きしめて時間が過ぎるのを待った。


体を擦ってやると痛みが紛れると言って「ありがとう」と言った。
こんな事でいいなら幾らでもしてあげるって思った。
だから治って。




早く。





治してあげて。神様。






ねぇ。









お願いします。















*ランキング*参加中。
ランキングは一つに致しました。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 00:13 | # | | 編集 | 返信

うんうん

ツラいよね、怪我も看病も。でも何事も経験だから、ユノもチャンミンも乗り越えて行くんだよね!
ふふ、そし僕の再開嬉しいです!
チャンミンの保護者振りに萌えます。
ユノに甘々になるのかな?
続きを楽しみに、いつでも待ってます。

2015/01/28 (Wed) 00:16 | スカイ #- | URL | 編集 | 返信

ユノの足が痛いのはミンのえちが激しかったせいじゃないよ…きっと…(ToT)
どうか神様、早くユノのあんよをなおしてあげてね。

2015/01/28 (Wed) 00:19 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 00:31 | # | | 編集 | 返信

うあー、えろえろしいのに切ない・・・

これぞそし僕や・・・( TДT)

2015/01/28 (Wed) 00:48 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 00:57 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 01:25 | # | | 編集 | 返信

切ないなっしー

でも、好きです
そし僕だもんーー\(^o^)/

2015/01/28 (Wed) 05:50 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 08:43 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 08:52 | # | | 編集 | 返信

痛いの飛んでけ〜

「大好き」にキュン♡ときました。
そしてチャミが自分のこと以上に心配してお世話する姿が泣けてくるぅ。
チカさん、さすがですぅ。

2015/01/28 (Wed) 11:23 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

なんだか切ない…からの…

どんな状況でも、どこでも2人は愛し合っちゃうのよね。やっぱそし僕ですね♡でも、なんだかちょっと切ないなぁ…この切なさからのより深い愛にかわるぅ〜♫
やっぱり大好き‼︎そし僕‼︎

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/28 (Wed) 21:43 | # | | 編集 | 返信

受け入れたくない現実と

また向き合うことになっちゃった・・・

禁欲が解ける日まで辛くても見守るから。
チャンミンよろしくお願いします

神様は赤ずきんちゃんを食べないからね

乗り越えて!!

2015/01/28 (Wed) 23:41 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

神様、早く治して…。
ってすっごく切なくなりました。

たぶん、リアルチャンミンもそんな風にユノを心配してたんだろうなと甲斐甲斐しくお世話してた姿を思い出しました。
でもテキパキ世話するチャンミンからは彼氏オーラというかヒョンの世話はオレがする!オーラ出てましたよね(笑)

2015/01/30 (Fri) 00:12 | さくら #FKyR7p2c | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント