See more details
Title List

やさしいキヲク。#15

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。













ユノの記憶からとうとう僕が消えた。


全て消えたんだ。


ユノは僕を誰だ?って言った。


誰だ?って……。








マネヒョンは僕一人で東方神起をすると言った。
当面ユノは病気だということにすると。
そしてまだ家族の記憶があるからユノを実家に帰すと。


「待ってくださいっ!僕がっ。」
「どうやって?」
「どうやってでも!!」
「無理だ。お前が仕事の間。ユノは一人になるんだぞ。」
「.....………。」
「それにユノはお前の事知らないんだ。ユノは実家に帰そう。」


僕は何も言えなかった。
僕では何もできない……。


ユノの為に何も出来なくなった。









僕はユノが帰る準備をしているのを眺めていた。


「あの……。」


そんな僕を振り返ってユノが聞く。


「あの……君は……。」
「あ、僕はチャンミンっって言います。シム・チャンミンです。」
「チャンミン………。」


ユノはまるで初めて口にしたように僕の名前を読んだ。
哀しすぎる……。


「俺達一緒に住んでたんだよね…って事は結構仲が良かったのかな…?」
「……そうでもないですよ。」


僕は強がって言ってやった。


「そうなんだ?」


ユノは不思議そうな顔をした。


「忘れちゃってごめんな。」
「………。」
「俺本当に何でここにいるんだろう。」
「………。」
「わからないんだよ……。」


ユノが言葉を発すれば発する程僕は哀しくなる一方だった。


「早く荷物纏めた方がいいですよ。ご両親が迎えに来ます。」
「あ、あぁ。」


ユノは慌てて鞄に服を放り込む。


「こっちにもありますし、この辺のものも必要じゃないですか?後は後ほど送ってもいいですよ。」
「良く知ってるな。」
「そりゃ……。いや。そうでも…。」


あなたが覚えてないんじゃ意味がない。
この家の事もなにもかもわすれてしまったなんて。
ユノは淡々と荷物を片付ける。
僕はもう見ていられなくてユノの部屋を出た。


「チャンミン?いっちゃうの?」


ユノはそう言って僕を引き止めようとしたけれど僕はもう耐えられそうになかった。
僕を忘れてしまたユノの傍にいるのは僕にとってあまりにも残酷な事だった。


僕はリビングで一人ソファーに凭れて呆然としていた。
ユノと暮らしたこの家からユノはいなくなる。
ここでの記憶は僕にしかなくなってしまったんだ。


どうしてこんな事に?



どうして。











そしてユノのご両親が来てユノは荷物を持って玄関に向かう。
ユノのご両親が僕を見て頭を下げた。
僕も頭を下げる。


「チャンミン君ありがとう。」
「いえ……僕には何も出来なくて…こんな事になって申し訳ありませんでした。」
「何を言ってるんだい。君が最初にユノの異変に気が付いて病院にも連れて行ってくれたそうじゃないか。感謝しているよ。」
「でも……。」


ユノは何もかも忘れてしまった。


「こっちの方こそすまない…迷惑をかけるね。」
「いえ。」
「忙しくなるとは思うけどユノの記憶回復の為にもこっちにも遊びに来てやってくれよ。」
「はい。もちろん。」


ユノは何か言いたそうだったけど僕達のやり取りをただ黙って聞いていた。





そしてユノは帰っていったんだ。










なんだかな。












------------僕は一人で泣いた。













*ランキング*参加中。
ランキングは一つに致しました。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

私も泣いてます…

2015/04/15 (Wed) 00:23 | le #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

なぜに…

二人の思いでがたくさん残っている部屋に一人おいてかれたミン。
辛すぎる…。・゜゜(ノД`)

2015/04/15 (Wed) 00:24 | ずんだ #- | URL | 編集 | 返信

おウッ、おウッ、、( i _ i )

こんばんはーーーー! ぢ~が~*ざ~ん。・°°・(>_<)・°°・。だから〜バナーのサジンが〜イメージにぴったりで、毎回最後にトドメを刺すノデスー!!(泣)

2015/04/15 (Wed) 00:45 | ジェイソン #- | URL | 編集 | 返信

あぁ~

お話って分かってても切ないです。

こういうのはちょっと・・・

でも、最後まで二人を見守ります。

2015/04/15 (Wed) 01:49 | yun #wM6cz.HM | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 02:35 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 03:05 | # | | 編集 | 返信

チャンミン号泣でしょうね??
ツライよ!好きな人に忘れられて
でも病気だから…
悲しいですね…
チカ様!どうなっちゃうの?
毎日更新ありがとうございます

2015/04/15 (Wed) 04:48 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

おはようございます

チカ*さん、続きが気になって気になって
仕方ないですーーー!!
ユノ、チャンミン、
どうなっていくのかな…(´・_・`)

2015/04/15 (Wed) 05:40 | maichi #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 06:28 | # | | 編集 | 返信

どこまで……(泣)

チカさん…お願いします…幸せにしてやってくださいm(__)m

2015/04/15 (Wed) 06:44 | ぬま #- | URL | 編集 | 返信

チャンミンが忘れない限り
ユノの今までも消えないですよね

シム、ファイティン!!

2015/04/15 (Wed) 07:33 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

はなればなれになっちゃうのね
ひとりぼっちで東方神起を守るのね
二人にもどれる希望をもてないままで

ちゃんみん・・・

2015/04/15 (Wed) 07:43 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 07:58 | # | | 編集 | 返信

ふたり一緒にいる事、いられる事の幸せ。。。
自分の事も記憶からなくなってしまうなんて、チャンミン辛いよね。。。
早く記憶をもどしてあげて~

2015/04/15 (Wed) 13:03 | kyabetu #q7XswXQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 18:25 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 21:25 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/15 (Wed) 22:34 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント