See more details
Title List

モトメモトメテ #18

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















俺は一気に家まで走った。
疲れた。
息が切れた。


そして哀しい。



















俺は玄関の鍵を開けて部屋に入ろうとしたその時だった。
デカイ手が玄関の扉を掴んだ。


ひぃあっ!!!


強盗?!


俺金は持ってないよっ。バイトだからっ!


でもその手。
見覚えがあった。


それはいつも綺麗に箸を持って食事をする。
手あわせて頂きますとご馳走様をする。手。


「チャンミンっ。」


振り返ると間違いなくチャンミンだった。


「あんた。はぁ。足速いな。はぁ。」


チャンミンは肩で息してた。


「なんだよっ。何してんだよっ。」
「追いかけてきたんでしょう!」
「ストーカーかよっ!!」
「スっ?!なんでそうなりますかっ!」
「だって人の後付けてきたんだろっ!」
「だから、なんでそうなりますかっ!人聞きの悪いっ。追いかけて来ただけです。あなたが逃げるからっ。」


チャンミンはお腹も空いてない筈なのにイライラした顔で言った。
逃げるだろ。
そりゃ逃げる。


お前はなんで追いかけてきたんだよ。


もうわかったよ。
わかったから帰って。


俺は部屋の中に入ろうとする。
それをチャンミンが阻止する。
ガタイがいいから力もある。
負けそう。


「やめろよっ。」
「じゃあ、話を聞いてください。」
「聞きたくないっ。」


俺は何とか身を扉の内側に入れて扉を閉めようとするんだけどチャンミンがさせてくれない。
それどころかチャンミンも身を突っ込んできて…。


「おいっ。」


わっ。


中に入ってきたチャンミンは俺を壁に押し付けた。


痛いっ。


「痛いよっ。痛い、痛い、痛い!」
「はっ。ごめんなさい。」
「お前、本当に、痛い。」


チャンミンは力を抜いたけど離してはくれなかった。


「離して。」
「駄目です。」
「お願い。」
「無理です。」


俺はチャンミンから顔を反らして困った顔をした。
困った。


「そんなに僕が嫌いですか?」


え?


そ、そんな訳ないじゃん。
好きで困ってる。


「あのお金の事は…僕はただ…。」
「…後悔してるんだろ?」
「は?」


チャンミンは一瞬力が抜けた。
俺はその隙を逃さなかった。
チャンミンの手から逃れて玄関の外へチャンミンを押しやる。


「ちょ、ちょっと待って下さいっ。」
「後悔してるのは分かった!これまで通り接する様に努力するからっ、帰って。」
「何を言ってるんですかっ?!」


チャンミンが焦ってる。
いつもクールなのにこんなチャンミンも珍しい。


「ちょっとっ、あなたっ。」


チャンミンは又扉をこじ開けて入ってくる。


「やぁ……っ。」


もう。変な声が出るっ。


「あんたっ!!」
「ひい……っ。」


結局壁に押しやられた俺。
チャンミン近いっ、


「あのお金はですね、責任をとろうと思ってっ。」
「せ、責任?!」


やっぱり手切れ金だ。


「そんな必要ないし、お金じゃなくて言葉にしろって言っただろうっ。」
「だから聞いてください。僕っ。」
「いいっ!!聞かないっ!あーあーあーあーあーあーーーーーっ。」


俺は耳を押えて叫び続けた。
聞きたくない。
聞きたくない。


「ユノっ!!」


んあ。


チャンミンに名前呼ばれたぁ。


初めてじゃないか?
チャンミンの甘い声で名前を呼ばれて意外な程ドキッとした。


思わず力が抜けて、チャンミンに耳を塞いだ両手を掴まれて耳から離された。
やっぱりその力は力づくで、


痛いし。
怖いし。













「痛い…っやめて……っ。」















「ユノ!僕とお付き合いして下さいっ。」














は?













な、何?















なんて言った今?
















俺はびっくりしてびっくりして、
















チャンミンが俺の手を引いてキスをしてきたのも抵抗する事も出来ずにしっかり受け止めた。



















それは、歯がガチンってぶつかって力任せの最低最悪のキスだった。




























*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
















関連記事

COMMENT

えらい!
よくぞ、追いかけた!チャンミン!!!!

2015/12/23 (Wed) 00:22 | ふなぴ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 00:28 | # | | 編集 | 返信

えー?

チカ*しゃん♡

(*゚∀゚*)ムッハー
逃げるから追いかけた
だよね、それ以外ないよね。

言葉足らずの行き違い、解消されるのか?( ^ิ艸^ิ゚)

2015/12/23 (Wed) 00:31 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 00:44 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 01:04 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 01:07 | # | | 編集 | 返信

わんこチャンミン追いついたあ~
告白した~
しかし 言葉も体もコミュニケーション能力がっちょっとアレなんで
まだまだ心配

おばちゃん 今から靴持ってゆののお家まで駆けつけますっ
だってゆののこと裸足で追いかけてそうですよね

2015/12/23 (Wed) 08:04 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/23 (Wed) 09:32 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント