See more details
Title List

バニラ#20

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














「無理矢理何されたっ!」
「チャンミンっ!やめてっ!!」
「なんですぐ僕を呼ばなかったのっ!!」
「そんなっ事……っしてる余裕ないっ!」


僕は嫌がるユノの服を無理矢理脱がせる。


「やめて。」


そう言って抵抗するユノは確実に艶っぽかった。
そんな風に抵抗したって逆効果だ。


「そんなふうに抵抗したのっ。」
「しらない……っ!!」
「シャワーを浴びてっ!」
「浴びた。昨日も今朝も。」
「僕が綺麗にしますっ!!」


ユノは抵抗をしながら顔を赤らめて折角脱がせた服を手繰り寄せた。
そして僕を見た。


思わず声を失う。


色っぽい。


「こんな事。お前にさせる筋合いはないっ。」
「何……っ!」
「チャンミンは俺のなんなのっ!タダのメール相手だろっ。付き合う振りしてるだけだろっ!!」


バンっ!!!


って僕は脱衣所の壁を叩いた。


ゆのがびっくりする。


むしゃくしゃした。
じゃあどうすればよかった?!


付き合う振りをしてあんたを守るつもりが叶わなかった。


「じゃあ。付き合え。」
「チャンミンっ。」
「僕と付き合って。そのかわり金輪際こんな事許さない。」
「いやだっ。」


それでも嫌がるユノを僕は無理矢理服を剥いでシャワールームに突っ込んだ。
ユノの裸は白くて艶のある肌だった。


その肌に所々付いた赤い痣がむかつく。


「何をされたのっ。」
「知らない。」
「ユノっ!!」


抵抗するユノは一体なんのつもりなのか。
僕を好きだと言ったんじゃないのかっ。


「ここに痕が付いてる。舐められてキスされた?」
「っ!!」


僕はシャワーをぶっ掛ける。


「うわっ。冷たいっ!」
「すぐ熱くなりますよ。」


同じところに唇を這わせて噛み付いてやった。


「チャンミンっ!!」
「キスもされたの?それから?どこを触られたの?!」
「キスはされてないっ。」
「嘘。」
「本当だって。」
「じゃあ何されたのっ。」
「……無理矢理……。」


ユノが僕を見て半泣き状態で言う。
無理矢理?
されたんだ。
何を?
どうしても気になる。


「何?」
「無理矢理触られて……イかされて……。」


あぁ。
本当にどうしてその場に僕はいなかったんだろう。


「後ろも……触られたけど……気持ち悪くてっ。」


僕はユノが言う通り触れられた場所をシャワーをかけ両手に石鹸を塗りつけると洗っていった。


「チャンミンっ。」
「ここと。ここと。ここも。ここも。」


上半身を洗っていく。


「チャンミンっ。」
「それからここ?」


ユノの竿をきれいにムキながら洗っていく。


「……っ…チャンミンっ。」
「こっちまで触られて?それでどうしたの?」
「あ………っ。」


後ろの穴まで手を伸ばす。


「チャンミンっ。」
「どうしたのっ?」
「…に……げた……やめてっ。」
「触られただけ?」


ユノはコクコクと力強く頷いた。
僕の手が石鹸で滑らかになったユノの体を這って回る。
綺麗にしたかった。


「チャンミン……や……っ。」
「なんで?」


ユノの竿は僕に触られて硬くなっていた。


「誰にでもこうなるの?」
「ち……違うっ……!」
「なってるじゃないですか……。」


僕は集中してユノの竿を忙しなく扱く。


「………っ……チャ………っ。」
「僕にも勃ってますよ?ほら。もうイきそう……。」


ユノの先端からは我慢汁がプクプクと溢れ出る。


「あ………く……ぅ。」
「しっかり抵抗して。そんなんだから誰にでも良い様にされちゃうんですよっ。」
「も……いくから……離してっ。」
「駄目です。僕でイって。」
「いや……っ。どうせ振りなんだろっ。」
「僕と付き合えって言ったでしょ?」
「だって……チャンミンっムキになってるだけだ……。」
「ほら。もうイく。」
「チャンミ………んっ……アッ!」


とうとう自分を放ったユノ
僕はユノを抱きしめた。
そしてシャワーで泡を流してやる。


「当たり前でしょう…ムキにもなりますっ。」
「本気じゃないよ。」
「本気です。」


あぁ。何やってんだ僕。
でも確かに僕の手でイったユノ。
シャワーをかけるだけでビクビクする体が愛しいと思った。


「あなたを誰かに取られるくらいなら僕の物にします。」
「チャンミン……。」
「あなたが切りたいって言ってたからまさかこんな事になるなんて。あなたがそんな危なっかしいなら僕は最初から振りなんて呑気にしていなかった。」
「最初から?」
「そうですよ。最初から好きだって言ったでしょ!!」
「言ったっけ?」


呑気すぎる………。


「言いましたけど……?」
「なんだよ……。もう訳わかんない。」


ユノは気だるそうに僕に体を預けて呟いた。
それはコッチの台詞だ。
訳が分からない。


「結局好きだってことですよ。」


一瞬僕を見上げそのユノの顔がぱぁっと赤くなる。
体が白いから余計目立つ。


「俺もだよ。俺もチャンミンが好きだ。メールでやり取りしてた時からこいつだって思ってた。」
「それは嬉しいですね。」
「こんなに合う奴いないって思ったんだ。」
「そうですか。僕もですよ。でもそれが男性だったんでちょっと戸惑ってるだけです。」
「うん………そうだよな。チャンミンはそうだよな……。」


裸の男を抱きしめて何が嬉しいのかと思う自分と
どうしようもなく興奮してる自分がいる。


「でも誰にも渡したくないんです。」
「チャンミン……。」
「二度と許さないで。」
「うん……。」


「二度とですよ。誰にも。」
「わかった。」


「絶対駄目です。」
「チャンミンって独占欲強いのな。」
「強いです。超強いですから。覚悟してください。」
「もう……振りじゃないの?」
「…はい。本当は最初から振りじゃありませんでした。」


「チャンミン……。」


「好きですよ。ユノ。」


「チャンミンっ。」


僕達はぎゅっとぎゅっと抱き合った。














*ランキング*参加中。
ランキングは一つに致しました。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 00:17 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 00:21 | # | | 編集 | 返信

はぁ…🎵

あまあま…来たぁぁぁぁぁ!

他の男の垢なんて要らないから。
早くユノをチャミで綺麗にしてぇ😆

2015/02/26 (Thu) 00:25 | おりつ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 00:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 00:38 | # | | 編集 | 返信

はぁぁぁぁぁ、ホッとしたーーー(*´ω`*)

ユノをいいようにした輩、うらやまwww

いやいやいや、けしからんね!!

ていうか、ほんと最強様にボッコボコにされるからね!!

二人が行き着くとこに行き着いて良かった~(*´∀`)

2015/02/26 (Thu) 00:44 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 00:53 | # | | 編集 | 返信

なんだコノ可愛さ?!

もう振りじゃ無いよ…って、何度でも確かめさせてあげて(≧∇≦)!!

2015/02/26 (Thu) 01:25 | ジェイソン #- | URL | 編集 | 返信

ユノの貞操が守られてヨカッター(ってよくないか。)
あとはミンにお清め&上書きしてもらいなさいって( 〃▽〃)

2015/02/26 (Thu) 02:01 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 02:22 | # | | 編集 | 返信

ウンウン(^-^)
こうでなくちゃね❗
「最初から振りじゃなかった」キャー(≧▽≦)💓
ご馳走さま💖幸せな気分になりました🌸

2015/02/26 (Thu) 04:38 | ぬま #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 07:20 | # | | 編集 | 返信

うふふ。余裕が無いね
独占欲の塊チャンミン 萌えるなあ~

辛かったけどユノ
よかったよお~~~

。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜

2015/02/26 (Thu) 10:22 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

色っぽい

い…色っぽいユノ~~~(///∇///)

衣服を手繰り寄せた色っぽいユノをつい妄想して、
子どもの習い事のお迎え中、
車の中で「ぐわぁっ!」て、悶絶しそうになりました(笑)

2015/02/26 (Thu) 18:50 | よし #FpiGBGNY | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/02/26 (Thu) 22:39 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント