See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。season13 #12

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















ライブは順調に回を重ね。
ユノの足も日に日に良くなって行くようだった。


「ユノさん。最後まで無理しないで下さいね。」


ユノはスタッフの人にそう励まされてうなづいてる。


最後までか………。
やっぱ最後までお預けかな。
無理させちゃいけないしな。


うん。


とか言いながら。
実は僕達あれから何度も抜き合いっこをしていた。


できるだけユノが負担にならない体勢でするのが最優先。


ユノはベッドでマグロ状態が基本。
その上に僕が覆い被さってする。


僕はかなりの腹筋力と腕力が必要だったけど頑張った。
お陰で鍛えられたんじゃないかってくらい。
日本ではいつも美味しいものを食べてデブデブになってしまう僕だけど。
ユノは足のせいもあって運動不足になりもっとムチムチと太っていった。


体を重ねてユノのと僕のを一緒に扱く。


「あ………っ。」
「気持ちいいですか?」
「ん…………。チャンミンが欲しいぃぃ。」


あぁ。くそ。
かわいい事を言う。
我慢がきかなくなりそうだ。


「ユノ…。」
「チャンミン……チャンミン……チャンミンんんん。」


ユノは自然と腰を振ってる。


「ダメですよ。無理しちゃ。」
「だって……だって……っ。ふ………ぇ。」
「ユノ?」


ユノは僕に腰を押し付けて震えていた。
泣いてるの?ユノ?


ユノは感じすぎて涙を浮かべてた。


なんかエロイです。
そんな泣いて求めないで。


「チャンミンん~…こんなの辛いっ。」
「僕だって一緒です。」
「本当かよ………っ。」
「本当ですよ。」
「嘘だ。チャンミンは平気な顔して……俺ばっか……っ。チャンミンが欲しいんだ。」


そう言って上を向いて顔を覆った。


「僕もユノが欲しいですよ。」
「嘘だろ。」
「嘘じゃありませんって。」
「欲しいです。でもライブが終わるまでは無茶してステージに影響が出て一番辛い思いをするのはユノでしょ?」
「……。」
「僕はあなたが苦しむのを見たくないんです。」
「……。」
「ちゃんと。あなたを求めてますから。」
「……うん。」


ユノはそう言葉で言ってやると安心した様だ。


「好きですよ。」
「チャンミン………俺も好き。」


ユノの照れた顔がなんとも言えない。
僕はユノの髪を撫でる。
ユノは気持ち良さそうだった。


「チャンミン……。」
「はい?」
「うん……好き。」
「はい。僕もです。」
「僕も?」
「好きです。」
「うん…。」


あぁ。なんて幸せなんだろう。





身体が繋がっていなくても心が繋がっていればこんなに幸せなんだ……。





知らなかった。






こんなのもいいな。










うん。













*ランキング*参加中。
ミンホミンホぉう。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

そうそう!

チカ*しゃん♡

イレるだけが〇〇じゃないのよ〜( ^ิ艸^ิ゚)ブヘヘ

2015/09/10 (Thu) 00:24 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

やだもー、ユノさん欲望に忠実!!(*ノェノ)キャー
色々思い通りにならなくて、モヤモヤしてるんだよね
だからいつもより甘えんぼさんなのかしら萌えぇぇぇ!!
そのせいで鍛えられてたのかシムさんは、なるほど(笑)

2015/09/10 (Thu) 00:25 | マツ子 #- | URL | 編集 | 返信

ライブの最後まで我慢できるかなぁー💕💕💕
やっちゃえーって悪魔の囁きにいつまで耐えられるのか、おばちゃん心配ですぅ(#^.^#)

2015/09/10 (Thu) 00:55 | ずんだ #kbFZ7CLI | URL | 編集 | 返信

うぎゃーー

なんてエロくてかわいいユノなの…\(//∇//)\
これを我慢出来るなんて…。
ユノのためとは言え、チャンミンすごい!
愛するために身体も鍛えて煩悩も鍛えたのね(笑)
今日もラブラブで幸せで〜す!

2015/09/10 (Thu) 01:09 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/10 (Thu) 01:21 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント