See more details
Title List

やさしいキヲク。#80

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














「ユノ……っ。」








僕は折れそうな程ユノを抱き締めた。









「チャ…ンミ……ンっ。」
「ユノ……。」
「あのさ……。」
「おかえりなさい。」









僕はユノが話そうとしたのをさえぎって、抱き締めてたのを離さずそれどころか一層強く抱き締めてそう言った。










「うん。だたいま。」












ユノも僕の背中に腕を回してしがみ付いてそう言ったんだ。






















「チャンミン……泣いてるのかよ。」
「泣いてませんけど。」
「嘘ばっか…。」


はは……。って笑って。
ずず……。って鼻をすすったユノ。


「泣いてるのはあなたじゃないですか。」
「俺は泣いてるよ。」
「あははははは。」
「笑うのかよ。」


そう言ってもう一度ずず……。って鼻をすすった。
もういいよ。みたいに拗ねて。
そのくせしっかり抱き付いて。
あんまり可愛くて。
笑が零れるんだ。


「もう笑うな。」
「すみません。ふふ。僕も泣いてます。」
「笑ってるじゃん。」


まだ拗ねてる。


「泣いてますって。」
「もういい。」


ユノは顔を僕の肩でスリスリとして涙を拭いてるのか?でもやっぱり拗ねてる。
僕はひよひよのユノの髪が僕の頬に擦れて余計笑みが零れてしまう。


嬉しいのに。
幸せなのに。
本当に僕らしくもなく泣いてるのに。


ユノが僕を思い出してくれたんだなぁって思ったらそりゃ泣ける。


「ユノ覚えてますか?二人で立った初めての舞台。」
「覚えてる。チャンミンがかっこよくてびっくりした。」
「初めて賞を取って。」
「うん。興奮して朝まで眠れなくて二人で喋って過ごしたよな。」
「ユノ……。」


嬉しい。
2人しか知らない2人の時間をユノはちゃんと覚えてる。


「チャンミンが俺の異変に気が付いて病院付き添ってくれたの嬉しかった。お陰で不安じゃなかった。」
「そうだったんですか?」
「どんどん忘れていく中でもチャンミンがいつも傍にいてくれて大丈夫だって思えた。」
「そうですか…。」
「おまじないのキスが俺を救ってくれた。」
「ユノ……エッチですね。」
「なんだよっ。エッチなのはそっち……っ。」


顔を見なくてもユノが照れてるのがわかる。


「はい。エッチでしたね。」
「……///」
「好きなんです。仕方ありません。」
「……///バカじゃないか?///」
「んー。残念ですが僕はバカではありませんね。」


ユノは僕の胸をグーで叩いた。
痛くはありませんけどね。


「もー。素直にありがとうくらい言わせろ。」
「あ……いいえ……。」
「うん。……チャンミン?」
「はい?」


ユノは僕の肩に横にして頭を乗せて甘えてるみたいだった。


「……俺も好きだから。








 忘れてごめん。」


あぁ。駄目だユノの告白に又泣けてきた。
僕は泣いているのがバレない様にしっかりとユノを肩に抱き締めた。


「チャンミン………泣いてる。」
「うるさいです。」


バレない様にしてるのに。




なんでバレたかな。





もう。








いいか。













とにかくとにかく僕はユノをいつまでも抱き締めてたんだ。




















------------

ぐふっ。

昨日はコメントの数がいつもより多くて嬉しかったです。
皆さんがユノの記憶が戻ったこと喜んでくれて良かった。
上手く書けなくて苦しい所だったので…
お声を聞かせて下さってありがとうございました!

今日はまたくだらないやり取りになってしまいましたが…
結構好きです。こういうの。

皆さん早く進めとご所望でしょうが(笑)

すみません。
決して焦らしプレイじゃありませんよ(笑)

私Mなのでww

今日も読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

おう!

チカ*しゃん♡

このやりとり好きだじぇ♡

や〜ん、もっと焦らしてぇ〜
私もドMなのぅ(〃艸〃)←殴ってやってください
でもイチャコラになったら飛び上がって喜ぶくせに(´q`*)

2015/08/30 (Sun) 00:22 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 00:26 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 00:31 | # | | 編集 | 返信

おかえりなさい。ユノ。

ちかさん、こんばんわ。
お話とっても好きです。
二人が、愛おしい〜。
ユノ。
チャンミンのもとへ、かえってきたね。

2015/08/30 (Sun) 01:11 | 桜 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 01:12 | # | | 編集 | 返信

シムー( T_T)
良かったねえ

いいなあ…
ユノの愛

羨ましいぞ!シムーー‼︎
シムは良い男!

とっ散らかったコメントで
すいません…m(_ _)m

2015/08/30 (Sun) 01:20 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

私も好きです♡

ふたりのこうゆうやり取りずっーと見てたいです。思う存分、遠慮なくお願いしますm(_ _)m

チャンミンがいつでもストレートに気持ちを伝えてるのが男らしくてかっこいいですね!
あとはラブラブ一直線かしら〜\(//∇//)\
原因はなんだったのでしょうか?ユノはもう大丈夫なんですよね??

2015/08/30 (Sun) 01:37 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 02:18 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 07:56 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 08:15 | # | | 編集 | 返信

お久しぶりです(*^^*)

ユノがやっと思い出して良かった(*´∀`)

きっとこの忘れている間の出来事も二人の絆となるんですね…

後は…(/▽\)♪


2015/08/30 (Sun) 08:21 | ラムまま #6H4WXWoc | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 09:57 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 11:17 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 15:03 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/30 (Sun) 23:16 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント