See more details
Title List

僕とあなたと…。#8






「チャ……ンミンっ!」



































唇が離れてからのユノの焦った顔。
ユノの視線は自然と僕の下半身に。


僕はユノとのキスだけでしっかり勃起してた。


「お前…っなんで……勃って……っ。」
「うるさいですっ!」
「うるさい……って。」
「出て行って!!」
「な…なんだよっ。お前が……っ。」
「いーからもう出て行って!!もう一回キスされたいですかっ!!!!」
「はっ?!」


ユノはビックリして僕に背中を押されながら、慌てて僕の部屋から出て行った。最後まで不思議そうに。


部屋で一人になった僕は、その場に座り込んだ。


「はーーーーー………っ。」


何した?


僕。


ユノにキスした?
それもディープなやつだ。


ユノの唇が唾液でテカってユノが手の平でそれを拭いたのがやけにエロかった……。


って僕どうしちゃったんだよーっ。
ユノにキスとかエロく感じるとかどうかしてる。





なんで?







僕…どこでスイッチ入った?????







自分でもわからない。

























翌朝。
キッチンで朝食を作っていたのは彼女だった。
もちろん姿はユノなんだけど。


僕はユノじゃない事にホッとする。
昨日のキスで顔が合わせづらい。


「ヒロオミ、おはよう。」
「あぁ。おはよう…。」
「もうすぐできるから。」
「……はい。」


僕はダイニングのテーブルに着いて座って待つ。


ユノは?……と聞きたかったけどやめた。
ユノは僕と話ししたくないのかも。
昨夜あんな事になってしまったし。


「ヒロオミ大丈夫?なんだか疲れているみたいだけど……眠れた?」


誰のせいだって言うの。
本当にこの女が混ざってから僕とユノの関係までおかしくなった気がする。


それにしてもユノがサクサク料理する姿……違和感がある。
彼女が料理してるんだから大丈夫なんだろうけど、なんとなく見ていられない。
怖すぎる…。


「どうぞ。」


女の子らしい盛り付け。
女の子らしい気遣い。
ユノからは考えられない。


「いただきます…。」


僕は手を合わせて挨拶をすると朝食を頂いた。


「どう?」
「うん。美味しいです。」
「良かった~。」


ぱぁっと笑った笑顔に僕は釘付けになる。
ユノってこんなに可愛かったけ?
いや、彼女だからか…。


まぁユノだって天然だしかわいいところはある。


って僕何を考えてるんだ。
ユノがかわいいっておかしいだろう。
ユノが一番嫌がりそうな言葉だ。
自分はかっこいいと本気で思ってる。
そりゃかっこよくもありますけどね。


「ヒロオミ?」
「はっ?」


もうヒロオミで反応してる僕もどうかと思う。


「今日はお仕事お休みなんでしょ?」
「えぇ。」
「私と一緒に出かけてくれませんか?」
「どこへ?」
「こっちの世界とはもうお別れですし……。」
「………。」


そうだった。
3日で成仏すると約束した。


「私…ヒロオミと良く行った遊園地に行きたいんです。」
「………ユノは?」
「え?」
「ユノは何って言ってますか?」
「今日は好きにしていいって。」
「………そう。」


今日は確かに仕事はOFFだ。
だからユノは一切出て来る気はないって事か?






そんなに僕を避けたい?





そんなに嫌だった?








僕とのキス。











でも最初にしたのはあなただ。
彼女だったかも知れないけど。











あなたが悪い。





















この女に好き勝手させるから。


「わかりました。食事を済ませたら出かけましょう。」
「はい!」


彼女は嬉しそうに笑った。
本当に無邪気に。
ユノってこんな顔まだできるんだって思うくらいに。


少し昔を思い出した。


昔は何も考えずにお互い無邪気に笑ってた。
いつからそれが出来なくなったんだろう。
いつからお互い意識して避ける様になったんだろう。


数日前、お互いが穏やかに久し振りに過ごした時間が嘘の様だった。


ユノは沈黙を守った。





僕と一緒にいるのはユノの筈なのに。







ユノは確かに側にいる筈なのに。













僕は完全に別人とそこにいた。



















ユノはどこで何してますか…?







































---

進みが悪いですねっ(汗)
ごめんなさい~





*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと3つ押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/28 (Tue) 00:29 | # | | 編集 | 返信

No title

チカさん アンニョンは

ユノが手際よく料理なんて違和感がありますね~!  

頭の中が こんがらがってます!

チャンミンは冷静に対応してますけどね。ユノ何処へ行っちゃったんですか?

2016/06/28 (Tue) 00:56 | マロン #- | URL | 編集 | 返信

No title

こんばんは〜!
やっと1人の時間になってホッとしています。

ユノどうしたんでしょう?そばにいますよね?
静観しているだけですか?
チャンミンの様子をジッとうかがっているのでしょうか?

近いうちにラブんちゅになりますか?
なんだか私、カラッカラに干からびてきてるような…((((;゚Д゚)))))))
梅雨もなんのその。ギブミー潤い(笑)

2016/06/28 (Tue) 01:37 | nawomi #i4TZoBy2 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/28 (Tue) 02:31 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/28 (Tue) 04:43 | # | | 編集 | 返信

いい感じ♡

チカ*しゃん♡

ユノさんとキスして、反応してるのを見つかっちゃったチャンミンさん。
ユノさんは平気だったのかなぁ…
ユノさんからキスしたのに。
カナちゃんだったとしても、ユノさんと意識を共有してるのに。

チャンミンさん、「ヒロオミさん」って呼ばれて返事してるね。

あと3日。
カナちゃんとのデートで何が起こるんだろう( ^ิ艸^ิ゚)

2016/06/28 (Tue) 08:28 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/28 (Tue) 21:39 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント