See more details
Title List

ヒョンとエッチなことはじめました。#43

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















「チャンミンっ。」


ユノヒョンの不安げな声。
そそられる。


すげぇー
やばい。


「大丈夫ですよ。いきなり挿れないですから…。」
「じゃあっ!」


ユノヒョンは少し暴れた。
この格好が嫌?


丸見えだもんね?


パンツを足に引っ掛けて広げて折り曲げられてるから伸びたパンツの合間から秘所が見え隠れするのもいやらしい。


「ヒクヒクしてるよ/////。ヒョン。」
「…っ/////。」


ユノヒョンの勃起したチンポは僕には触って欲しい様に見えた。
ゆらゆら。ゆらゆら。
僕が足を押えて揺らすとユノのチンポもゆらゆら揺れてユノヒョンは顔を逸らして照れた。


「早く……////。」
「早く?」
「……////。」


僕はジロジロそこを眺めて馬鹿みたいに興奮してた。
眺めれば眺める程、ユノヒョンのは大きくなるし。
本当たまんねぇ…。


「早くなんかしろっ/////!放置かっ。」
「なんかって////?」


見てるだけでも興味深かった。


「な…なんでもいいからっ。」
「じゃあ舐めるね////。」
「……っ/////。」


僕はくの字にしたままユノヒョンのチンポに顔を埋めてそれを舐めた。
ユノヒョンのそれの先端からは一気にジワっと我慢汁が溢れてきた。
変な味。
でも美味しい。


「………っ/////。」


根元から先端に向かって裏筋を舐めるとユノヒョンは鳴いた。


「…っぁ!」


その声もとてもいやらしかった。


ユノヒョンのチンポは舐めるとゆらゆら揺れて舐めにくいから根元を握って舐めた。
余計善かったのか更に我慢汁が溢れてきた。
ぺろぺろ舐めて反対の手でユノヒョンの蕾にも触れる。
まだ挿れはしない。
トントン叩いてユノヒョン自身のヌルヌルした我慢汁を擦って撫でた。
ユノヒョンはとても感じててあっと言う間に一回目果てた。


まだ一回目だ。





まだ。







まだまだだ。
















僕はもっとユノヒョンを感じさせてあげたかった。


























--
つづく。
小刻みだな…おい。(笑)



でもなんか書いてて恥かしかったぞ(笑)

*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました♡
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m


↓ここからは自分で作りました(笑)ポチお願いします!

















関連記事

COMMENT

あはぁ

チカ*しゃん♡

読んでんのも恥ずかしかったぞ(笑)
ユノさんの格好、想像するだけでイきそう(〃艸〃)

2016/04/16 (Sat) 01:42 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/16 (Sat) 01:55 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/16 (Sat) 09:08 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント