See more details
Title List

恋しくて。#4

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














誕生日当日。











僕は色んな人に祝ってもらって開放されたのが夜の9時を回っていた。
僕は両手にプレゼントを持って焦りながら携帯を取り出しユノヒョンに電話をかけた。


プルルルルルルル。
プルルルルルルル。
プルルルルルルル。


あれ?
怒ってますか?
もう待ちくたびれちゃいましたよね…。


僕はそわそわとその辺を歩いた。


プルルルルルルル。
プルルルルルルル。


出て。ユノヒョン。


『もしもし。』
「ユノヒョン。」


出てくれた…。
ちょっと泣きそうだ。


『ごめん寝ちゃってた。』


確かにユノヒョンのちょっと寝惚けた風の声。
鼻にかかってかわいかった。


「ごめんなさい。遅くなってしまって。」
『全然いいよ。』
「………。」


僕は黙ってしまう。
どう言えばいいんだ。って黙ったらユノヒョンの声。


『チャンミン?今から会う?』
「…………。」


僕は心臓が跳ねる。


もちろん
もちろんだ!


「……はい。」


僕は嬉しくてみっともなく声が震えないように慎重に返事した。


























「チャンミン!こっち。」
「ユノヒョン。」


待ち合わせ場所でユノヒョンは手を上げて僕の方を見た。
やべぇ。その仕草がカッコイイ。
僕も手を上げてみたけれどユノヒョンには適わない。


「待ちましたか?すみません。」
「今来たとこだよ。」


ユノヒョンは僕の両手の荷物を見る。


「チャンミン…それ。」
「あぁ…色々もらってしまって。」
「今は俺とデートだろ?」
「え?」

ユノヒョンは少し気に入らないって顔をした。
なんでそんな顔をするんです?


「そんなもん置いてこいよ。」
「え?」


ユノヒョンは顎をしゃくった。


「…ど…こに?」
「コインロッカーでも何処でもいいじゃん。」
「あ……はい。」


僕は焦ってコインロッカーのありそうな所を探す。
駅が近くだったからすぐに見つかった。
僕はそこに荷物を全部押し込んだ。


邪魔?だからだよね。
深い意味はないよね。


ユノヒョンの怒ったたような顔が思い浮かぶ。


「…………。」


いやいや。違う違う。
絶対ない。
ないよな。


何がって?


ユノヒョンがプレゼントにやきもちとか……?。


僕はバンっとロッカーのドアを閉めて押さえる。


「…………。」


ないだろ。


僕は財布から小銭を出して入れると鍵をかけた。
そして外で待ってるユノヒョンの所に駆け寄った。


「入れてきた?」
「はい。」
「じゃ。どうしようか。」
「どこでも……。」
「とりあえず車で移動しようぜ。」
「え?」


車?
車があるんなら荷物乗せてくれても良かったじゃないですかっ。
え?どうして?


ずんずんと先を歩くユノヒョンの背中を追いかけて僕は歩く。


どうしてですか?


乗せたくなかったですか?
ユノヒョン以外の誰かからもらったプレゼントは。


そんなはずはある訳ないのに。


僕は混乱する。


「チャンミン。早くおいで。」
「…………。」


ユノヒョン……。


ユノは立ち止まって振り返る。
そして僕の足並みが揃うまで待ってくれた。
その顔がとても優しくて僕はドキドキが止まらない。
ユノヒョンと目が合わせられなくてキョロキョロしちゃう。


あぁ。


ユノヒョンと付き合うとこんななのかな?


おいで。


だって。






すげぇー照れる//////










荷物の事は気になったけどユノヒョンにとても聞く事ができず、そのままになった。

















僕はユノヒョンの運転する車の助手席で。




















いつになく大人しく無口だった。






















*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 00:09 | # | | 編集 | 返信

顔が浮かびます。

二人のやり取りを読んでいると
うんと若い頃の、
まだ日本に来たばかりの頃の
二人の顔が目に浮かびます。
(と言ってもリアルタイムでは知らないけれど)

お兄さんらしくズンズン歩いて行く感じのユノと
一生懸命追いかけていくチャンミンが
いいですね~~。

チカさん。続きが待ち遠しいです。

2015/10/04 (Sun) 00:31 | mich #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 01:00 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 01:49 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 11:06 | # | | 編集 | 返信

おおー(#^.^#)

チカ*さん、これは初恋のミンホちゃんたちデスか?
甘酸っぱいって言葉がぴったりな若い二人ですね❤
胸キュン(死語ですか?)っす。

2015/10/04 (Sun) 11:26 | ずんだ #kbFZ7CLI | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 12:51 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/04 (Sun) 19:18 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント