See more details
Title List

そして僕達はオレンジ色の恋をする。season13 #26

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















僕はシャワーを出してユノと僕、交互にシャワーをかける。


「チャンミン……?」
「はい?」


僕はシャワーで流しながら手でユノの肩から腕を擦る。
ユノを反対向かせて背中も擦った。
お尻を擦るとユノはビクってなった。


「どうしました?」
「チャンミン………ここでも抱く気ない?」
「………僕はベッドでって思ってました。」


なんて、どうも、やっぱ、ベッドまで持ちそうにないんだけど。どうしよう。
僕はユノのお尻の谷間に指を這わす。


「ここで?」


僕はユノに尋ねる。


「……んっ………ここで。」
「そう…ですか。」


とっくにその気だ。
指の先に蕾を見つけた。


「あ………っ。」


そこを撫でるとユノは声を上げた。
僕はユノを前屈みにさせて前にある鏡に手を付かせた。


「映ってますね。」
「……や………っ。」
「そうしてて、久し振りだからしっかり解さなきゃ。」
「や……いい……大丈夫……っ。」
「ダメです。」


僕は立ち上がってるユノを扱きながら蕾をゆっくりゆっくり解す。
ユノに背後から覆い被さり耳元で囁いた。


「力抜いてて。」
「んんん……。」


ユノは力を抜こうとしてるんだけど出来てない感じだった。
僕はもっとユノを扱く。


「あ……ぁ……ちゃ………みん………っ。」
「ユノ……。はぁ。」


わざと耳に息を吹きかける。


「んん………っ。」


ユノは悶えた。
その隙に指を差し込んだ。


「あぁ………っ。」
「ユノ…まだですよ。」
「んん………っ。」
「もっと。柔らかくなるまでやらなきゃ。」
「んん………っ。」


僕は差し込んだ指を掻き回す。
ユノは背中をしならせて喘ぐ。
僕は少し柔らかくなった所で指を増やして行く。
3本も入る頃にはいい感じに柔らかくなってた。


「……入れる?」


僕がユノの耳元で聞くとユノはコクコクと頷いた。


久し振りが風呂場か~
しかもバックって寂しくないですか?


ユノの顔が見えないじゃないか。


鏡には映ってるけど…くもってる。


やっぱりこの体勢では嫌だ。と僕は思う。


僕はユノの前屈みになった体を起こさせる。
ユノは不思議そうな顔をして僕に従う。
僕は浴槽の中に浸かってユノを誘った。


「来て。」
「……。」
「ほら。」
「……中じゃ…………熱そう。」


ユノはただでさえ火照った顔をしていた。


「いいから。来て下さい。」


ユノは片足ずつ足を浴槽に入れて僕に背中を見せる格好で座ろうとした。
僕はユノの腰を掴んで反対を向かせた。


「こっちです。」
「え……だって。」
「なんですか。」
「……恥かしい。」
「だからいいんですよ。」


僕はユノに笑いかける。
ユノは眉を寄せた。


「座って。」
「………。」


仕方なさそうにユノは腰を下ろす。


「狭いよ。」


確かに180センチ越えの男二人が座るには狭い。


「足……こっち。」
「ん……。」
「挿いる?」


ユノは頭を振った。
僕は自分の竿を抑えてユノに僕の上に座らせる。


「………っ………ぅ。」
「腰下ろして。」
「ん……ぁ……そこ違う……っ。」
「どこ?自分でして……。」
「ぁ……っ……ゃ…………無理っ。」
「大丈夫ですから。」


ユノは僕の竿に手を添えて自分の穴に導く。


「んん………っ。」


僕はユノの蕾に当たったと思った所でユノの腰を掴んでぐいっと下ろさせる。
みちみちと僕はユノの中に挿っていく。
久し振りでもちゃんとユノのそこは僕のサイズぴったりだった。


「あぁ……っ……変っ。」
「え?」
「お湯が……や……だ……っ。」
「やなの?」
「うん……変……っ。」


それでも僕は構わず根元までユノを座らせた。


「あぁっ。」
「痛くないですか?」
「う……ん。」
「気持ちいい?」
「ぅ………ん…ぁ……気持ち……い……いぃ。」


僕は満足でユノの胸に顔を埋めて背中に腕をまわし抱き締めた。





やっとひとつになった。





やっと。






やっとだ。








ねぇ。ユノ。














僕は頭の先からつま先まで痺れる様な感覚をじっとして味わった。




















*ランキング*参加中。
ミンホミンホぉう。応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

ヤレヤレ

チカ*しゃん♡

ユノさんもチャンミンさんもよかったよかった(*˘︶˘*).。.:*♡

でも久しぶりだもん、こんなもんじゃ終わんないよねぇ〜?

2015/09/24 (Thu) 00:07 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

やっとだね うん 
逃げたり なんだか めんどうだったり
冷めた疑惑もアリの

やっとだあ (´▽`) ィェーィ♪

このまま いちゃこら?それとも?←何か疑り深くてみあね~

2015/09/24 (Thu) 00:21 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 00:43 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 00:55 | # | | 編集 | 返信

う~ん♪  よかったネ♪
チャンミンしっりユノを味わい尽くしてくだされ~(^^)  ぐふっ♪

2015/09/24 (Thu) 00:55 | 茶美ペン #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 03:09 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 19:30 | # | | 編集 | 返信

はうっ💕

とうとうやっちまいましたね!デュフッ(#^.^#)
のぼせちゃうからね、ほどほどにして続きはベッドでどーぞ~❤

2015/09/24 (Thu) 23:05 | ずんだ #kbFZ7CLI | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント