See more details
Title List

ヒョンとエッチなことはじめました。#35

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。













僕は楽屋でただイベントが終わるのを待った。

















クソ。


足が痛い。


こんなヒール履いたせいで。


女装なんてするんじゃなかった。


僕は捻挫してない反対の足の履いたままだったヒールを脱いで投げ捨てた。
ヒールはガコンと壁にあたって落ちた。


「………。」


なんか虚しい。


僕は椅子に座って悶々と考えるばかり。
あぁ。こんな格好、もう脱いじゃおう。
どうせイベントには出れないんだ。


僕が背中のファスナーに手をかけ、数センチ下ろす。
あ、届かない…。


そこで楽屋のドアが開いた。


「チャンミン、大丈夫か?」
「ヒョンっ//////。」


なんか、意味もなく恥ずかしくなった。
女みたいにファスナーを下ろして脱ぐところを見られた。
ユノヒョンは何にも思ってないみたいだったけど。


「ちゃんと座ってろ。」
「脱ごうと思って……。」
「あ?脱げるか?」
「あ、え//////と。脱げなくて……/////。」


変な会話だ。


「脱がせてやろうか?」


ますます変だ。


「は…い……/////////。」


照れてる僕がおかしいのか?ってくらいヒョンは普通に僕の背中のファスナーを下ろす。
やけに慣れてる?なんて思ってしまう。
小さな嫉妬。
距離もうんと近づいて。
ヒョンのパフォーマンスは終わったのか少し汗の匂いがした。


汗の匂い…。


なんか……クル。


「あ……////ヒョンは…もう出番終わったんですか…?」
「……うん。終わった。」
「そうですか。上手く行きましたか…。」
「うん……。」
「あ……りがとうございます。後は自分で……/////。」
「…チャンミン…。」
「えっ?!/////」


ヒョンの静かに僕を呼ぶ声。
開いたままの僕の背中に息がかかった様で僕は僅かに震えた。


「チャンミン…」


又。
かかる。


息が。


ユノヒョンの息が。


僕の背中に。


「ヒョン……っ///////。」


声が上ずってしまって、恥ずかしさに僕は俯いた。
僕ってば、なんて声を…。


「チャンミン。」


ユノヒョンは僕の開いたままの背中に突然抱きついてきた。








「ひゃっ…/////////。」











僕は又変な声を出してしまった。









「チャンミンっ。ごめん。」








え?









「ユノヒョン……。」











僕の方こそ。












僕の方こそ。
ごめんなさい…。









僕……僕。











僕は背中のユノヒョンの感覚に完全に勃起してしまってた。























----
勃起しちゃったんかぃっ。








ご心配をおかけしております💧
パパ。あれから何も言いませんがなんか怪しいと思ってるんでしょうなぁー(笑)💧
気まずいッス(笑)



そんな中勃起しちゃいました(爆)
次回どうなりますか?!

読んでくださってありがとうございましたm(*_ _)m
コソコソ頑張ります(笑)
又遊びに来てやって下さい!!

アメブロも同じ時間に更新してますm(_ _)m
まだ飛ばされないかな…汗
まだアメパトさん見逃してくれるかな…汗



*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました♡
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
















関連記事

COMMENT

むふ

チカ*しゃん♡

ダンナに知られたら気まずいよねー
子どもよりはマシだけど。

そんでもって、おふたりはいい感じに仲直りしそう?
いいところで急にジッパーが引っかかったような、ってことにはならなかった?

ドレスの背中のジッパー下ろして、むき出しの背中が目の前にあったら…
ガマンなんかできないよねぇ、ユノさん!
ユノさんだって、おっきしてるよねえ( ^ิ艸^ิ゚)

2016/04/04 (Mon) 00:35 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

ヤッホー

チカ*しゃん♡

アメブロ消えてた(;´д`)

2016/04/04 (Mon) 00:50 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/04 (Mon) 01:17 | # | | 編集 | 返信

パフォーマンスが終わったばかりのユノヒョンの汗の匂い
はああ~くんくんしてみたい~

クルよね~( ๑´艸` ๑)

でもってユノひょんは脱ぎ掛けのセクシーなお衣裳のジッパーさげて
チャンミンのむきだしの背中があらわれたら

クルよね~( ๑´艸` ๑)

大丈夫?なかなかタイミングがあわない2人だけれど、今回大丈夫?
疑心暗鬼にとらわれて~♪ますけど、キタのかな?
毎度うきうきしながらいちゃこらお待ちしちゃいます~

パパさま何もおっしゃらないのですか?
忙しい日々の中で忘れ去っていただけますよう切に願っております。
こそこそ頑張ってくださってありがとうございます。

2016/04/04 (Mon) 02:16 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

うん!キタ〜ッ❣️

ユノヒョンの汗の香りと、チャミの無防備なそそる背中…
あぅぅ…ε-(´∀`; )
これは間違いなくくるよね〜⁉️
こなきゃおかしいよね〜⁉️
待ってるよん❣️

パパ様…何もコメントしてくださらないか…。
いっそ、あれは夢?って事にしていただけたら幸いです。
お願いします。心待ちにしている私たち読者の為にも…勝手な私の要望でした。

2016/04/04 (Mon) 10:49 | nawomi #i4TZoBy2 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/05 (Tue) 10:03 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント