See more details
Title List

【コラボ企画】ネクタイにまつわるエトセトラ。(後編)

「Fragaria grandiflora Ehrh」のYUKAさんとのコラボ企画のお話です。

今回のお題は「ネクタイ。」です。
最終話です。
後編お楽しみ頂けたら嬉しいです。

お話は続きを読むから。





001.png
俺の腕は俺のネクタイで縛られてた。



















「チャンミン何するんだよっ。」
「いや。ネクタイがいっぱいあったので。」
「だからって……っ。」


なんで縛る?


「だって起きててって言ったのに寝てたから。お仕置きです。」
「……おい。」
「え?もしかしてちょっと興奮してます?」
「は…?馬鹿か。外せ。」


俺は身体を捩る。


「今朝はネクタイについてお話しましたけど、今夜はネクタイの使い方についてお教えしましょうか?」
「い……いらない。」


嫌な予感しかない。


「まぁ。そうおっしゃらず。」
「いらないって!!」
「ネクタイは正装には欠かせませんが知ってましたか?ネクタイはプチSMにも持って来いのアイテムなんですよ。」
「えす………えむ……。」
「はい♡」


チャンミンの生き生きした顔が怖いよぉ…。
















「待って。待って。」
「………こっちとこっち。こっちが……。」


おい。縛りすぎ!
そして真剣すぎだ!


「チャンミンっ!」
「痛くないでしょう?」
「痛くはないけど……恥かしいよ……。」
「それがいいんですよ。」


完全に変態チャンミンになってる……。
やばい。これはかなりやばい。
だって。


俺………ちょっと興奮してるかも………。


「恥かしい……っやめてチャンミン……っ。」


脚は膝をまげられたまま結ばれた。
腕は背中に回されて結ばれてる。


「まだまだこれからですよ。」
「いやっっ。」


どうされるの……っ。


チャンミンは俺のひくひく勃ち上がろうとしてる竿の皮を引っ張ってそれごと根元を結んだ。


「チャンミンっ!それはやめてっ!」
「どうして?」
「あ………ぁ……。」
「感じるの?」


チャンミンは最後に俺が今朝貸してやったネクタイを自分の首から抜いて俺の目を隠した。


「チャンミンっ……!」
「いい格好です。」
「やだ…怖い怖い怖い!」
「何もしませんよ。ただ気持ちいい事したいだけです。ユノは僕のする事だけ感じてて。」
「………っ。」


でも何も見えなくて何をされるのか分からないのは怖かった。


髪を撫でられて。
頬を撫でられて。
唇をチャンミンの指がなぞる。


「…………。」


チャンミンの近付いてくる気配。
俺はチャンミンに口付けされた。


それはこの格好をさせたチャンミンとは別人みたいに優しいキスだった。


















「ん……ん……。」
「ユノ……。」


チャンミンが俺の耳元で名前を呼ぶ。
いつもの数倍低くて甘く感じる。


俺からは何も見えないのにチャンミンは全て見てる。


俺の開かされた脚の間も胸も。
チャンミンがそっとなぞる度、俺はゾクゾクと感じた。
思いもしないとこをなぞってくるから。
見えないから…。


「チャンミン……目だけ……外して……。」
「どうして?」
「嫌なんだ…」
「駄目ですね。」
「チャンミンっ。」


意地悪を言うチャンミン。


「だって今日のあなたいつも以上に感じてますもの。」
「違う……っ。」


そう言っても体がそうじゃないって言ってるみたいで。
恥かしいのが入り混じって又身体は反応する。


「やめて……っ。離せ……っ。」
「それとも僕を待ちすぎたからかな?」
「………っ。」
「朝からしたかったんですよね?」
「違……っ。」
「待ってた?」
「………。」


そりゃあ待つだろう……。


「心配した?」
「………。」


そんなの当たり前だ。


チャンミンの意地悪。意地悪。意地悪。
その後、チャンミンに弄られ、挿入されても俺はされるままになるしかなかった。
抵抗できない俺にチャンミンは優しかった。
それがたまらない。


「チャンミン……チャンミン……。」


事が終わってチャンミンは一本ずつネクタイを外してくれる。
最後に目隠ししたネクタイを外された。


暗くてチャンミンの顔が見えない。
目が慣れてくると薄っすらとチャンミンが見えた。


「怒ってますか?」
「別に。」


怒っちゃいない。
ただ。


「でもやっぱり普通に抱かれたい。」
「そうですね…僕も普通に抱いた方がいい。」
「じゃあ今度はちゃんと抱いて……。」


チャンミンは頷いて俺にキスをくれる。


「ん……やっぱ顔が見えたほうがいい。誰に抱かれてるか分からなくなる。」
「そうですか…。たまには違うプレイもいいかと思ったんですが。」
「俺は普通がいい。かっこいいチャンミンが見れたほうがいい。」


そう言ったらチャンミンの奴でゅふっと笑った・


ネクタイを外した状態で今朝のスーツのままのチャンミン。
ネクタイをしてカッコイイと思ったけれど
首元を緩めた感じもカッコイイ。


いい男。


結局。チャンミンはネクタイがなくてもいい男。
チャンミンとのエッチにネクタイはなくてもいいものはいい。




まぁ。











たまにはあってもいいけどな…。

































おしまい。
---

たまにはいいのかww
なんだそれなりに良かったらしいユノww

ただなんと申しますか…
私にSMは書ききれませんでしたwwww。

イマイチ盛り上がらない話になってしまった。
すみません。

YUKAさん頑張ったけど駄目だったwww。
次回のお題でお互い又頑張りましょうwww。

読んで下さった皆様ありがとうございましたm(_ _)m






*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/07 (Fri) 00:16 | # | | 編集 | 返信

よかった〜

チカ*しゃん♡

チャンミンさんが「プチSM」って言ったから、痛いことやひどいことするのかと思ってドキドキ(期待してじゃないよw)してたけど、いつもより優しくしてくれてよかった(o´艸`)

目隠し(〃°Д°〃)デュフ…
よかったんだー(´┓`*)

2016/10/07 (Fri) 00:36 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/07 (Fri) 00:47 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/07 (Fri) 00:52 | # | | 編集 | 返信

No title

んもぅ…ヽ(´o`;
チャンミンったら刺激を求めてしまったのね!
ユノもまんざらでも無さそうだったけど、カッコいいチャンミンのお顔を見ていたいだなんて、どんだけ好きなんだよ〜(笑)

2人の姿を想像したら、ダメだ眠れない。
透明人間にでもなって2人のお部屋に進入したい。

チカさん、ありがとうございます😊
おかげでねむれそうにありません(//∇//)

2016/10/07 (Fri) 01:08 | nawomi #i4TZoBy2 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/07 (Fri) 07:15 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/07 (Fri) 23:31 | # | | 編集 | 返信

No title

変態チャンミン、大好き〜!(*/ェ\*)
ユノに色んなことができるのはチャンミンくらいだから楽しくて仕方ないww
がっつりSMよりプチくらいがちょうど良いです。
変態から〜の、いつも以上に甘く優しいチャンミンにキュン♡キュン♡
そしていちいち恥ずかしがるユノにも萌え〜(´Д` )
でゅふでゅふ。ありがとうございました♡

2016/10/08 (Sat) 02:15 | ニコ☆キチ #hLzpGkQo | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント