See more details
Title List

【コラボ企画】恋する星。#23

Fragaria grandiflora Ehrh」のYUKAさんとのお題企画のお話です。


今回のお題は「アイドル。」です。
YUKAさんがアイドルユノで私がアイドルチャンミン担当。
ミンホです(笑)


ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。














yuka.png








チャンミンと俺は抱き合いながらベッドでまどろむ。























昨夜の余韻で体も心もすげぇ満たされてて幸せだった。


「ん……ん………チャンミン………。」
「ん…ぅ。ユノ…。」
「今……何時?お前仕事は?」
「仕事………。仕事っ?!」


チャンミンが突然起き上がった。


「何時?」
「わからない。」
「スマホっ。」


チャンミンはベッドから飛び降りると部屋を出てスマホを探しに行ったのか?
俺もスマホはリビングだ。


なんか久し振りに寝た気がする………。


あいつ何時からだったんだ?
大丈夫かな……。


俺もチャンミンの残した痕の残る裸を起こしてベッドから足を下ろす。


「ユノっ!!どうしよう!!遅刻!!!!!!」


は?


「スマホ側に置いて置かなかったからマネジャからの電話も気が付かなくて……っ。」
「い……いいから早く用意して行けよっ!!」
「は、はいっ。」


チャンミンは慌てて服を着る。


ピンポーン
ピンポーン。


玄関のチャイムが鳴る。


「マネジャだ…っ。」
「早く出ろって!」


俺も焦って服を着る。


チャンミンが玄関を開けるとマネージャーさんの怒鳴り声が聞こえた。


「何やってるんだ!チャンミンっ!!何度も電話もしてるしチャイムも鳴らしてるのにっ!!」
「ごめんっ。」
「いいから早くしなさいっ!お前一人が遅れたら何人のスタッフと出演者に迷惑を掛けると思うんだ!!」


俺は呆然とチャンミンとマネージャーさんのやり取りを見てた。


チャンミンが用意をしてるとマネージャーさんが俺を見た。


「………あ……。」


俺は言葉が出てこない。


「出来たっ。」
「…よし行くぞっ。」
「あ……チャンミン……。」


チャンミンは忘れてたと言わんばかりに俺を振り返った。


「あ……ユノ……待ってて。ね?お願い。」
「あ…うん……。」


マネージャーさんも俺を見る。


「…………。」
「あ………。」


俺を見たというより、睨んでる。


「あ………マネジャ……あの……っ。」


おいおい。
まさかこの状況で俺を紹介する気か?!


「とにかく帰ってからです。」


何か言いたそうだったマネージャーさんはそう言ってチャンミンを連れ去った。


俺はその場に残されて、暫く動けなかった。


すげぇやばい事しちゃったのかも。
ちょっとどころじゃない後悔をしてももう遅くて取り返しはつかない。


ただ祈るしかなくて……。
でも落ち着かなくて……。






俺は今日も店を休んだんだ。
































チャンミンは今日も深夜になってやっと帰って来た。


マネージャーさんを連れてだ。


なんか色々がタイミングが悪いと俺は思った。
でもチャンミンは早く俺達の事を認めてもらいたかったのかも知れない。
それで焦りすぎたんだ。





















「マネジャ……僕、この人と。ユノと。お付き合いしてるんだ。」
「…………。」


マネージャーさんは無言だ。


「僕の大切な人なんだ。」
「…………。」
「マネジャには知っててもらいたくて……。」
「………許せませんね。」
「え?」


ほら。


「あなた自分の立場をわかっていますか?今朝の様にあなたを遅刻させる様な相手と付き合うのを許す訳にはいきません。」
「今朝の遅刻は僕が悪いんだ!ユノは悪くないっ!」
「誰が悪くても構わないいですが二度とあってはいけません!」
「…………。」
「いいですか?恋愛なんてしてる場合じゃないんですよ。」


チャンミンに畳み掛ける様に言うマネージャーさん。


それは尤もだ。


チャンミンはスターなんだ。
国民的アイドルなんだ。


俺一人に構ってる場合じゃない。


「ユノさん。チャンミンとは別れてください。」
「…………。」


尤もだけど……。


「別れるなんて出来ないっ!」


チャンミンが叫ぶ。


俺は不思議と冷静だった。


















マネージャーさんが帰ってチャンミンは今にも泣きそうで。
俺はチャンミンの頭を撫でてやった。


「ユノ………。」


そしたらポロリと涙が落ちて……。


チャンミンは泣いても綺麗で……。


でもこんなチャンミンは誰も見たくない筈だ。
笑顔が命のアイドルなのに。
俺がチャンミンにこんな顔をさせてるんだ……。


ごめんな………。


「チャンミン……別れっか?」
「……い……いやですっ!」
「いやか?……。」
「ユノッ!」
「あぁ……俺も嫌だな……。」


俺までちょっと泣きそうで。
チャンミンにがっと抱き締められた。


「ユノ……ぉ。」
「じゃあ、認めてもうしかないだろ?」
「……はい。」
「お前は仕事が一番だ。俺は二番目にしろ。それから俺はやっぱりここには住まないよ。お前のお嫁さんになるのは無理だ。」
「ユノぉ……。」


夢は……叶わない時だってある。


「お前はみんなのアイドルなんだから。な?」


俺が独り占めしちゃいけない。


「僕ちゃんと仕事します。」
「うん。」
「ちゃんと認めてもらうから。」
「うん。」
「でも………。」


チャンミンは何故かぶー垂れて俺の肩に顎を乗っけた。


「やっぱり僕はユノが一番ですよ。」
「は?」
「一緒に住みたいし、お嫁さんにしたい。」
「ばかか。」
「ばかでもいい。これは変えられないから。」


本当バカだ。


でも…嬉しい。



「アイドルだって恋くらいします。」



そうだよな……。



「でも駄目なんだって。お前役者でもあるんだろ?隠せよ。」
「こんなに好きが溢れてくるのに隠せませんよぉぉぉ。」
「あはーはーはーはー。」



本当バカだ。



「とにかく隠せ!」
「……はい。」
「ちゃんと好きだからな。」
「……はい。」



頑張れチャンミン。





俺も頑張るからさ。





とりあえず












とりあえず俺達は
















少し離れた方がいい。



































---


アイドルユノが読めるYUKAさんの素敵なお話は→こちら






おはようございます(笑)
ただいま朝の5時9分。
うとうとしながらマネージャーとのやり取りを書き。
ピークを過ぎてシャキーンとしながら終わりの方のらぶんちゅを書きました(笑)

あまり深刻ではないようです(笑)
あ~アイドル楽しいよぉぉぉ。


今日も読んで下さってありがとうございました(T-T)感謝!!!






*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
アイドルユノ。ロン毛ユノ描いてみたかったの~。チャンミンは黒。ユノは白です♡ファーのふわふわ衣装がアイドルの基本♪
どちらか好きな方をポチって下さい♡












関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 06:10 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 06:17 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 08:47 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 09:36 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 11:01 | # | | 編集 | 返信

おお

チカ*しゃん♡

ユノさんがマトモだ〜(笑)
しかしアイドルって、ホント大変な職業ね(;´Д`)
ユノさんチャンミンさん、実際もこうなのかしら?とか思いながら、おふたりは他所に相手を求めなくていいから大丈夫とか(笑)
勝手な妄想しています(〃°Д°〃)デュフ…

チャンミンさんがんばれ(๑•̀ㅂ•́)و✧

2016/11/13 (Sun) 11:42 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 21:20 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/13 (Sun) 23:26 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/15 (Tue) 19:57 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント