See more details
Title List

やさしいキヲク。#9

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














僕はユノの手を離さなかった。


リビングでスマホを持ってソファーに腰掛ける。
ユノもその横に座って僕を見ていた。


「ユノの事、報告しないといけないので待ってて下さいね。」
「誰に?」
「僕とユノのお世話をしてくれてる人です。マネージャー。」
「マネージャー。」


ユノは首を傾げて繰り返して「なんだか芸能人みたいだな。」と笑った。
その芸能人ですよ。
あなたが。僕とあなたが。
あなたは本当に忘れてしまったんですね……。


まだ信じられなかった。


僕はマネヒョンに電話する。


「マネヒョン?実は…ユノが。」
『どうした?』
「ユノが…又記憶を失くして。」
『えぇ?何をだ?』
「東方神起であることを忘れました。」
『え………。』


マネヒョンは信じられないみたいだった。
そりゃ目の前にしてる僕でさえ信じられないんだから…仕方ない。
でも間違いないんですよ。
ユノは全部忘れてしまったんです。
東方神起という存在を。
あんなに大事に大事にしていたのに。


マネヒョンにはユノの状態やら詳しく話した。


『わかった………とにかく…自宅待機しててくれ。』


マネヒョンはそういうと電話を切った。


僕達は一体どうなるんだろう。
電話を切っても動けないでいた僕を隣にいたユノはぴったりとくっ付いて様子をただ伺ってた。


「チャンミン………?」
「あ、すみません。終わりましたよ。」
「うん……。俺もしかして重大な事忘れたのかな…。」
「大丈夫ですよ。大丈夫。」
「大丈夫って顔じゃないぞチャンミン。」


ユノに言われてしまう。
今回は僕の方が余裕がなかった。
そんな僕を見てユノは不安になったのか、僕の横で真剣な顔をして言った。


「俺……どこまで忘れていくんだろう。」
「ユノ……。」


それは僕が聞きたい。
もしかしたら次は僕の事かも知れない。


「全部忘れちゃうのかな……。」
「ユノ…僕の事は忘れないで下さいよ。こんなに毎日一緒にいるのに忘れるんですか?」
「忘れたくないけど………。」
「忘れないで下さい。」
「チャンミン………ごめんな。」
「なんで謝るんですか。謝るって事は忘れるみたいじゃないですか。」
「だって…………。」


だってなんだ。
僕は許さない。
許さないんだから。


思わずユノを抱きしめた。


「チャンミン……。」
「忘れないでっ。」


更にきつく抱きしめる。


「チャンミンっ痛いよ。」
「忘れないようにですよ。」
「うん。」
「はい。」


僕は力一杯ユノを抱きしめる。


どうして忘れたんですか?


僕の頭にはそれしかなかった。


ユノは痛かったのか小さく唸った。
それでも僕は離さなかった。
ユノは動くだけの腕で僕の背中に腕を回した。


ユノ。


僕はこの時どうしたかったんだろう。
ただユノに忘れさせないくらいの何かを残したかった。


「おまじないを覚えてますか?」


ユノは少し照れた顔をして「覚えてるよ。」と言った。


「じゃあ僕の事忘れない様にしましょうか?」
「するの?」
「嫌ですか?」


ユノの嫌なことをしようとは思わない。


「嫌じゃないよ。」


ユノがそう言ったから。


僕は抱きしめていた腕の力を抜いてユノの顔を見た。
ユノは力から解放されてほっとした顔で僕を見た。










そして僕はユノにキスをしたんだ。














*ランキング*参加中。
ランキングは一つに致しました。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

ユノ~。(T_T)
ミンだけは忘れないで…(;つД`)
どうかお願い…。

2015/04/09 (Thu) 00:15 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:24 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:24 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:26 | # | | 編集 | 返信

謝らないでよ ユノ
忘れていないんだから

おまじない 効いてください

2015/04/09 (Thu) 00:27 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:30 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:32 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 00:36 | # | | 編集 | 返信

ユノ~( ノД`)…
チャンミンだけは…どうか…(祈り)

チカ様 ブログランキングボタンを見れば見るほどこのお話のイメージにぴったりですネ♪
ステキ~(^^)

2015/04/09 (Thu) 01:00 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 07:31 | # | | 編集 | 返信

うぇーん

チカ*さ〜ん。。。

昨夜早く寝ちゃって、やっといま(10時前)読めたんだけど、昨夜読まなくてよかったよ(つω・。`)
もし読んでたら泣いて泣いて寝られなくなってたかも(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)
切ないよぅ。゜(´⊃ω⊂`)゜。
キスで記憶を留めておけるならいくらでもするよー、私が←違

2015/04/09 (Thu) 10:03 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント