See more details
Title List

モトメモトメテ #2

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














それからもイケメンは毎日の様に店に現れた。


「あいつ。すっかり常連ですね。」
「うんww。」
「いつも不機嫌で嫌になりますよ~。」
「そうだね。丁度注文取る時は大変かもね。」
「え?ユノさんそれどういう意味ですか?」
「そんなに嫌なやつなのか?大丈夫?俺が対応する?」


今日は珍しく先輩がいる。


「大丈夫だよ。単純だと分かればなんてことないから。」
「?そうなの?」
「うん。問題ないよ。」


ただあのイケメンはお腹が空いてたら不機嫌になるだけだ。


ふふふ…。


今日は何皿食べるかな?


あ。



俺何楽しみにしてるんだ。















「!!」
「?!」


やっぱり現れたイケメンが大体いつも食べるハンバーグをまず頼んで食べてびっくりした顔をする。
こっちまでびっくりする。


「ど、どうした?」
「味……が違うっ。」
「へ?」
「あんたが作ったんじゃないのか?」
「あ……今日は店長が……。」
「…………。」


イケメンは不機嫌な顔で俺を睨む。
え~……そこ沸点?
参ったなぁと思ってるとイケメンはハンバーグを食べだした。


なんだよ、食べるのかよ!


本当不思議な男だ。


俺は隣の机の席に座って肘を突いてイケメンの食べるのに見入ってしまう。


「暇なんですか?」
「あぁ。うん。今日は店長がいるから。」
「は~。だからってサボってていいんですか?」
「何?食べづらい?」
「暇なら帰ろう。」
「は?」


相変わらず不機嫌な顔だ。


「帰ろうって言ってますよっ!」
「な、何?」


怒るなよっ。


バンと机を叩いて席を立つイケメン。
俺は口を開けて見上げた


肘を突いてた手を捕まれて引っ張られる。


「え?」
「………。」


気が付いたら店を出てた。


「ちょっと!!」
「おい!!ユノ!!」


店長とバイトの子が心配して出てきた。
なんとなく。「大丈夫です!」って叫んでた。
何処に連れて行かれるのか何をされるのか分からなかったけど。
「帰ろう。」って言っただけだ。
きっと「帰る。」つもりなんだろう。
どこへ帰るのかはわからないけど。
特に心配はしてなかった。


ただ掴まれた腕が痛くて痛くて。
ちょっと泣きたくなった。


「あの、痛いんだけどっ。」
「……………。 」
「ちょっと本当にっ。痛いからっ。」


イケメンの手は大きかった。
力も凄かった。


「お願いっ。ついて行くから、離して。」


イケメンは俺を見た。
多分涙目だった俺を見て驚いた。
言葉が少ない代わりに表情がくるくる変わるから分かりやすい。


「大丈夫。ついてく。」


俺はイケメンの不安を取り去った。


「痛かった?」
「うん。」


イケメンは俺の手を離して、その後はただ喋らず歩いた。
俺はその後ろを不思議な気持ちでついて歩いた。
そして結構いいマンションへ入って行った。
もしかしてイケメンの家?


イケメンの家は余計な物がない感じで綺麗に整頓されていた。


「料理して。」
「は?」
「たらふく食わせて。」
「く、食わせてって。材料はあるの?」
「あるもので。」


そのあるものがあるのかって聞いてるのに。
俺は失礼して冷蔵庫の中を確認させてもらう。
あるのは確かにあるものだった。


「適当でいい?」


イケメンは不機嫌な顔で頷いた。
とにかくイケメンの機嫌を直そう。


そう思った俺だった。











イケメンは最後にやっぱり綺麗な姿勢で手を合わせた。


悪くない。


「美味しかった?」
「味はどうでもいいです。お腹さえ膨れれば。」


おいおい。その言い方は酷いんじゃないか?
その割に先輩との味の違いに気付いたりするんだ?
毒舌なのかなんなのかわからない。


「じゃあなんで俺なの?」


イケメンは目を見開いて俺を見た。


なんだよ。


「それは、うーん。」


悩むのかよ。


「優しそうだから。」


俺はすぐに返事を返せなかった。優しい。
そう俺は優しい男だ。
優しいだけの男。
優しいだけじゃだめよ。と昔適当に付き合った女に言われた。


「優しいよ。俺は。」
「はい。ご飯作ってくれます。」


そこかよ。


「誰でも作ってくれるだろ?」
「僕、機嫌が悪くなるので。」


わかってるんだ?


「でも食えば普通じゃん。」
「そこまでが、なかなか。」


確かに、バイトの子もキレてる。


「うーん。じゃあキレなきゃ?」
「それが、お腹が減ると訳が分からなくなってしまって。」
「そうか……難しいな。」
「難しいです。」


本当にそう思ってる?
自分が変わる気はないんだね?


俺イケメンが食べた皿を片付けながら困った子だと思いながらどこかかわいいと思った。
だってお腹が膨れたら素直だ。
さっきまであんなに強引で話しもしなくて不機嫌だったのに。
今はとっても素直だ。


「でも店に食べに来て君ほど食べたら食費がバカにならないだろ?」
「ですね。」


まだ残り物を食ってる。


「自分で作ったら?」
「お腹空いてるのに?」
「あ…そう。」
「嫌です。」


あははは。
そりゃそうか。


「誰か作ってくれるといいんですけど…。」


誰かね……。


「あなた。作ってくれませんか?」


あなたって。
え?!俺?!


「お、俺は無理だよっ。店がある。」
「…………。」


そんな落ち込むのか?
ってくらいイケメンは肩を落としてしまった。


「あ……仕事が休みの時ならいいよ。」


って、いいのかっ俺!!


「それでいいです!」
「う、うん。」


引き受けてしまった。


俺は又食い出したイケメンを肘を付いて眺める。
本当不思議な男だなぁ。


「あ。名前教えてよ。俺はユノだよ。」
「もぐ……チャ、ンミンです。」
「チャンミンね。」


イケメンは名前もイケメン。


そしていつも通り綺麗な姿勢で手を合わせるイケメン。あ、チャンミン。
チャンミンは俺を見て微笑んだ。


え////。


いや。俺なんで今照れた?


「あなたなら、引き受けてくれると思ってました。」
「あ…そ……そう?」
「はい。本当に優しい人だ。」


ニコニコしてるチャンミン。
お腹は膨れたらしい。


いや……。



しかし。





なんでかな。






まぁ。







いいか。












きっと俺は本当に優しいんだ。






















*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
















関連記事

COMMENT

今回のお話、展開、かなりツボです!
続き、楽しみです!

2015/12/06 (Sun) 00:10 | ふなぴ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/06 (Sun) 00:27 | # | | 編集 | 返信

イケメンはチャンミンだったのね 
しかも このキャラ うふふ 

お料理をテイクアウトするどころか 
シェフをお持ち帰りしちゃいましたよお~

チャンミンの体は超かっこいいけど
バクバク美味しそうに食べる姿が大好き

それを優しい男とご一緒して眺めたいですわ

2015/12/06 (Sun) 01:21 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

Re: ふなぴ様。

ふなぴさん♡
ふなぴさんのツボに入れて嬉しいです(人´∀`*)
私も今の所は気持ち良く書けてますよ♪
続き頑張りますww
又お付き合いお願い致しますm(_ _)m

コメントありがとうございました!!

2015/12/06 (Sun) 01:40 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメg***a様。

g***aさん♡
はい。このイケメン色々困ったお人なんですww
でみ色々妄想を掻き立てられるでしょ?ww
今回はこのイケメンが先に思いついて色々くっ付いてきたお話なので。。
見所あるんじゃないかと思いますww←見切り発車なので絶対苦しみますがww
お付き合い頂けたらうれしいですm(_ _)m

コメントありがとうございました!!

2015/12/06 (Sun) 01:51 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: おねぎ様。

おねぎさん♡
はい。イケメンはチャンミンでした♡
もちろんイケメンだからww
チャンミンの大食いいいですよね♡
ユノをも大食いしちゃいそうで♪♪楽しみ♪♪←おい。
そりゃ傍で見ていたいですよねww
うふふふふふふ←?

コメントありがとうございました!!

2015/12/06 (Sun) 01:55 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/06 (Sun) 18:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/06 (Sun) 22:27 | # | | 編集 | 返信

なんだとー!

チカ*しゃん♡

ユノさんに向かって「優しいだけじゃダメよ」って言ったオンナ、出てこ〜い!ぶん殴ってやるο(`^´*)!!

2015/12/07 (Mon) 08:40 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメゆ*様。

ゆ*さん♡
あへへへ(笑)ついてくユノもユノですね(笑)
もう好きなんじゃないのぉぅ(笑)
いやチャンミンの舌は壊れてるだけだと......(笑)私は思うんですよねww
いまだにユノシェプ......信じられない(笑)

こんな作者ですみませんw
コメントありがとうございました!!

2015/12/08 (Tue) 20:45 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメく*様。

く*さん♡
とても不思議な奴になってますねチャンミン。
常識人チャンミンなのにね。
まぁパラレルだから許して下さいww
今後にご期待♡←考えてないくせに(笑)
ユノの事はそうなんです。私も書いた時違和感......と言うか実感かな......がありました!!30!!って(笑)
でもそれもヤらしいと思ってしまった私はもう腐ってる以外の何者でもありません。(笑)
読者様が思ってるほど深く考えてない私ですみません。
こんな私ですがこれからもお話にお付き合い頂けたら嬉しいです♡

コメントありがとうございました!!
く*さんもお体ご自愛下さい!

2015/12/08 (Tue) 20:54 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: まりユノ様。

まりユノさん♡
あはははははは!!
でも私そういう派ですねどっちかって言うと(笑)
でも私が言ってんじゃないですよ(笑)
まりユノさん怖ーーい(笑)

コメントありがとうございました!!

2015/12/08 (Tue) 21:25 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント