See more details
Title List

バニラ#50

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。










「チャンミンっ。」
「さぁ。挿れて。」
「ん....いや。」


ユノは嫌と言いながら僕の竿を支えて自分の腰をいい場所に持っていく。
その伏せた顔がイヤらしいから困る。
そしてユノはグイッと腰を降ろした。


「……ぁ。」
「オーナーまだ先っぽだけですよ。奥まで……。」


それでも僕も言葉がつまる。


「ん………ぁ。」
「………ふ。」
「チャンミンっ。」
「早くっ。オーナー?」
「ここもいいいだろ?」


ユノはそう言って僕の先端部分を締め付ける。


やっぱり慣れてる。


「上が嫌なんて嘘でしょう。」
「嫌だよ。」
「その割には....上手いですね。」


言い方が冷たくなる。


「さっきから何怒ってる?」
「もっと動いて。」


僕はユノの腰に手を添えて奥深くに誘導する。


「あ………ぁ。いや。」
「ほら奥まで挿りましたよ?オーナー。」
「チャンミンっ。」
「動いて。」
「あ………。む…りっ。」
「ほら。」


僕は腰を突き上げる。


「動いて。」
「いや。無理………っ。」


もう一度。


「あんっ。」


もう一度。


「あんっ。」
「感じてないで動いて下さい。」


僕がもう一度腰を突き上げるとユノはその動きに合わせて腰を上下し出した。


「これ……で、いいか?」
「くっ…………いいですよ。」


ユノはそう言ってやると一層頑張って動いた。
そして自分で喘いだ。


「あ………ぁ。いや。」
「オーナー声抑えて下さい。」
「無理……っ。ぁ。」
「人が来ますよ。」


ユノはリズムに乗り出したのか上手く上下する。
僕は気持ち良くて正気を失いそうになるのを必死で堪えた。
ユノそのものが気持ちいいんだ。
そこの形っていうか、感触っていうか、締まり具合も何もかも。
これは相性がいいって言うのかな。


僕は余計な事を考えることで感じすぎるのを押えていた。


「チャンミンっ、何考えてるんだよっ。」
「別に。」
「お前……本当何……?」
「別に。いいからもっとです。オーナー。」
「くそっ。」


ユノは逆に僕をイかそうと必死になってるようだった。


「どうだよっ。」
「いいですねぇ~…。」
「早くイけ。クソ。」
「まだまだです。」


ユノは仰け反って自分が気持ちよくなってる。
少し乱れたスーツがいやらしい。


「あ……もぉ……。」
「オーナーもう駄目ですか?」
「チャンミン~イけない……っ。」
「イけないの?」
「あ……ん……助けて~。」


ユノは僕の首にまとわり付いて耳にかぶり付いてくる
イきたくても自分の動きではイけないらしい。
ただがむしゃらに動いているからだ。
僕はユノの気持ちいい所を知っている。


僕はそこに集中して動いてやる。


「あ……んっ!」
「ここいいでしょ?覚えといて下さいあなたのいいところですよ。」
「覚えといたって意味ない。チャンミンが知っとけばいいだろ?」
「そりゃそうですね。でも一人でする時もあるでしょ?」
「ないよっ!ない…っ。」


僕は何度もユノを突き上げる。


「あ……ぁ……あ……ぁ。」


突き上げる振動でユノが動く。
その衝撃で奥まで突き刺さるのか「やばい」と何度も言った。


「やばい…やばい……やば……いっ。奥にさ…さる……っ。」


ユノのいい所は僕にとってもいい。
なぜなら感じてユノが締め付けるから僕はたまらなく気持ちがいい。


「あぁ……あ……。」


上がる声に僕はキスで口を塞いだ。


「ん……っ。」


そして更に容赦なく突き上げたんだ。














---------------

昨日はキリ番ゲットして頂きましたyumi様ありがとうございました!!!
画像も撮って頂き間違いなく。ゲットですww
ありがとうございます。

狙ってくださった皆様ありがとうございました。
又次回も宜しくお願い致しますm(_ _)m

yumiさんにはお話のリクエストがないかとお伺いしたのと。
過去に作った本を送らせて頂こうと思っています♪
ってそんなことしかできないんですけど(汗)
すみませんyumiさん。

そして皆様には沢山の拍手を頂きました。本当にありがとうございますm(_ _)m
俄然やる気になるので(笑)又拍手してやってくださいm(_ _)m
ありがとうございました!!!

ランキング↓ポチも宜しくお願い致しますm(_ _)m
2位から落ちちゃいそうです(泣)


*ランキング*参加中。
ランキングは一つに致しました。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/28 (Sat) 00:13 | # | | 編集 | 返信

大丈夫デスカ?

あのっ余計なことかもしれないんですけど、酷使しすぎてミンポとユンポがどうかなっちゃうんじゃないかと心配です┐('~`;)┌

2015/03/28 (Sat) 01:21 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/28 (Sat) 01:22 | # | | 編集 | 返信

二人の会話がねーーー
もめたり、甘えたり、ディスったり
そんでもって、すっかり本気モード
いいんですよ~~~

仕事に余力を残してね (*´▽`)ノ 

2015/03/28 (Sat) 11:06 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/28 (Sat) 23:13 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント