See more details
Title List

やさしいキヲク。#87

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















「チャンミンの嘘つきっ。痛くしないって言ったのにっ。」
「痛かったんですか?」
「痛いって言っただろっ!」
「すみません。」


僕が悪びれもなく謝るとユノはムゥっとした顔をして僕を指差した。


「今度はお前が抱かれろ!」


なんて事を言うんだ。
とりあえず今度があるらしい。


そして人を指差すのはお行儀が悪いです。
僕はユノの指を叩き落す。


「それだけはごめんですね。」
「ごめんじゃすまないの!!」
「あーそうですか。」


全く僕にそんな気はない。


「チャンミンっ!」
「はい。」


折角の雰囲気が台無しです。
僕はユノの髪を撫でた。
ユノはビクってして大人しくなってしまった。


「ユノ。」
「な……な、何。」
「いえ…。それでもいないよりはましですかね…。」
「チャンミン…。」
「あなたがいないよりましです。」


そうだ。ユノの存在しないあんな哀しい時間を過ごすよりユノに抱かれる方がましじゃないか?


「好きにしてくださいっ!!!!」
「はっ?!」
「さぁ。」


僕はベッドに大の字になって目を瞑る。


「チャンミン?あのさ…今?」
「今でしょ!」
「いや俺…そんな状態じゃないから……。」
「え?」
「ケツが痛くて無理だよっ。」
「どこ?!」


僕はびっくりして起き上がる。
ユノは恥かしそうにシーツを手繰り寄せた。


「見せて。」
「見せるか、バカ///」
「見なきゃ。切れてるかも知れない!」
「いいよっ。」
「よくありませんっ。」


僕はシーツを奪おうとするけどユノも男だから力じゃ負けない。


「薬塗ってあげますから、とにかくお風呂に入りましょう。」
「…な……なんか…やだ。」
「嫌じゃありません。早く!」


ユノは思ったより重症で風呂まで辿りつくまでもやっとだった。
足がガクガクしてるんだそうだ。
僕はユノにシャワーをかけて体を洗ってあげる。
頭も一気に洗ってユノをシャワーの壁に向かって立たせた。


「チャンミン……っ。」
「ちょっと見るだけです。」
「い…いやだってば…。」
「ダメです。」
「嫌…ぁ///」


僕は屈んでユノの双丘を両手で割ってそこを確認する。


「チャンミン…っ!」
「あ~…。」
「嫌だって、嫌っ。」


僕はユノが嫌がるのを聞いて又変な気分になるのを必死で抑える。
だってユノのそこがあんまり真っ赤で痛そうだったから。


「チャンミンっ!お前っ!勃ってる!!」
「あ~これはなんでもないです。」
「なんでもないって!!」
「うるさいですねぇ!我慢してるでしょ!さっさと上がって薬塗りますよっ!」
「もう自分でするからぁ。」


とりあえず洗い終わったユノは脱衣所に出して拭いておく様に言う。
ユノは素直に外に出てタオルに包まった。
僕は素早く洗い終えるとユノと一緒に脱衣所に立つ。
勃起した自分は何とか抑えた。


「さぁリビングに行きましょうか?」
「本当に…自分でするから……。」
「……本当ですか?」
「うん!大丈夫だから。」


残念だけど。←
僕はユノに任せる事にした。


リビングで薬を渡すとユノはパンツに手を突っ込んで薬を塗っていた。


あんなにしてしまって。


「すみませんでした。」
「なんで謝るんだよ。」
「だって……。」
「いいよ。今度はチャンミンの番だし。」
「えぇっ。」
「そうなんだろ?」


ユノは楽しんでる様にも見えた。


でも。




それでも。









「あなたが傍にいてくれるならいいです。」








「チャンミン。」









「戻ってきてくれたから…いいです。」









これはマジだ。












僕は本気でそう思った。














---------

明日、最終話です。


*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 00:14 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 00:16 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 00:22 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 02:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 02:54 | # | | 編集 | 返信

お二人とも余韻に浸るでもなく、まあよくぺらぺらと…。なんか喋ってないと恥ずかしかったのね💕💕
ユノの記憶が戻って今度はミンが抱かれちゃうかも宣言だけど、とうとうですか?いやいやいやー。ここはミンホですものね。
とにかくふたりの安定なイチャコラ見てるとほんとにホッといたします😊

2015/09/06 (Sun) 08:05 | ずんだ #kbFZ7CLI | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント