See more details
Title List

モトメモトメテ #9

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。











チャンミンの息が俺の耳にかかる。


なんなんだ。本当に。


















俺はもう。たまりかねた。


「チャンミンっ。わざとやってるだろっ?!」
「?」


違うって言うのか?
そんなにびっくりした顔をして。


「と、とにかく。ちょっと下がってくれないか?」
「なんでですか?」
「な、なんでって…。近いからだって!」
「近いとどうして駄目なんですか。」


あぁ~もぉ。
一から十まで言えってのか。


「照れるからだよっ。」


くそっ。


「照れる…。」
「そーだよっ。」
「照れる…。どうしてですか?」


勘弁してくれ。


俺だって分からないよっ。


「照れるのは……照れるからだよっ!」
「全くわかりません。」


うるさいっ。


俺は皿を又洗い出したんだけどなんかチャンミンが気になって…。


あ。


って思った時には遅くて。
茶碗を滑らして落としたらガシャンって言って見事に割れた。
俺は焦って破片を手にして。


「ごめん…っ……ったぁ。」


指先から血が滲んだ。
そしたらチャンミンがガシっと後ろから抱き締める格好で俺の手を掴んで自分の口に持っていった。


「あ………。」


暫く吸われて。
俺は我に返った。


「チャンミンっ。」


チャンミンから指を引いた。


「………?」
「や…めろよっ。」
「どうしてですか?」


また。



どうしてかよ?



なんでもかんでも俺に言わせる。
お前もしかしてやっぱりわざと?


チャンミンは黙った俺の指を又掴んで口に含んだ。


あ。


俺は今度は逃げなかった。
なんで?


だって。


こんな時は優しいんだ。と思って…。


痛くない。


「………チャ、ンミン。もういいよ。」


チャンミンが舐める指が…生ぬるくて…気持ち…いい。
舌はとても滑らかで。
そしてチャンミンがくっ付いた背中が熱くて…たまらなかった。


「チャンミン……。」


俺は思わず後ろのチャンミンに凭れかかった。
チャンミンはしっかり受け止めてくれた。
それでも俺の指を舐め続けるチャンミン。


「もう…やめて。」
「………。」


せがんでみてもチャンミンは聞いてくれない。


「チャンミン……。」


俺……マジで。


こんなの困る…。


「離して……大丈夫だから。」
「………。」


チャンミンはやっと離してくれた。
でも背中はくっ付いたままで後ろから回された手。
完全に抱かれてる俺。


チャンミンは俺の指をマジマジと見てる。


血は止まってた。


「な。大丈夫だから。」
「はい。カットバンを貼りましょう。」
「大丈夫だって。」


俺は今度は手を引いた。


「それより茶碗…ごめん。」
「いいです。」
「片付けるよ。」
「僕が。」
「いいよ。」
「片づけくらいは出来ますから。」


そうなんだ…。


チャンミンが背中から離れた。
あぁ。
離れちゃった。


って俺何言ってんの。


チャンミンは意外に素早く割れた破片を片付けて、残りの皿を洗う。
本当に出来る。


俺はチャンミンの傍で意外なチャンミンに見惚れてた。


そして結局チャンミンにカットバンを貼られる。


「………。」
「これで大丈夫です。」
「最初から大丈夫だって。」
「意外にドン臭いんですね。」
「そ、それはお前が……っ。」
「?」


チャンミンの不思議そうな顔。
やめた。
また、どうしてって聞かれて墓穴を掘る。


「なんです?」
「なんでもない。俺はどうせドン臭いよ。」
「?」


俯いた俺。
チャンミンが相変わらず近くておでことおでこがくっつく。


「………。」


近いって。だから。


「かわいいです。」
「は?」


俺は固まる。


「ドン臭いあなたもかわいいです。」


そして今度は前から抱き締められた。


い。





痛い。





痛いっ。






いや。それより今なんつった?






いや。さっきは優しかったじゃん。






いや。かわいいってどう言う事。






いや。俺の頭パニックだ。








「かわいいな。あんた。」
「……なっ/////。」







俺は言葉にならなかった。










不器用で変わってて何も知らないのかと思えば。










チャンミンって。















突然やたら甘い言葉を使うんだなと思った。

















俺は間違いなくそんなチャンミンにドキドキしてた。



















*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
















関連記事

COMMENT

あらぁ?

チカ*しゃん♡

チャンミンさんの感じが変わってきたよ?
甘〜くなっていくのかなぁ?
( ^ิ艸^ิ゚)

2015/12/13 (Sun) 00:10 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/13 (Sun) 02:12 | # | | 編集 | 返信

キャー(/ω\)

ぽやんとしてるようでミンは実はかなりの策士だと確信しましたね。(*´艸`)
ユノよりなあたしだけどユノをアタシと置き換えてハグされるのを激しく妄想し悶える朝……(/ω\)

2015/12/13 (Sun) 09:05 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

チャンミン ゆのしぇぷより手際良さそうだし( 艸`*)ププッ
でも お皿割っちゃったおかげで
あま~いバックハグ お指ちゅぱちゅぱからの
どんくさいあなたもかわいいって 
で・・・痛いほどに抱きしめられてるんですよね? 
もう~~~期待しちゃいますよ いいですか

2015/12/13 (Sun) 12:41 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/13 (Sun) 22:47 | # | | 編集 | 返信

「あんた」
フォーーー♪───O(≧∇≦)O────♪

豹変ぶりに、どちどちです!

2015/12/13 (Sun) 23:47 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント