See more details
Title List

ヒョンとエッチなことはじめました。#01

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。












「あぁ…っ。」



















「ひょん…ひょん……っ。」
「チャンミン……。」
「気持ち……い……ひ。」
「気持ちいいのか?」
「う…ん…っ…うん…っ。」


僕はこれ以上ないってくらい感じてて、ヒョンの体に、もう、くらくらしてた。


気持ちいい…。


どうしよう。


僕は声が抑えられなかった。


「ヒョン……ヒョンんんん。」
「チャンミン。イっていいよ?」
「や…です……。や……っ。」


恥かしい様な甘い声が出る。
自分で自分の声に赤くなる。
いや。ヒョンがよ過ぎて火照ってるんだ。
ヒョンのきめ細かい肌が、ヒョンの綺麗な指先が、ヒョンの甘い声が。
全てが俺を熱くする。


「いやなのか?チャンミン…。」
「いや…です…ぅ。」
「困ったな。」
「ヒョンと一緒にイクぅぅぅ。」


はぁはぁ。
もうヤバイ。


「イクの?一緒に?」
「はい…一緒が……い……ぁ。」
「いいよ…チャンミン。」
「あ……ふ……ひょん……も……だ、め。」


僕は足に力が入る。


気持ちいい…。
すっげ。
すっげ。
いい。


「チャンミン…。」
「ヒョン…ヒョン…ヒョン…。」
「うん。かわいいな。チャンミン。」
「あぁ…?…ぁっ////。」
「イク……チャンミン…っ。」
「ひょ……ん……ん…ん…っ。」


僕達は一緒に果てた。















「はぁ。はぁ。」
「……。」


僕達はベッドで力尽きてた。


「チャンミン…叫びすぎ……。」
「だって……。」
「俺より喘いでたよ。」
「喘いでって////。」
「だってそうでしょ?」
「う……。」


確かに……。


だってあんまり気持ち良くて…。


「ヒョン……大丈夫でした…?」
「大丈夫じゃない。」
「えぇっ。」


少し怒ったようなユノヒョン。
僕はオロオロになる。


「チャンミンは気持ち良かったかも知れないけれど。俺は初めてだし痛かったよ。」
「ですよね……。」
「ソレなのにチャンミンったらガンガン突いてくるし。」
「ごめんなさい……。」
「もうしないから。」
「えぇっ!!!!!」
「だって痛かった。」
「そんなぁ。」


そう…。
僕ってばあんなにあんあん喘いでいたけれど、ユノヒョンの方が抱かれてくれてて、俺が抱く側だったんだ。


それも今日初めて。


なんでそんな事になったかって言うと……。














今日はヒョンの誕生日だった。













以前からヒョンが好きで好きで好きだった僕は毎年一番にユノヒョンに誕生日が来るとラインでユノヒョンにお祝いのメッセージを入れてた。
もちろん今年もだ。
そうすると必ずヒョンは返事をくれる。
たったそれだけの事が嬉しくて嬉しくて。僕は舞い上がるくらいユノヒョンが好きだった。


今年はなんとツアーの真っ最中でユノヒョンとその瞬間を日本のマンションで一緒に過ごしていたんだ。
日付が変わる時、ユノヒョンは目の前にいたのに僕は言葉にするのが照れくさくてラインを送った。
「誕生日おめでとうございます。」って。
ユノヒョンは携帯をのぞきながら、くすくすと笑って僕の顔を見ながらラインで返事をくれる。
「嬉しいよチャンミン。」なんて。
そんなやり取りに僕は凄く恥かしくなってユノヒョンの顔が見れなかった。


「なんだよ。チャンミン。」


傍にいたてずっとらいんで会話もおかしい。
先にユノヒョンが口を開いた。


「なんだよ。と言われましても…////。」
「ありがとうな。」
「いえ…////。」


ユノヒョンはやっぱりくすくす笑ってる。
失礼な人だな。


「チャンミン?」
「な、なんですか?」
「俺に何か言う事があるんじゃないの?今日は俺の誕生日だよ?」
「誕生日…ですが…???」


おめでとうはラインで言った。
他に何があるって言うんだ。
ヒョンは何を言ってるんだろう?


「俺、待ってるのに。」


え?


「チャンミン…。」
「は……はい。」
「こんなチャンスめったにないよ。」


ユノヒョンは僕が座るソファーの横に来て一緒に座った。
そして僕を覗き込んで「ん?」って首を傾げた。
どうなの?
どうするの?
そんな感じ?


「チャンミン…俺が好きなんでしょ?」


は?


は??


はー???


なんで?
どうして?
なんだって?
知ってるんですか?!


「な、な、な、な////。」
「分かるよ。分かりやすいもん。チャンミン。クス。」


又笑ったーっ!


「なっ////。」


な。しか言えない。


「どうなの?」


どうなのって。
ユノヒョンは待ってるってさっき言ってた。
ユノヒョン。
僕。
期待しちゃってもいいの?
だったら告白しちゃいますよ?
想いを伝えちゃいますよ?


「ユノ…ヒョン……。」
「うん。」
「僕……。」
「うん。」
「ヒョンを………。












 




 
 抱きたい。」

















ユノヒョンの口がぽかんって開いた。
そりゃそうだよね。
いきなり抱きたいって言われたらびっくりするよね。
でも思わず想いが溢れちゃったんだ。


それでもユノヒョンはヒョンの顔で言ったんだ。
それはそれは色っぽい顔で。


「いいよ。」


って。


え?いいの?


それってどう言う事?
やっぱり僕、期待しちゃう。


ヒョン。










ヒョンも僕の事好きでいいですか?










そんな思い込みだけで僕はユノヒョンを抱いた。











ヒョンの誕生日のこの日に。










あなたが生まれた大事なこの日に。










僕達は結ばれたんだ。













なんて奇跡だろう

















この時僕は、ユノヒョンの誕生日なのに僕が幸せで幸せでどうにかなりそうだった。




















-------

安心してください。
ミンホですよ(笑)






更新がいつもの時間より遅れてしまいました。
眠気には勝てなかったです……汗
でも更新したかった。
だって今日はユノの誕生日だから♡

ユノ。お誕生日おめでとう!!!
やっぱり今年もあなたが大好きですww

なんか予告どうりの新連載となりましたが変な滑り出しになりました(笑)
インパクトが薄い!!
と言う気がしてならない。
なんとか挽回しますww
又お付き合い頂けたら嬉しいですm(_ _)m






*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
















関連記事

COMMENT

チカさん、新連載
読めて嬉しいですーー

ユノさん、お誕生日おめでとう!!

会話はホミンチックなのに
やはりミンホというーー(;≧д≦)

また、切なくなったりしてしまうのかしらと、どちどちであります

続きを楽しみにしておりまーす!
*\(^o^)/*

2016/02/06 (Sat) 07:17 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/06 (Sat) 09:13 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/06 (Sat) 12:38 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/06 (Sat) 17:27 | # | | 編集 | 返信

チュッカヘー!

チカ*しゃん♡

「僕、ヒョンを、抱きたい。」
いきなり、かい!?
なのに、最初はぽかんと口開けてたユノさんも「いいよ。」って。
いいんかい!?

『ユノヒョンはヒョンの顔で言ったんだ』
って、当たり前やん!ってツッコもうと思ったら
『それはそれは色っぽい顔で』

あー、マイッタ!この二行でオチた(笑)

またしばらく、チカちゃん節を楽しめる( ^ิ艸^ิ゚)ブヘヘ

2016/02/06 (Sat) 23:30 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/06 (Sat) 23:36 | # | | 編集 | 返信

インパクト充分でしたよぉ~
もう始めてるっ( ゚д゚)!!
あれ?この展開?まさかの( ゚д゚)!!
心配しましたよぉ~
でも みんほみんほ (;≧∇≦) =3 ホッ

あま~いBIRTHDAYステキでした
幸せになれました
この告白スゴイ好き

ユノさんのちょっと心配な発言もあるけど
まだ始めたばかりだからっ
大丈夫ですよね?

2016/02/07 (Sun) 01:31 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

(*^O^*)

チカ様

わーい
「はじめました…」シリーズ
大好き!!
うれしいです

2016/02/07 (Sun) 21:35 | あさこ #- | URL | 編集 | 返信

チカさん、新連載ウレシー(≧∇≦)
ユノセンイルの良き日に、こちらがプレジェント頂いた気分です。
インパクトハンパない題名におっぱじめてくださるミンホちゃん達・・・(♥ω♥*)

もちろんチカ様のペースで!そし僕読み返しながら待ってます(♡´艸`)(✽´ཫ`✽)

2016/02/07 (Sun) 23:25 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/09 (Tue) 02:41 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント