See more details
Title List

好き、嫌い…好き。#4

何やってるんだろう………僕。


























「………ちょっと。課長。」


返事はない。


ベッドに寝かせた課長はぐっすりおねんね。


「そのスーツ。そのままだったら皺になって酷い事になりますよ。」


勿論返事はない。


いい。放っておけばいい。
皺になって困るのは課長だ。


そもそもタクシーに突っ込んじゃえば良かったんだ。
なんでこんなホテルまで連れて来てるんだ。
しかもラブホテル。


「………。」


誰かに見つかる前に帰ろう。
放って帰ればいい。


「………。」


でも。


スーツだけ………。


まぁ。脱がすだけだし。


簡単だし。


「………。クソ。」


とにかく皺が気になって。
僕は課長のスーツをそっと脱がしにかかる。
片腕を課長の背中に腕を通して浮かせるともう片手で肩を外して袖を脱がすと浮かせた背中にスーツを通して残りの腕を抜いた。


シャツは……いいか。


ズボンは脱がせた方がいいな。


ベルトをカチャカチャと外す。
その音がやけに響いて………。


「ラブホテルでコレって………妙……だな。」


そんな風に思ったって仕方ないんだから。
僕はズボンをズルっと下げた。


課長のそこ。
すげぇ盛り上がっててデカイ………。


へぇ。トランクスじゃなくてボクサーなんだ…。
デカさが余計目立つのか……。


って何観察してるんだ。


僕はさっさと脱がせて帰ろうと思った。


足……あげて。
脱がす。


すね毛………薄。


もう一個の足も上げて……。
脱がす。


ほう。


これで帰れる。


そう思った瞬間だった。


課長の足が動いてガシっと僕の体を挟んだ。


「え?」


え?


と思ってる間に僕は一回転してた。
何?何?
この人何者?!
なんでそんな足技持ってる?!
格闘家か………っ?!


「ちょっと……っ課長っ!僕ですっ!!!」
「あぁ~?!」


まだ酔ってんのか?!


「俺を脱がせてどうしようって言うんだ?」
「どうもこうもっ。」
「いいぜ。相手してやっても。」
「は?」


何の?


格闘技?


僕はあっと言う間に課長にマウントを取られて、
取られたと思ったらズボンのチャックを開けられて、パンツの中からちんぽを抜き出すとガブリと咥えられた。


「課長っ!!!!あんたっ何してるっ!!!!!!」
「んん………ぁっ。」
「うわぁぁぁぁ。」


何、何、何。


気持ちいいっ!!!!!


って僕しっかりしろっ!!!!!


相手は課長だ!!!!!!!


「やめろぉ~!!!!」
「んぐ………う。」


課長は僕の硬くなっていく竿を根元から先端まで余す事無く舐めてくる。
それはもうエロくてなんか目の前がチカチカする快感だった。


「だめ…………でちゃ………。」
「…ん……ふ……んぐ。」
「かちょ………っ。」


僕はあっさり課長の口の中に果てた。


「かちょ………で………。」
「んん………っ。」


課長……僕の精液………。
飲んだ?!


スポンっと課長は口から僕の竿を抜く。
その感覚にも僕は目の前がチカっとした。


その次の瞬間課長の口が僕の口に押し当てられて僕の口に流れ込んできたドロリろした液体。
紛れもなく自分の精液だった。


「んん………っ。」
「ぷ………はっ。どうだ?自分の精液の味は。」
「かちょ………っ。」


その顔はもういつもの課長とは別人で………。
僕はゾクゾクってして動けなかった。


「早く……今度は俺の番だろ?」
「………は?」
「は?じゃないよ。仕方ねーなぁ。」


課長はそう言うと精液ででろでろになった僕の竿をもう一度咥える。


「ひ………っ……。」
「ほらしっかり……勃たせろ。」
「あ…………ぅ……。」


とにかく気持ち良かった。


なんなんだこの人のこのテクニックは。


「課長……っ!」
「動くなよ。」


そう言って僕のうえに跨った課長は自分のケツの穴に僕を押し当てた。


「え?!」
「ん………ん…………っ。」


いや………そんなの挿らないっ……って。


なのに課長はあっさり僕のちんぽをケツの穴に飲み込んだんだ。


「ひぁ………っ。」
「ん………ぁ。あ………ん。」


課長は今までに聞いたこともないような甘い声をあげた。







僕の上で体をうねらせて。











腰を振った。
















それはもう。
















味わった事もない快感だった………。




































-----


*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/07 (Sat) 02:35 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/07 (Sat) 08:56 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/07 (Sat) 11:24 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/07 (Sat) 16:21 | # | | 編集 | 返信

はあ?

チカ*しゃん♡

かちょー!
酔ってたんじゃないのかぁ?
サギだ、サギ〜!!

2017/01/10 (Tue) 10:56 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント