See more details
Title List

300,000回拍手記念。息もできない。#5

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。













僕達はあの時。























なんでだったんだろう。
どうしてだったんだろう。


自然とキスをした。


今までもちろんそんな事したことはない。


重なっただけの一瞬のキスだったけどはっきりその感触も温かさもしっかり覚えてる。


と言うより
僕はずっと忘れられないでいた。
















あの後、途中になってしまった式が再開して。
僕は教会の一番後ろの席でこそっと。
祭壇の二人を見守りながらも。


思い出してた。


そして二人は誓いのキスを。








さっき僕とキスしたばかりのユノの唇は。









彼女のと重なった。










ユノは結婚したんだ。












本当に。




















結婚してしまったんだ。











































































--------あれから1年。

























ユノは意外に何も変わらなかった。


結婚して状況が変わるのは女性の方で男は結婚前と同じ仕事をして同じ人間と付き合って、ただ家に帰れば奥さんがいるって言うだけで。
帰らなければ何も変わらないのかも知れない。


僕達は今日。新曲のダンスのレッスンで1日スタジオにいた。


僕は忘れる筈がなかった。
今日という日がユノ達の結婚記念日だという事。
あの結婚式の日の事。


抱き締めあった事。
頬を寄せ合った事。


キスをした事。


何ひとつ。
















「はぁはぁ……。」
「大丈夫か?チャンミン。」
「はぁ~……まだやるんですか?」
「やるよ。」
「マジか…。」


もう。23時回りましたけど?
帰らなくていいんですか?


もしかして忘れてるんだろうか?
今日があなた達の結婚記念日だって事。


まだ1年目だ。
バリバリの新婚だってのに。
ユノに限ってそんな事はないか?


ユノのダンスも変わらなかった。
変わらずカッコイイ。


かっこいいな。


一人で何度も振りを繰り返し確認するユノ。


思わず見惚れる。


ユノがこっちを見て、目が合ってしまった。
やばい。


「おい。サボってんな。」
「休憩です。人聞きが悪いな。」
「いいから。早く合わせて。」


僕は正直ユノを帰したくなかった。
そりゃそうだろう。
あの日から僕だって変わっちゃいない。


ユノへの気持ちもなんら変わりはないんだ。


「もうちょっと待って下さいよ。」
「はーやーくー。」
「い・や・だ。」
「チャンミンっ。」


なんですかやっぱり早く帰りたい?
じゃあ帰ればいいのに。


奥さんのところに帰って結婚記念日でも御祝いしたらどうですか?


止めはしませんよ。











僕には止める事ができないだけですけど。




















「あ~も~。じゃあ少し休むか?」


ユノはそう言って転がって落ちてたペットボトルを拾って手に取ると僕の横に来て座って飲んだ。


時間稼ぎに成功したか?
僕も大概セコイ男だ。


それにしても。


「………。」
「どうした?チャンミン。」
「………。」


ユノの近さ。
こんな広いスタジオの中でくっついて座る僕達の距離間も。
ずっと変わらないな。


「いえ。」


嬉しい。


ユノと近いのが嬉しい。


こんななんでもない事が変わらないのが。






嬉しいんだ。









好きだなって思う。



















もし。














又。

















キスをしたらユノはどんな顔をするかな。

















なんとなく僕達は黙ってしまい、お互い下を見た。
















そしてからお互いを気にする様に顔を見合わせた。
















ユノの口は少し開いてて僕を誘った。

















視線が絡んで。



















僕が微妙に体を傾けて顔を近づける。


















そしたら、あ。って顔をしてユノの口は更に開いた。





















でも次の瞬間には口も目もぎゅっと閉じられて、それが思わず笑ってしまったくらいかわいくて。



















どうぞと言わんばかりの顔のユノに僕はキスをしたんだ。



















一年振りの二度目のキス。























それは、最初よりちょっとだけ長かった。













































---

昨日は更新できなかった~。
殆ど書き上がってたんですけど最後のキスだけがうまく書けなくて。
珍しく。本当いつもえいっって更新しちゃうんだけど(笑)
今日もそのキスだけに二時間悩んだと言う(笑)
なのに。なんじゃらほい。って感じww。

息もできない感。伝わったかな…。









*ランキング*参加中。
画像はまろり~な様に作って頂きました♡
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m


↓ここからは自分で作りました(笑)ポチお願いします!

















関連記事

COMMENT

ユノの息もできないくらいの緊張感と期待感。そして背徳感ジワジワと伝わって来ましたよー゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
1年ぶり、そして一年前より長く深いKiss。そのまま堕ちていっちゃうのかしらん❤❤

昼ドラ感ハンパないわ〜。ドキドキ😍

2016/04/29 (Fri) 07:14 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 09:57 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 19:56 | # | | 編集 | 返信

このお話、、、好きです。
息できない気持ち。。。伝わります。。。
更新ありがとうございます。

2016/04/29 (Fri) 21:09 | ふなぴ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/29 (Fri) 22:15 | # | | 編集 | 返信

トクン。トクン。

チャンミンの鼓動が聞こえてきそう。静かな2人だけのスタジオで美しい映画のワンシーンみたいで素敵です。
ぜひ本人に実写化してもらいたーい‼︎

でももう、他人のモンなのね〜(つД`)ノ
切なくさせますね〜!

2016/04/29 (Fri) 23:07 | ニコ☆キチ #PMQi97Hw | URL | 編集 | 返信

伝わりました

こんばんは Chikaさん
はじめてコメしますが、それはもう毎日読ませて頂いています そし僕が好きで、特にユノが怒ったシリーズは愛読です!今回の息もできない、タイトルも良いですよね ユノが結婚してるのは受け入れられないので(おいっ)スルーして読んでます これから楽しみです 最後のキッスシーンも良かったです←上から目線ではないです いつもありがとうございます

2016/04/30 (Sat) 01:18 | sasonzu #tbHJ4Obc | URL | 編集 | 返信

今度は

チカ*しゃん♡

ユノさんの息が止まってる〜(〃艸〃)

結婚記念日なんて、ユノさんには関係ないんだよね。
私生活より、仕事!
彼女より男友だち!
それがユノさん!!

だったらなんで結婚なんかしたの?

2016/04/30 (Sat) 10:03 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

しゅてきなキスシーンでした
読んでてじゅわわ~~~んと沁みてきます
どきどきもせつないも愛しいもいろいろ詰まったキス

繰り返し3回読みました

本当は2人とも切実に気持ちを求めあっていて
思わずで・・・だけど必然のキスシーンだと思いましたが←願望?

この先の展開もとっても楽しみです

2016/04/30 (Sat) 18:22 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント