See more details
Title List

恋しくて。#2

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















僕は憂鬱だった。















「どうした?チャンミン。」
「な、なんでもないです。」
「集中しろ。」


仕事中、ユノヒョンに手抜きは許されない。
それは絶対。
ユノヒョン自身が絶対手抜きのない人だから。


「はい。」


僕は返事をするも憂鬱が消える訳はなかった。
ユノヒョンは厳しい目で僕を見る。


「なんでもありませんってば。」
「本当か?」
「はい。」
「ならいいけど、ちゃんと俺に言え。」


ヒョン……。


ユノヒョンは厳しい人だった。
それでもちゃんとぼくの事を思っての事だって僕は分かってる。
最初は反発したけれどユノヒョンの思いに気が付いてからは変わった。
それは尊敬に変わっていつの間にか恋になってた。


恋になって。
告白して。
ユノヒョンに知ってもらって。


振られたけど、そしたら諦めるつもりだったし別にいいんだ。


なのになんで。
何がこんなに憂鬱なんだろう。


「はぁ。」


溜息が出る。


涙も出そう。


僕、病気かも。









「チャンミン!!!!」








ユノヒョンの声だ。


又怒られてるの?僕。


ユノヒョンに嫌われちゃうじゃん。


「おい!」


周りが騒々しい。
何が起きた?
僕どうした?


「チャンミンっ!チャンミン!」


あぁ。ユノヒョン。
嫌わないで。


そう思った瞬間身体がふわって浮いた。


え?


何?どうなってるの?


「しっかりしろっ!!」


僕はゆらゆら揺れるのが気持ちいい。


「チャンミン!チャンミン!」


ユノヒョンが呼んでる。
僕は気持ちよさもあって閉じてた目をゆっくり開いた。
そしたらユノヒョンの顔が近くて驚く。
僕はユノヒョンの肩に頭を預けるようにしてユノヒョンにお姫様抱っこされてた。



「うわーっ!!!」
「なんだよっ!」
「ユノヒョン!!下ろして!!!!」
「何っ。」
「下ろして!!!!」
「チャンミンっ。」
「下ろして~~~~!!!!!!!」


僕はジタバタしてユノヒョンに訴える。
何コレ。
何なの。
えぇ?!
お姫様抱っこ~?!
ユノヒョンにされたぁぁぁぁ!!!!


「おい!暴れるなって。落とす…っ!」


落として下さい!
いっそ。そうして!!


「チャンミンっ。大丈夫なのかっ?」
「何がっ。」
「倒れただろっ!!」


え?僕が倒れた?
嘘。


ユノヒョンは結局僕を抱っこしたまま楽屋の前まで来て、起用に僕を抱っこしながらドアを開けた。
中に入るとソファーの所に行ってゆっくり僕をソファーに寝かせたんだ。


かぁ////ってなる。


力あるんですね…。
僕が軽いのかな。


「チャンミン。大丈夫か?俺が無理させたから…。」
「え?違います。ヒョンはちゃんと俺に言えって。」
「俺に言うのが嫌だった?」
「そうじゃありません。倒れたのも知りませんでした。」
「何だよ。何やってるんだよ。心配するだろ。」


心配。そんなに?焦る程?心配してくれるんですか?


でもそれはメンバーとしてだ。
ただのマンネとして。


そうだ。そうなんだから。


しっかりしろっ。僕。
ドキドキする必要なんてないんだ。
お姫様抱っこも。
なんでもない。


「チャンミン……お前本当変だぞ?」


ユノヒョンはこの時まだ幼い顔で僕の顔を覗き込んだ。


ユノヒョンが普通すぎるんです!


僕は憂鬱の訳を理解する。
僕だけがユノヒョンを好きだからだだ。
それなのに誕生日にデートをして何になるんだろう。


「少し頭が痛いです。寝ますっ。」
「チャンミン、大丈夫か?薬は?」


僕はソファーの背に顔を埋めて丸くなる。
ユノヒョンが優しく僕の頭に手を当てた。


お願いですからそんな優しくしないで下さい。


「チャンミン。」
「大丈夫です。本番までには直ります。」
「うん……。」


僕はユノヒョンの手を振り払って目をぎゅって閉じた。





あぁ。くそ。






好きだ。



















もうすぐユノヒョンの誕生日。
それが済んだらすぐ僕の誕生日だ。






僕の誕生日まで後15日。























*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

ハア

チカ*しゃん♡

片思いってわかってるのに、相手に優しくされたら切ないやねぇ。
冷たくされたらもっと切ないけど。

おもっきしリアルだ(ノ≧∀≦)ノ

2015/10/02 (Fri) 00:28 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/02 (Fri) 00:32 | # | | 編集 | 返信

お姫様だっこぉ〜!うらやましい(>_<)

いつの頃の二人を想像したらいいですか?かわいいバンビちゃんでもHUGの頃じゃ若過ぎですよね??
告白されてこれからユノがだんだん意識してくのかな⁉︎ワクワクドキドキ♡です。
爽やかでイイ(*´∀`*)
恋っていいですね!

2015/10/02 (Fri) 02:00 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/02 (Fri) 02:48 | # | | 編集 | 返信

はー💕💕

おばちゃんがとうに忘れてしまった淡い初恋的な感じで胸キュンって言葉がぴったりな雰囲気デス~❤好きな人思うだけでドキドキ😍💓したり落ち込んだり、いいわ~。
今はミンもまだユノヒョンって呼んでるけどそれがユノって呼ぶ日はいつかしら?
あー楽しみ⤴⤴

2015/10/02 (Fri) 07:15 | ずんだ #kbFZ7CLI | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/03 (Sat) 09:56 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント