See more details
Title List

【コラボ企画】恋する星。#15

Fragaria grandiflora Ehrh」のYUKAさんとのお題企画のお話です。


今回のお題は「アイドル。」です。
YUKAさんがアイドルユノで私がアイドルチャンミン担当。
ミンホです(笑)


ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。
















yuka.png








煌びやかな世界。




















あいつはそこ住人。スター。





















俺は6畳一間の世界に住む一般人。























しかもオタクなだけで何の取り得もない。

























所謂只の人だ。
































ボーっと店番をしているとあいつがそのドアを開けて入ってきた姿を思い出す。
初めてここで会った事。話した事……。
鮮明に覚えてた。


「………。」


いい加減俺もしつこい。


もう忘れろ。


あれは夢だ。
夢だった。


「泣いてたな…………あいつ。」


俺は頬杖を付きながらあいつが流した涙を思い出してた。


『僕だって普通の人間なんだっ。』


チャンミンはそう言った。
泣いたり、叫んだり、恋をしたり。
スターもするんだな………。


そりゃそうか………。


あいつ……。


泣いたりしてないかな。
腹空かしてないかな。
ちゃんと寝れてるのかな。


俺はデスクにうつ伏せになって考えるのはチャンミンの事ばかりだった。


がちゃ。


がばっ。


店のドアが開くと俺は飛び起きて入り口を見た。


チャンミンな訳ないのに。


俺が目茶苦茶に泣かせて帰らせたからもう現れる訳ないのに。


「ユノ~。」


ほら。
格闘技オタク仲間だ。


「………。」
「ユノどうしたんだよ。最近試合も見に行かないし元気ないぞ。」
「……そうか?」


そうだ。
チャンミンが現れてから俺はなあんなに好きだった格闘技に全く目を向けなくなってた。
毎日話しても話がつきなかった格闘技オタク仲間との会話も今じゃ何の魅力も感じない。


「俺……病気かも……。」
「は?」


病……。


こんなの恋の病だ……。


俺は身体を丸めて自分で自分を抱き締めた。


「おい、ユノ~大丈夫か?」


チャンミン……。


チャンミン……。


チャンミン……。


俺はいつからチャンミンの事しか考えられなくなってしまったんだろう。


最初からだ。


ここにあいつが現れたあの時から……。







そうだったんだ………。








「何やってんだ俺………。」














きゃーーーーーー。












歓声のような叫び。


一瞬で分かった。チャンミンだって。


俺はテレビを見た。


そこに映ってたのは大勢の観衆の中を歩くチャンミン。
長い黒のジャケットの襟にはファーが付いていてふわふわと靡かせながら歩く姿は本物のアイドルだった。


かっこいい。


かっこいい。


『チャンミンさん凄い声援ですねぇ。』
『ありがとうございます…。』
『今日歌って頂く新曲は映画の主題歌にもなっているそうですが今回の映画も凄い期待されてる様ですね。いかがですか?』
『はい………。』


これ生放送の番組だ……。
生のチャンミン……。


画面の向こうだけど生の今のチャンミンが見れる…それだけでテンションが上がる。
嬉しい。


俺はこうしてチャンミンを見れるだけでいい。


『…………。』
『チャンミンさん?』
『…………。』


チャンミン?
どうした?
緊張してるのか?


『僕は、………住む世界が違うとか。身分が違うとか、そんな事やっぱり関係ないと思うんです。』


な……。


何言ってるんだ?おい。


『僕なんかじゃ又苦しめるかも知れない。厄介な事にも巻き込むかも知れない。でも会えないのは辛いです。一瞬でも一緒に居たいんです。好きなんです。会いたいんです。お願いしますっ!!夢が……もし夢が壊れて覚めてしまっても。何度でも変わらず見せるから。ずっと変わらず好きだから。』


チャンミン……っ。


司会者がなんて言っていいのか少し戸惑ってた。
とりあえずチャンミンの言葉は映画の番宣だと思わせて曲に移った。


俺はチャンミンの歌声を聴きながら涙が溢れ出して止まらなかった。


夢は覚めても又見ればいい……。


曲は終盤。番組もエンディングのテロップが流れ最後の最後でチャンミンは走って画面から消えた。


「チャンミン……?」


く。



来る。







チャンミンが来るっ。









「ちょ……、ちょっと……店……頼むっ!」
「は?おい!ユノっ。」


俺は仲間に店を頼んで慌てて外へ出た。
そして向かったんだ。














あそこに。
















6畳一間のボロアパートに。



















俺も向かって走った。

















































---


アイドルユノが読めるYUKAさんの素敵なお話は→こちら





来る~~~~~~~(笑)










*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
アイドルユノ。ロン毛ユノ描いてみたかったの~。チャンミンは黒。ユノは白です♡ファーのふわふわ衣装がアイドルの基本♪
どちらか好きな方をポチって下さい♡












関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 00:49 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 01:12 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 02:54 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 03:21 | # | | 編集 | 返信

No title

来るーーー?!
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

次回、楽しみにしております!

2016/10/30 (Sun) 07:07 | 花 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 07:50 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 09:30 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 11:55 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 20:22 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 23:07 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント