See more details
Title List

恋しくて。#51

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。

















朝、目が冷めるとチャンミンがいなかった。























俺はガバッと起き上がって辺りを見回す。


なんで?
いない?


チャンミン俺、前もコレで気が狂いそうになった。


やった後くらい一緒にいられない?
そんな事思う俺が女みたいか?


俺は重い下半身をベッドから下ろしてお尻の始末をしなきゃと思う。
でもあれ?
やけにすっきり。
綺麗になってる?


もしかしてチャンミンがしてくれたのかな。


俺ったら寝てて全然知らない。


俺はお尻を撫でながら立ち上がった。


「う……ゎ。」


久し振りだったからな……。
かなり足元がふらつく。
でも暫くするとなんとかなって簡単な服に着替えると俺は部屋を出ようと歩き出した。
そして多分リビングにいるだろうチャンミンを探す。


「チャンミン?」
「ユノ。」


リビングのドアを開けてチャンミンを呼ぶとソファーに座ってるチャンミンがこっちを見た。
やっぱりお前はビールを飲んでるのかよ。
俺といるよりビールがそんなに好きかっ。


俺はドカドカと歩いてチャンミンの座ってるソファーに行ってドカッと座る。
あ~下半身がやばくて後悔した。


「そんなドカドカ歩いて大丈夫ですか?」
「………。」


チャンミンは俺の様子を気遣いながらもビールを飲む。


「ユノ?」
「それはお前のお決まりなわけ?!」
「何が…?」


キョトンとした顔のチャンミン。


「やった後にビール飲むのはお前のお決まりなのかって聞いてるのっ。」
「あ…?コレですか?」


そう言って缶を俺に見せるチャンミン。
俺はムカムカしながらチャンミンの返事を待った。


「そうですね。やった後の一杯は美味しいですから。」
「いつも?」
「いつも?」
「分かった。」
「何が?」
「なんでもない。」


チャンミンはいつもこうなんだ。
セックスした後でも相手を放ったらかして一人でビールを飲む。
こういう奴なんだ。


そう思ってしまえばなんでもない事だ。


しかもどう見てもシャワーも浴びてしまってる。
一人だけいい香りさせてふわふわの頭しやがって。
俺は精液まみれなのに。


「………俺もシャワー浴びてこよう。」
「はい。」


意外に淡白な奴。


こういうのは受け入れるしかない。
俺は最初わかんなくてチャンミンを探してチャンミンを求めすぎてたんだ。
こういう奴って分かってしまえば求めすぎずに済む。
溺れずに済む訳だ。
俺って賢いんだぜ。チャンミン。


俺はソファーを立った。


「あ、ユノ。中の物は全部出ていると思いますので。」
「…!!」


やっぱりお前か!!
俺は振り返ってチャンミンを見た。


「や、だってあれは入れっぱなしだとお腹痛くなったりするんですよ。だから僕が指で掻き出して……。」
「えっ!!」
「ユノ…善がってました。」
「ばかっ。勝手に指入れんな!!」
「え~。良かれと思ってしたのに。綺麗になってたでしょ?」
「良くないよっ!!」


勝手に指突っ込まれて、知らない間に俺は勝手に善がってたなんて!!
恥かしい恥かしい恥かしい!!!!


チャンミンのバカっ!!


俺はドカドカとリビングを後にして風呂場の前でドアに手を付いて俯いた。
痛い……。


なんかすげぇ
恥かしい……。


どうやって善がったって言うんだ。


なんか10何年も寄り添っては来たけど色々に慣れるには時間がかかりそうだ……。
これが恋なのかな……。


俺は暫く途方に暮れた。


そしてそろそろと風呂場のドアを開けて中に入った。
























なんだかんだ言ってもシャーワーを浴び出したら俺はいつも通り歌って踊って。
そしたら気分もスッキリした。
俺は風呂から上がってリビングに戻る。
ドアを開けてチャンミンの様子を伺うとソファーで横になって寝てるチャンミンがいた。


どうもこれもお決まりみたいだな。
前もそうだった。
前はなんで俺を放ったらかせるのかって思った。


俺はとりあえずどうしようって悩む。
でもここで寝かして置く訳にはいかないよな。


「チャンミン?チャンミンナ?」


前は俺を放って寝てしまったチャンミンに俺がやっぱり理解出来ずチャンミンを求めすぎちゃってここで致す事になった気がする。
なんで俺を置いて寝ちゃうのかって本気で分からなかったんだ。
今ならわかる。


チャンミンだからだ。


これがチャンミン。


「おい。チャンミン。」


全く起きようとしないチャンミンに俺の声は段々大きくなる。
チャンミンは寝返りを打って無視。




「チャンミンっ。こんなとこで寝たら風邪引くから。」
「うーん。わかりましたよ。」


って動こうとしないじゃないか。


「一緒に寝室行こう。」
「はい。行きます。」
「おい。ほら。」
「はい。はい。」
「俺だけ行っちゃうからな。」
「ダメです。」


起きてるんじゃねーの?


「一緒に行こうって言ったじゃないですか。」


俺が悪いのかよ。
そう言って手を伸ばしたチャンミン。
こんなでけぇの連れて行けねぇぞ。
俺はその手を握る。
そしたら引っ張られて俺はソファーに引き込まれて抱き締められた。


「チャンミンっ。」
「ユノ……今日。よかった?」
「なっ、何言ってんの?」
「まだ数回な上に1年ぶりだったから、痛くないかなとかちゃんと感じてくれてるのかとか色々気にしてたんですよ。コレでも。」


そう言ってもぞもぞと俺の体に触れるチャンミン。


「で、なんだよ。この手は。」
「だって。もっとしたい。1年ぶりですよ。1年。」
「だから悪かったって言ったろ。」
「僕は10年待って恋が叶ったと思ったら更に1年待たされました。11年です。11年。」


酔ってんのか?
俺はチラっとテーブルを見た。
ビールの缶が2本。
チャンミンが酔う量じゃない。


「又待たなきゃいけなくなるのかってそれが怖いんです。」
「もう待たせてないだろ?」
「じゃあ次はいつ?」
「今。」
「へ?」


チャンミンの間抜けな声。
俺はその瞬間を逃さずチャンミンから離れて立ち上がった。


「おら。寝室行くぞ。」
「ユノ…っ。本気?」


俺がリビングを出てこうとするとチャンミンが慌ててソファーから起き上がって追いかけてきた。
と、思ったら一回廊下に出たのに又戻るチャンミン。
律儀に飲み終えたビールの缶を片付けてリビングの電気を消してから寝室に俺を追いかけて来た。
こういうとこもチャンミンなんだろうな……。


「ユノ…っ。ねぇって。」


でもっ。


「チャンミンだって俺の事二の次じゃん。」


言わなきゃいられない。


それも恋だから。


「何の事ですか。」
「俺を放って風呂入ったりビール飲みに行ったり、今って言ってんのに、今も俺の事後回しにしただろっ。」
「え?え?えーー?」


えーじゃねっての。


「いや。今は電気消しに行ったらどうしても缶が気になって……っ!風呂は……えーっと……。」
「やった後くらい俺の傍にいろっ。」
「は……はい。」
「今って言ったら今なんだよっ。俺を放ったらかすなっ。」


俺、結構わがまま言ってる。
わかってるけど。
でも。



好きなんだよ。







好きなのっ。






「ユノ……。」






なんだよ。






俺が嫌になった?






こんな俺は嫌かよ………っ。






「わかりました。」
「チャンミン……?」






え?







「やった後は傍にですね。」
「……そう。」
「後は、今すぐでしょ。」
「……そう…だ/////。」





チャンミン。









チャンミンっ。










「……っぁ………っ。」















チャンミンは俺をベッドに押し倒すと、俺の大好きな口付けをくれて又最初から丁寧に俺を快楽へと導いてくれたんだ。



















------


又えっち(笑)


*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 00:48 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 01:17 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 02:32 | # | | 編集 | 返信

そうか、こうして
シムは出来上がって行ったんですね!!


俺をほったらかすな!
の、ユノが大好きですーー!

2015/11/24 (Tue) 07:30 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

あ~~!まさかの またビール飲んでる???
目が覚めたら隣にチャンミンが寝てて・・・
そのままあま~い いちゃいちゃ
うんうんユノのお気持ちよくわかります←私の気持ちでした
だけどビール飲んでぷは~って(泣)
チャンミンはあんなにかっこよいけどわかってないよね
変態なんだけど 案外さっぱり で 几帳面 で←今日はあちこち笑っ茶った
いろいろミックスなチャンミン
ユノはチャンミンに夢中ですね( ´艸`) 
上からの物言いなユノの甘え方がかわいい~~ミンホ最高です

2015/11/24 (Tue) 08:46 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメc***o様。

c***oさん♡
うふうふ♡
ユノに弱いチャンミンとチャンミンに弱いユノ。
お互い恋してますよね~♪
なのになかなか通じ合わなくてもちゃもちゃ。
それも恋なんかなぁって♪
もう少しお付き合い頂けたら嬉しいですm(_ _)m

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 15:40 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメち***ん様。

ち***んさん♡
何度でも?いいですか?♪♪♪
本当にやっちゃうぞぉ~(笑)←どんだけ好きなんだ。
言葉にするって難しいですよね。
だから伝わんなくて。
不安になったり。
そういうのも恋してますよね。
少しずつ伝わって愛が深まって。
ミンホ万歳~~~!!←バカ。

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 15:46 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメg***a様。

g***aさん♡
なんかくだらないやり取りなんですけど(汗)絶対日常にはありますよね(笑)
私はチャンミンは地でいってると思ってます(笑)
そんな駆け引きするような人じゃなく直球かな???
かなり面倒臭い人なんじゃないかなぁと思ってます(笑)
もちろん私の中のチャンミンですけど♡

はっ。チャンミンも面倒臭いって言っちゃったww
そうですね……人ってメンドクサイですよね。
あ。その言い方は違うかww

ありがとうございますm(_ _)m

何か出るくらいエッチ頑張りますね(笑)
コメントありがとうございました。

2015/11/24 (Tue) 15:58 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 花様。

花しゃん♡
そうか~こうしてシムは出来上がったのか!!←おい。
無意識(笑)
前なんかライブで「ぽくに集中!」って言った事ありませんでしたっけ?
それを思って書きました。(笑)
大好きって言って下さって嬉しいです(*´╰╯`*)♬*゜

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 16:08 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: おねぎ様。

おねぎさん♡
またビールですよ(笑)
ですよねですよね!!やっぱ目覚めたら隣に彼がいて甘い朝を迎えたいですよね!!!!私もユノの気持ちよく分かる~(笑)←ユノは彼女目線(笑)。
チャンミンは結構変態だしマイペースだしww難しそうwwでもハマるんですよねぇ~。
彼氏にするならチャンミンです(笑)絶対。
ユノは面倒みきれません(笑)←ユノペンのくせにww
ミンホが一番の相性です♡ミンホ最高~!!ですね♡

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 16:23 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

なはは

チカ*しゃん♡

11年待って、ユノさんに合わそうとするチャンミンさん。
11年待たせて、チャンミンさんを理解するけど我を通そうとするユノさん。

なんか、ふたりってそうなのかな。

チャンミンさんはチェガンでも、マンネなのかな。
ユノさんはリーダーなのかな。

いろいろとおもしろいふたり(o´艸`)

2015/11/24 (Tue) 18:01 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

Re: まりユノ様。

まりちゃん♡
なはは。
どうなんでしょうねぇ
どうなるんでしょうねぇ。
この甘えンホとイケミン。
書いてる本人が適当だからいけませんね^^;
おもしろいと思って読んで頂けたら助かります^^;

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 20:23 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 20:31 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/24 (Tue) 23:23 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメゆ*様。

ゆ*さん♡
恋とはワガママになるものです←何を知ってるんだ(笑)
気持ちを伝えるって難しいと思うから。
恋に関しては尚更。
愛情を惜しまないユノでも不器用になる。かな?(笑)

コメントありがとうございました!!

2015/11/24 (Tue) 23:54 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメく*様。

く*さん♡
はい。ユノはチャンミンの恋の仕方を学習中(笑)
チャンミンのバカっ。はすごく照れて言ってると思います(笑)
後、朝からビールはないな......と思ったんですけど(笑)この日休みなんでお許しください(笑)←おい。
本当に上手く通じあって息ピッタリになるといいですねー。←。
でも恋ってそうじゃないのかもと思ったりもするしな......。
うーんどうなるかな。←だから決めてないんかぃ!!
どうなるかな楽しみにしててください^^;

コメントありがとうございました!!

2015/11/25 (Wed) 00:05 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント