See more details
Title List

やさしいキヲク。#68

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














朝から暗い話になったせいか今朝の食卓は静かだった。


何よりユノが暗い顔をしてる。
僕はそれがたまらなかった。


「ユノ……。」


ユノはおかずを口に運んでそしてゆっくりこっちを見た。
もぐもぐと噛み締める口元。
喋れないせいか目を大きく開いて答えた。
これで食べながら喋っていたら僕は怒っていただろうな。
でも先日それでユノに起こったばかりだからそれはしない。
ユノは食べ終わってから口を開いた。


「何?チャンミン。」
「いや……顔が暗いと思って。」
「……そうかな。」
「まだ仕事の事気にしてますか?」
「……してないって言ったらウソになる。」


ユノは下を向いた。


「チャンミン……。」


ユノはポチポチと食事をつまみながら食べては喋りを止め、食べては喋りを止め、喋る。


「チャンミンはさ~……。」
「はい?」
「…………うん。あのさ………。」


僕は完全に箸が止まってた。
正直ユノの喋り方がじれったいと思ってた。


「チャンミンってさ…………もしかして。」
「?」
「………俺にさ。」
「ユノに?」
「うん…………。俺に実は…………。」
「何?」


ユノはやっと箸を止めた。


「チャンミン、実は俺に思い出して欲しくないとか?仕事の事。」


僕は思わず動きが止まる。
考えもしなかった。


ユノの方が東方神起が嫌で記憶を失くしていると思っていたから、そりゃそうだろう。


僕が思い出したくないじゃなくて。
ユノが思い出したくないんだと思ってた。


僕が黙ってるとユノは「やっぱりそう?」と不安そうに尋ねた。


「いや……っていうか………。」
「うん?」


僕の賢い頭が全く回ってなかった。


えーっと。


「ユノは…忘れているから。」
「何を?」
「東方神起を…。」
「うん。」
「だから……本当は思い出したくないのはユノの方だと思います。」
「俺が?」
「はい……あ。多分…ですけど。」
「じゃあ違うかも。」
「そう…ですか…?」


そうか…。
じゃあ。
僕?


ユノの言う通り僕の方が思い出して欲しくなくて?
なんだ?
じゃあ思い出させない様にしてるってのか?
僕が?


なんで?


なん為に?


思い出して欲しくないんだ?


だってそんなのユノじゃないって僕は思ってる。
ユノが東方神起を潰してもいいなんて思ってる訳ないって。
ユノには思い出して欲しいって思ってる。


「チャンミンはなんでも教えてくれるけどその東方神起ってやつについてだけは何も教えてくれないじゃん。」
「それは……あなたが……。」
「俺が?」
「思い出したくないかと思って…。」
「なんで?」
「…なんで………なんとなく。」


あはーはーはーとユノはユノの笑い方をした。


「チャンミンは俺が東方神起を思い出さなくてもいいって言った時、そんなの俺じゃないって言った。」
「そうですね……だから嫌ならゆっくり自然に思い出せばいいと思ってます。」
「それはわかるけど……遠ざけられたら思い出す事も出来ないと思う。」
「……それはそうですね…。え?僕遠ざけてる?」
「そうなんだと思った。だから思い出して欲しくないのかと思ったんだ。」


ユノは言うだけ言うと、食事を再開した。
僕はまだそんな気持ちになれない。


だって。だとしたら衝撃的な事実だ。








東方神起を終わらそうとしてるのは。















僕のほうだ。


















-----------
昼間も言いましたが。
お久し振りです!

なんか自分でもぐちゃぐちゃになってて・・・
変な展開になっててすみません。
早くイチャイチャになるようにします~(笑)

うん。
やっぱいちゃいちゃ最高(笑)


*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/18 (Tue) 00:11 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/18 (Tue) 00:45 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/18 (Tue) 01:04 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/18 (Tue) 07:51 | # | | 編集 | 返信

チャミに怒られないようにお行儀よゐ子ンホなのが可愛い

でも 言ってることは ふか~~~いですよね
頭の良いチャミが衝撃受けてるし!

私もいちゃいちゃまでお茶碗とお箸ならべてお行儀よくしずか~~に待ってます。
おあずけって言われてもへーきです
ゆのになりかわり、いちご牛乳のんでまってますよ

2015/08/18 (Tue) 09:42 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

やっほ!

チカ*しゃん♡

おっかえり〜!
お話、ちゃんと動いてるぜぃ(((o(*゚▽゚*)o)))
チカ*しゃんワールド、大好きだよ(*´3`*)

前記事のコメ、ここに書いちゃって悪いけど、文句言う人って「有り難み」がわかってないんだよ。
お話読ませてもらってるのに、「読んでやってる」気でいるんだと思う。
その人がもしトンペンさんだったら、ユノさんチャンミンさんにも「応援してやってる」気をどこかに持ってると思う。

実は私も、ちょっとだけお話書いてるの(o´艸`)
書いてみてわかったけど、毎日更新ってすごいことだよ!
先ず書き始める前に、設定・キャラクター・ストーリーなんかを考えて、書く時は言葉選びや表現の仕方も考えなきゃならない。
頭の中でストーリーが展開してる時はいいけど、止まったら次が出てこなくなっちゃう。
毎日お話だけ書いてるわけじゃないから、どんなに書きたくても書けない時もあるよね。
自分だけじゃない、家族や周りの人の都合にも左右されるし。

私はね、チカ*しゃんワールドが大好きだから、もちろん毎朝(夜中にチェックすることもある)更新してくれてるかな?ってドキドキしながら見てる。
だからって、更新がなくてもがっかりなんかしないよ(ちょっと寂しかったり、ちょっと心配になったりはするけど)。
その分、新しい記事が上がってたらすんごくうれしい!!!

世の中にはいろんな人がいる!
ただそれだけのことだよ!


ところでさあ、もう気づいてると思うけど#67ふたつあるよ(。-_-。(-  )))ゴニョゴニョ

2015/08/18 (Tue) 09:45 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/18 (Tue) 22:02 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント