See more details
Title List

【コラボ企画】恋する星。#7

Fragaria grandiflora Ehrh」のYUKAさんとのお題企画のお話です。


今回のお題は「アイドル。」です。
YUKAさんがアイドルユノで私がアイドルチャンミン担当。
ミンホです(笑)


ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















yuka.png








俺は玄関の鍵を開けて自分の部屋に中に入る。























「狭いし、汚いから…。」


俺は一応断ってチャンミンを招き入れた。
ドアを閉めて、玄関で俺は靴を脱いで部屋に上がろうとした。
そこでいきなりチャンミンに抱き締められたんだ。


「?!ちょ………、ちょ。」


お……とっ、とっ、………。
おい。
馬鹿。


俺は突然の後ろからの重みで前につんのめりそうになってチャンミンに支えられた。
と、思ったんだけど、結局バランスを崩して倒れた。


「い………てぇ……。」
「………。」
「………!//////」


チャンミンの息が俺の首筋にかかる。


少しの恐怖心。


「近い……っ、近いっ。」


俺は四つん這いになってて、その上からチャンミンが圧し掛かられて身動きが取れない。
俺はその状態で何とか前に進んでチャンミンから逃れようとした。


その体をチャンミンはガシっと掴んだんだ。


「ちゃ……っ。」
「ユノっ。」
「ちょっと待て!!」


するするとチャンミンの手は俺の体を滑って胸をぎゅっと掴んだ。


怖い。


怖い怖い怖い……っ。


「何してるっチャンミンっ。」
「ねぇ、いいでしょう?」


何が?
何がだっ!
囁くなっ!


全く訳が分からない。


俺の玄関から真っ直ぐ先の六畳一間の散らかった部屋。
顔を上げるとそこには敷きっ放しの布団が見える。
俺はそれを見てなんだか一層怖くなった。


チャンミンの唇が後ろから俺の項を這うと、俺はぞくぞくと背中に電気が走る様な感覚に更に恐怖心を煽られる。


良くないぞ、良くないっ。
お前はアイドル。スター様だ。
俺は一般人のそれも下の下の下。
いや、その前に男だっ。


それなのに何をしようとしてる?!


チャンミンの手は相変わらず俺の胸を弄り、もう片方の手は体を弄る。
腹をシャツの下から撫でられて、もうやばいと思った。


チャンミンはなんだ?
この六畳一間の散らかった部屋に興奮したのか?
布団がお前を煽ったのか?


俺が何をした?


「チャンミンっ!!」


家に誘ったりして、俺がその気だと思われたのかな。


だったら謝るよ。


謝るから……っ。


「やめ……っ。」


やめてって言う言葉が言葉にならない。
俺の歯はガチガチ震えていた。


そんな俺をチャンミンは抱き起こして一直線に布団へ連れ込んだ。


そうだ!
そう、こういう時こそ、技を……。
投げ技……。
逃げ技……。
え……っと……。


どうするんだっけ?


頭がパニックだった。
身体は恐怖で動かなかった。


こんな時一つも役にたたねーじゃんかっ!!!!!


「ふ…ぇ………っ。」


変な声が出た。


「ユノ……。」


チャンミンに耳元で囁かれる。


なんだよっ!!


「抱きます。」


………///////っ。


マジか。


やっぱりマジなのか……っ!


俺はあれよあれよと言う間に、薄っぺらい自分の布団に組み敷かれてしまう。


「俺……っ男……っ、いや……っていうか………なんで……っ。」


チャンミンは聞こうともしない。


チャンミンのぶ厚くて大きな口。
高くて綺麗な声を出すその口が。


そこからチロりと飛び出す舌が俺の肌を舐めて、完全にチャンミンの言う「抱く」と言う行為は始まってた。


アイドル様が……。


スター様が……。


このボロアパートで、男のこの俺を????


似合わない。
全く似合わないよ。


お前には全国に五万と抱かれたい女がそこかしこにいる筈だ。
なのになんで俺?


そうだキスから始まった。


なんで俺だった????


俺はチャンミンの行為にピクン、ピクンと体を震わせて、自分の布団に顔を埋める。


「かわいいです……。」
「………っ/////。」


なんで抵抗しない?


抵抗しろ。


俺、抵抗しろってっ。


「……ぅ……ぁ……っ。」
「痛くない様にするから……。」


その確信はどこにある?


って言うか、やっぱり痛いのか?


どうしよう。


どうしよう……っ。


俺。








アイドル様に犯される……っ!!!!!!


















そして、俺がいくら泣こうが叫ぼうが。もう。




























チャンミンの息は熱かった。













































---


アイドルユノが読めるYUKAさんの素敵なお話は→こちら




ただいまっ♡
充電完了ww。

今日もアイドル様のお話。
すみません。私一人盛り上がりすぎww。

なんかチャンミンが壊れちゃってる~
やべーですよ。ユノ。

ピンチですよっ。








*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
アイドルユノ。ロン毛ユノ描いてみたかったの~。チャンミンは黒。ユノは白です♡ファーのふわふわ衣装がアイドルの基本♪
どちらか好きな方をポチって下さい♡















関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 00:43 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 02:47 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 08:43 | # | | 編集 | 返信

やっぱり♡

チカ*しゃん♡

いきなりきたねぇ〜(笑)
時間もないし、押せ押せだもんね。
ユノさんも、怖い怖い言ってるけど、本当はイヤじゃないんだよね?

2016/10/17 (Mon) 13:05 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 15:18 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 20:54 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/18 (Tue) 00:27 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント