See more details
Title List

【コラボ企画】恋する星。#27

Fragaria grandiflora Ehrh」のYUKAさんとのお題企画のお話です。


今回のお題は「アイドル。」です。
YUKAさんがアイドルユノで私がアイドルチャンミン担当。
ミンホです(笑)


ようこそ。をご覧になり閲覧には十分ご注意ください。

お話は「続きを読む。」からです。

タイトル別お話の入口はもくじ。から。
よろしければご利用下さい。















yuka.png








チャンミンのスマホはいくらかけてもいくらかけても繋がらなかった。
























もちろんマネージャーさんが電源を落としてしまっているんだろう。


俺は本当にふと。
ふと思い出したんだ。


俺マネージャーさんから電話貰った事あるじゃん……って。


あれはまだチャンミンと出会って間無しの頃にチャンミンが俺に会いたがってるって男の人から電話があった。
そうだ。あの声。
マネージャーさんだった。


俺は慌ててスマホの着信を遡った。


チャンミンに出会った時の事は鮮明に覚えてた。
だから着信もすぐ見つかる。


「これだ………。」


俺は直ぐに通話のボタンを押す。


『もしもし。』
「あ……あの。」
『………ユノさんですか?』


俺は自分だって事が直ぐにバレて意外だった。


「あの……チャンミンは……どうなんですか?」
『………ユノさん。今お時間よろしいですか?』
「え?あ……はい。」
『すぐお迎えに上がります。』
「え?」


そう言ってマネージャーさんが迎えに来たのは本当に間もなくだった。


「早いですね。」
「チャンミンの病院が近くなので。」
「え?チャンミンは?!どうなんですか?」
「………お連れします。」


なんなんだよ。
なんで教えてくれないんだ?
もしかして重病なのか?


テレビではストレス反応って言ってたけど……。
本当はもっと違う病気?


働きすぎなんだよ!
睡眠が足りてないんだよ!
それなのに俺に会いに通ったりして!
馬鹿なんだよ!


俺はもう生きた心地がしなかった。


チャンミン。


チャンミン。


チャンミンっ!


どうか治ります様に……。


神様。


お願いだから。





















俺は連れて来られた病室のドアを勢い良く開けた。





















「チャンミンっ!!!!」
「………ユノ?」


窓際のベッドで体を起こして座っていたチャンミンはどこか儚げでそれはドラマに出てくきそうに綺麗だった。


「チャンミンっ!!!どうなんだ?大丈夫なのか?」


俺はベッドの横に行ってチャンミンの手を握る。


「……………ユ……ユノっ。」
「どうなんだ?」
「ユノぉぉぉぉ!!!!!」


チャンミンは俺に抱きつくとギューギューと抱き締めて離してくれなかった。


「おい………。」


マネージャーさんだっているのに。


「会いたかったぁぁぁ。」
「…………あ……あぁ。俺も……。」


やけに元気いいじゃないか。


「ありがとう!マネジャ♪♪♪」
「………いいですか?じゃあ仕事してもらいますからね。」
「あぁいいよ。一ヶ月休んだらね。」
「ちょ………と。」
「あぁユノォォ。」
「ちょっと待てって!どう言う事?!?!」


俺はチャンミンとマネージャーさんとのやり取りが気になった。


「だってさ。マネジャがユノに会わせてくれないからさ~僕ユノに会えないなら仕事しないって言ったんだ。」
「………。」


なんだって?!


「倒れたのは本当だけど。それでもユノに会わせてくれないから。スマホも取り上げられるし。」
「それで………休んでるのか……?!?!」
「そうだよ。もう会わせてくれるまでは仕事しないってね。」


俺は無性に腹が立った。


「チャンミンのバカっ!!!!」


チャンミンもマネージャーさんもびっくりした顔で俺を見つめた。


「………お前が病気だって……どれだけの人がどれだけ心配してると思ってるんだよ!!!!それにそんな事で仕事休んで撮影だって途中なのにっ何言ってんだ!!!!!」
「……ユノ。」
「俺がどれだけ心配してどれだけ心配して………どれだけ………考えた事あんのかっ!!!このっバカチャンミンっ!!!」


俺はなんだろう。頭にきてて…でもすげぇ安心して…。
怒鳴りながら涙が溢れてきて…。
泣いて。泣いて。


「ふ……ぇっ………良かった………チャンミン……っ。ぐじゅっ。」
「ユノ……。」
「ユノさん………。」
「謝れよっ!謝れ!みんなに謝れ!!!」
「まぁ……ユノさん……。落ち着いて……。」
「あんたもあんただっこんなチャンミンのバカな甘えに付き合って!!!!」
「ユノ……ごめん……。」
「俺だけじゃないっ!!!!全国のお前のファンにだよっ!!!」


俺がチャンミンをカチ殴ろうとしたのをマネージャーさんに止められた。


「ユノさん……。チャンミンが疲労で倒れたのは事実です。僕がユノさんから引き剥がそうとしたのも。だから許してあげてください……チャンミンは本当にあなたが好きな様です。」
「ま……マネージャーさ……ん。ぐずっ。だから……甘やかしすぎだって……っ。」
「はい。でも本当に僕はチャンミンは頑張ってくれていると感謝しています。何もかも制限されて……ずっと仕事一筋で…死後に関してだけは我儘なんか聞いた事なくて…でもあなたと会うようになって随分人間らしくなったと思っています。一度ぐらい甘やかしてもいいと思いました。」
「………マネジャ………。」
「一ヶ月の休暇の段取りはもう全て整っています。どうか二人でゆっくり過ごしてください。絶対見つからない。写真を撮られない。というのを条件にですが。チャンミンは一ヶ月療養と言う事になってますから。」


チャンミンと一ヶ月過ごせる?


「い……いいの?マジで?」


信じられない。


「そうでもしなくてはあなたを休ませる事も出来ませんでした。すみません。」
「な……何言ってるんだよっ。僕は仕事を一度も嫌だなんて思った事ない……ただ……ユノとの事をお前に認めて欲しかっただけなんだ……一番俺の事を知ってるお前に………。」
「チャンミン………。」


マネージャーさんは急に俺に向かって頭を下げた。


「ユノさん!恐らくチャンミンは人を好きになったものあなたが初めてです!我儘に育ったのは僕のせいでもありますが、どうぞ……どうぞチャンミンをお願い致します!」
「ちょ……ちょっと……マネージャーさん……っ。頭上げて下さい!」
「お願いしますっ。ユノさんっ。」
「わかったからっ。わかったからっ。もういいですっ。こちらこそ……俺なんて只の一般人なのに……認めて下さってありがとうございますっ。よろしくお願い致しますっ。」
「ありがとうございますっ。」


こっちがありがとうだってば。


認めてくれて。



俺なんかを受け入れてくれて。





ありがとう。







ありがとうございます。







なんか又涙が溢れる。








「ユノ……。マネジャ……ありがとう……。」








チャンミンも涙ぐんでた。














チャンミンは俺の腕を掴んで引き寄せ、抱き締めた。


















俺もチャンミンに腕を回して俺達は抱き合ったんだ。


















良かった。

















本当良かった。



















































---


アイドルユノが読めるYUKAさんの素敵なお話は→こちら





変な時間ばっかですが更新します。
今日も読んで下さってありがとうございます(T-T)感謝!!!


良かったね。
マネジャに認めてもらえて……ぐふっ。

一ヶ月近くの休暇どうしましょうか?♪







*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
アイドルユノ。ロン毛ユノ描いてみたかったの~。チャンミンは黒。ユノは白です♡ファーのふわふわ衣装がアイドルの基本♪
どちらか好きな方をポチって下さい♡












関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/19 (Sat) 21:33 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/19 (Sat) 22:01 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/19 (Sat) 22:28 | # | | 編集 | 返信

おお!

チカ*しゃん♡

マネージャーさん認めてくれてよかったね!
一ヶ月だよ、一ヶ月!

あれ?
ってことは一ヶ月間エッチ三昧?
うわぁ、チカちゃんが過労で倒れちゃうΣ(゚ロ゚;)

2016/11/20 (Sun) 00:27 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/20 (Sun) 00:29 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/20 (Sun) 03:12 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/20 (Sun) 05:11 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/20 (Sun) 21:55 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/21 (Mon) 10:50 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント