See more details
Title List

恋の行方観察日記。#20

この物語は私の職場で巻き起こってる男の子二人の恋の行方を観察した日記です。
私の妄想がかなり入っていますが(笑)
どうせだからユノとチャンミンで記録してみますよ(笑)。

一応ミンホです(笑)

ご注意下さい(笑)





ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














昨日は散々だったチャンミン君は今朝も元気がなかった…。















朝イチから部長に呼び出されて話をしている。
その間、ユノ君はと言えば…


新しい区画担当になり机が変わっていた。
つまり。
もう二人は隣同士じゃないって事。
仲良く一つの机を半分ずつ使って、くっ付いて仕事してた二人は離れ離れになってしまったのです!!!


ユノ君は必死でした。


遅くまで残って仕事をしていました。


「あれ?」


チャンミン君が何かを探していた。


「……どうした?」


ユノ君は仕事をしながらチャンミン君を気にかける。


「あれ??」
「……だからどうした?」
「鍵がない……。」
「なんの?」
「バイク。」
「………。」


一人バタバタするチャンミン君。


「………。」


黙々と仕事をしていたユノ君。


「………。」
「あれ~?」
「……あぁ!もう!!俺忙しいんだよなっ!!」


ユノ君は突然立ち上がった。
そしてチャンミン君のバイクの鍵を探し出す。
放って置けなかったようだ…。


「昨日ちゃんと返した様に印鑑も押してる…。」
「そんなの当てになんねーだろ?」
「バイクの中とかカバンの中は見たのか?」
「見たよ。」
「ロッカーの中見て来い!」
「…うん…。」


ロッカー室に行ったチャンミン君。


「ないとか訳わかんねーしっ。なんで失くすかな。」


ぶつぶつ言うユノ君。








結局見つからなかった鍵。









「ぜってー家だし。」


ユノ君は仕事をしながらもぶつぶつ言ってた。











その日は違うバイクを借りて配達をしたチャンミン君。


翌日。


にこやかに「家にありました!」と言ってた。







流石ユノ君だと思った私でした。



























---

ちょっとチャンミン君がユノみたいになってきた………。

それにしてもユノ君の一連の行動が可愛くてww
仕事しながら。自分も仕事大変なのにチャンミン君が気になって仕方がない感じが萌えww

机が離れたのは残念だ…。





後厄のチャンミン君の不幸はまだ続きます。









*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/26 (Thu) 19:50 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/26 (Thu) 22:46 | # | | 編集 | 返信

なんか

チカ*しゃん♡

呪いとかっていうより………残念な感じが………( ̄▽ ̄;)

2016/05/27 (Fri) 00:36 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/27 (Fri) 01:50 | # | | 編集 | 返信

あら まだ不幸が続いちゃうの?
でもいいのよ~
なじぇってね?
ゆのくんがますますちゃんみんくんをほっとけないでしょ( ´艸`)むふふ

2016/05/27 (Fri) 10:28 | おねぎ #nlnTgiQk | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント