See more details
Title List

やさしいキヲク。#86

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















「痛い……っ、無理だ…よ……チャンミン…っ。」
「痛いの?」


まだ先端しか挿いってないのに。
初めてだから僕も分からない。


僕は強引に進めようとしたんだけどあんまりユノが嫌がってかわいそうになった。


「この体勢が悪いのかな……。」
「体勢?」
「上級者向けなのかも。」
「上級者ってっ!」
「ユノ四つん這いになって。」
「い………いやだっ!」
「痛いの嫌でしょ?」


僕はそれこそユノを押さえつけて四つん這いにさせた。
ユノは嫌だ嫌だ言いながら従っていた。


「なんだよ……っこれ、恥かしいし……チャンミンの顔見えねぇしっ……怖いー……っ。」


なんだ。僕はそんなあなたが可愛くて後ろから覆い被さる様に背中にキスをした。


「大丈夫ですよ。」
「チャン……ミン…っ。」


僕はそのまま手を伸ばして自分のものをユノの穴に当てた。


「………っ。」
「行きますね……。」
「う……ぁ………っ。」


今度はすんなり入った。
でも狭い。


後ろから見るユノの姿は結構いいものがあった。
僕は満足だけどユノはそうじゃなかったみたい。
頭をプルプル振ってる。


「動きます。」
「や………っ。」


僕は狭いそこで半ば強引に腰を動かした。


「あ……っあ……っあ……っ。」


ユノは僕の腰が突き上げる度に声を上げた。
気持ちいいですか?
確かにユノの顔が見えなくてわからない。
ユノが不安がるのもわかる気がする。
かといって折角挿いったのに抜きたくもない。


「ユノ……。」
「ん……はっ。」
「ユノこっち向いて。」
「ん……ふっ。」


僕はユノの背中にぴったり体をくっつけてユノが振り向いたとこでキスをした。
大丈夫。
感じてますね?


「ちゃ……苦し……。」


どうして?


あぁ。
イきたくて?


そうなんですね?


「チャン…みん……はやくぅ…。」


はいはい。


しょうがないですね。
初めてなのに。淫乱。


僕は腰を揺する。
時には音がするほど打ち付けてみたり。


「あ……あ………ぅ……。」


僕はそう長くは持たなかった。
ユノは流石にイけないみたいで、僕が後ろから竿を握ってやるとやっぱりそう長くは持たなかった。


「チャンミン…っ。」
「ユノ……っ。」
「あ……ぁ……っ。」


ユノの高い声。
イく合図。


「ユノ…









 
 一緒にイきましょう。」














ユノは四つん這いになって顔を下げて何度も「イク……イク…っ。」って頷いた。
























*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/05 (Sat) 01:58 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/05 (Sat) 07:16 | # | | 編集 | 返信

は、は、はぢめてなのにインラン
チャンミン激しいし…
(///△///)

ついにイタシテしまいましたね!
ユノ、チャンミン、おめでとう♡
私も初めて不正ワードで引っかかってしまいました〜(*/ェ\*)

2015/09/05 (Sat) 11:09 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント