See more details
Title List

300,000回拍手記念。息もできない。2 #4

ミンホ小説です。
ユノが受けです。

ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














ユノの浮気説はあっと言う間に世間に広まった。































ただ相手が僕だとは誰も思わなかっただけ。


男で元々一緒に暮らしていたメンバーの僕の所に住み付いているという事は、そんなに深く考えるところではない。
ただのメンバー。仲間。というだけだ。


僕が女だったら…。


僕のこの胸のつっかえはなかったかも知れない。
僕が男であるからメンバーであり、仲間であり、疑われる事はない。










僕は世間ではユノの浮気相手にもなれないんだ。


























ユノが家に戻ってからも僕達は普通に仕事で合う訳だけど別にユノに変わった素振りはない。


ユノが帰った次の日も。


「おはよう。チャンミン。」
「あ…おはようございます……。」


至って普通のあなた。


昨日はどんな顔をして帰ったんですか?
奥さんとは何を話しましたか?
僕は気になって仕方ないのに。


「昨日の突然の雨。酷かったな。」
「あ…ぁ。そうですね。」
「降る前に帰れたか?」
「えぇ。」


ユノはなんでもない会話。


「チャンミン…?」
「はい?」


ユノは座ってスマホを弄ってる僕の前に立った。


「怒ってるの?」
「………怒ってはいません。」
「そう?」
「ただ気に入らないだけです。」
「やっぱり怒ってるんじゃん。」
「そうじゃなくて。」


僕はスマホを机の上に置いてユノの腰に手を伸ばすとユノはすっと僕の方に寄って来て僕が更に引き寄せると膝の上に跨って来た。
ユノのぱつんぱつんのお尻を撫でる。


「チャンミンのスケベ。」
「ユノだって。もう大きくしてるじゃないですか。」
「してないよっ。今日の衣装は窮屈だからそう見えるだけっ。」
「触ってみたら分かっちゃいますよ?」
「触っちゃ駄目だ。」
「やっぱり硬いんだ?」
「……うるさいな。仕方ないだろ?昨日途中だったし。」


あぁ。そうでしたね。
その後あなたは帰ってしまったけど。


「帰ってしなかったんですか?一人で。」
「で…////できる訳ないだろ。」
「奥さん……とも?」
「する訳ないだろっ。」


今度はユノの方が少し怒っていたかも知れない。


「どれだけってしてないよ。奥さんとは。したいとも思わないし。」
「どうして?」
「チャンミンがいるからだろ。」


僕は本当子供で。
そうやってユノが言うのも分かってるのに言わせて満足する。


「ユノ…したい。」


抱いて僕のものにしたい。


ただ。


そう確信したい。


「今は無理だろ。又誰が来るか分からないし。」
「今がいい。」
「無理だ。」


確かに無理だ。
それも分かってて我儘言ってる僕。


そして拗ねたフリをしてユノを困らせる。


歌番組の収録中。
ワザとユノに接近して映った。
時には耳打ちをする様に耳にキスをして。
無駄にユノに触れて。


それを奥さんが見ればいいと。


あなたの夫の浮気相手は僕だと言ってやりたかった。


「チャンミン…っ。」


収録中ユノは少し困った顔をして僕を見た。


















休憩に入って楽屋に戻るとユノはいきなり言った。


「何を考えてるんだよ。」
「別に。」
「ふざけすぎだろ。収録中なんだぞ。」
「ふざけてません。」
「チャンミン。」


ユノは少し怒ってた。


ユノが本気で怒ったら怖いのは知ってる。
仕事とプライベートを混同させてるって意味ではユノが本気で怒ってもおかしくない。


でもユノは少しだった。
少し怒ってるだけ。


僕の手首を掴んで名前を呼んだ。
誘われてるって分かる。


僕はユノの腰を抱くとユノも僕の腰を抱いた。
ユノは僕の肩に顔を埋めて。
ぴったりとくっつく。


もう。本当愛しい。


「ユノ…したいんだってば。」
「……。」
「ユノだってしたいくせに。」


耳にキスをして体に無駄に触れて怒ってるのは反応を隠せないからだ。


「わかったから……。」
「今日は僕の家に来てくれますか?」
「でも帰るぞ。」
「それは任せます。」


帰りたくないくらいにしてみせる。







離れられない様に。







僕から。







離れたくない様に。

















シてあげる。































---

なんなんだこの我儘チャンミン。(笑)
独占欲が強いと言っとこうww





ユノはまんざらでもないのかな…?







結局どうなっちゃうんでしょう。
この二人。
(お前が聞くなよ。)








*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

















関連記事

COMMENT

リアル?

チカ*しゃん♡

これ、お話じゃなくて、まんまふたりの姿じゃん?
仕事中にコソコソ耳打ち、しかもユノさんがマイク持ってしゃべってるときにやるよね。
そんなにくっつく必要ある?ってとこでくっついてるし。
手つないで、腰抱いて、ステージの上で普通にやってるよ?

ユノさん、家に帰って何してたのかすごい気になる(˘∵˘)

2016/05/21 (Sat) 00:20 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/21 (Sat) 04:12 | # | | 編集 | 返信

衣装が窮屈だからそう見えるだけかどうか・・・
これは通常?違う。いくらなんでも違うだろ。
ちょいちょい悩むところなんですよぅ~
この前にちゃみと何してた?って。だからね。やっぱりな今日の2人。

ゆのは僕の。アピール・・・嫁は気づいてないのかな?

2016/05/21 (Sat) 06:13 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

なるほど!(´ёٹё)

たしかにリアルでもこんな事やってますねぇ。
そうか、そうだったのか。まぁわかっちゃいたけど、ヤッパリオレ達デキてますよのアピールだったんだー(o´艸`)
ヨイヨイ(┓^ω^)┛))ヨイ♪どんどん漏らしちやってください。
あっ、お話は...。ユノだけ非難されちゃうのかな?奥さんがわるいのに!

2016/05/21 (Sat) 06:18 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

フムフムなるほど(~_~;)

僕たち2人共スキンシップはしないほうです。
な〜んて言っちゃってるけど、かなり漏れまくりですよね〜❣️
私もそんな姿を目にすると嬉しくなります。
とくに、普段クールなチャンミンが『ユノは僕のもの』ってドヤ顔してるのを見られた時は、ラッキーって思います。

ユノ…どうなるのかな⁉️
苦しめられなければいいな〜法的な奥さんに( ̄O ̄;)

2016/05/21 (Sat) 12:00 | nawomi #i4TZoBy2 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/21 (Sat) 21:35 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント