See more details
Title List

好き、嫌い…好き。#21

「とにかく入って。」


























小さく頷いた課長を僕は家に招き入れて玄関で乱れたスーツを直してやった。
どうしたんですか?と聞くのは簡単だが課長が嫌がるかと思って聞けないでいた。
そしたらぽつぽつと課長から話しだした。


「男が……。」
「は?」
「1人だと思ったら3人もいて。」
「ちょっと待って下さい……何の話?」
「仕事の帰りに飲みに行ったんだ。」


又飲んだのか?
どうして弱い奴ほど飲みたがるんだろう。


「そしたらいい男がいて。」


もう聞きたくなかった。


「わかりましたから。シャワー使って下さい。」
「いいの?」
「そんな訳の分からない男と遊んできた人を家にいれたくありません。とにかく綺麗にして。」
「…………ごめん。」


認めた。
どうせその男に付いて行ってみたらまだ他にも2人いて3人と遊んだ……ってそれもうレイプなんじゃないの?
課長は一人だと思ってたって事は合意の上とは思えない。
第一ボロボロじゃないか。
逃げてきたのか?


とぼとぼとシャワー室に向かう課長を僕は振り返ってその背中があんまり小さく見えて。浴室に消えた課長がどうしても気になった。


すぐシャワーを流す音が聞こえた。
僕は浴室に向かって声をかける。


「課長?」


返事がない。


「課長!」


シャワーの音で聞こえないのかと少し大きな声を出す。


「何?」
「あんた……大丈夫なの?」
「何が?」
「え?いや……その。」
「全然大丈夫……。」


ってその声、いつもの半分も元気ないし大丈夫じゃないだろ。


僕は許可もなく浴室のドアを開けた。
課長はビックリした顔をして振り返った。そしてすこし顔を赤くした。
そんなかわいい顔も一気に台無しにするほど体には赤い痣が残されてた。
それはキスマークとかそんなかわいらしいものじゃない。
確実に殴られたような後。


「………ついてなった。」


ついてるとかついてないとか。
そういう問題なんだろうか?
これってもうほぼ犯罪なんじゃないの?


「いやあんたそれ………。」


僕はなんて声をかけていいかわからない。
とにかくすごく嫌だと思った。


「ごめん出て行って。見られたくない。中に出されたものかき出すから。」


課長がどこの誰かも分からない男と。
行為に及んで傷を付けられ……。
そんな事無性に腹が立つ。


好きかもしれないのに。
僕はあんたが好きみたいなのに。


こんなの嫌に決まってる。


「手伝います。」
「いっ……いいよっ。出てけって。」
「いや……僕が綺麗にしますよ。」
「な……っ!なんでっ!!」


僕は後ずさった課長に構わず浴室にスーツのまま入って後ろ手にドアを閉めた。


「チャンミンっ。本当にいいから。濡れるよっ!」
「いいです。」


とにかく嫌だった。
自分が納得行くまで課長を綺麗にしたかった。


僕はボディーソープに手を伸ばす。


「本当に自分で出来るし……っ。」
「先にかき出した方がいいの?」
「う………。」


言葉に詰まる課長。
やり方なんか知らない。
かき出すっていうんだからかき出せばいいのか?
指で?


僕課長を後ろ向きにさせて背中を押さえる。
課長は腰を突き出す格好になって少し身じろいだ。
お尻の蕾が見えて恥かしいのか。黙ってしまう。


その蕾は赤くなってた。


「少ししゃがんで。」
「嫌………。」
「嫌じゃないです。ほら。早く。」


課長が少し腰を落とすと蕾はもっとハッキリ見えた。
今行為をしてきたばかりだからかそこがぱっくり口を開けた。
なんて卑猥んだ。


僕はそこに指を差し込んだ。


「あ………っ!」


課長の悲鳴。


課長と寝たのは一度だけだ。
それなのにこんな事が出来る自分も信じられなかった。


中は熱くてトロトロしてた。
少し奥の方をまさに指で書き出すととろりとした物が中から垂れて来た。
男のそれだと分かる白濁の液。


「もっとしゃがんで?」
「い……嫌。恥かしい……。」
「そんな事言ってられないでしょう?」


僕は早く綺麗にしてしまいたかった。


課長の肩を押さえて無理矢理座らせる。
足を広げたまましゃがんだ格好はまさにウンコ座り。
更に背中を押してお知りを突き出させる。


「や……や……っ。」


その体勢を取っただけで中からコポコポと男の精液は流れ出てきた。
僕は指で中を擦りながらシャワーを穴にぶっかける。
少し手荒だったかも知れないがそんな事言ってられない。


「や……あ……っ………ぁ……っ。」


僕は夢中でそこを綺麗にした。


「っもういいっ。いいからっ。」
「駄目です。」
「あ……んっ……ぅ。」


しゃがんでお尻を突き出し背中をくねらせて僕を見ながら声をあげる課長はもう卑猥以外の何者でもない。


僕は課長の顔にシャワーをかけてやった。


「ぶ………わ…っ……止め……っ。」


課長の顔をお湯で流して綺麗にしてそして僕は課長の口に噛み付いた。


「ん……ぅ……っ。」


課長はビックリして目を見開いた。
そして目を閉じた。
僕は至近距離からその様子を見ていて本当になんて人か!と思う。
誰でもいいのかって。


その通り課長の前の雄はもう勃起しかけてた。


「あんた………本当誰でもいいの?」
「…………。」


課長は答えない。


僕はボディーソープを手に出して課長の体を擦った。
いっぱい泡を立てて洗った。
手で撫で撫でするから課長は感じたのか完全に課長の雄は勃起状態だった。


「どうしようもない体。」
「………っ。」


一生懸命声を殺す課長。
僕は穴の中まで泡を立てて洗ってやった。


「いや……いや……っ。」
「感じるの?」
「……ちが………っ。」


泡はつるつるとさせて僕はその泡を使って課長の全身を撫でまわす。


違うと言ったくせに課長は震えてどうしようもなかった。
どこからどう見ても感じてるだろうと思った。


そのまま頭も洗ってやって頭からシャワーをかける。
特にお尻の穴には念入りにシャワーをかけた。
そのシャワーの勢いが課長を刺激するのが課長はもう半分涙目だった。


「どうしました?」
「………っ。」
「又欲しくなったとかやめて下さいよ。」
「チャンミン………。」


僕の名前を甘く舌足らずなその声で呼ぶ。


僕が欲しいの?


僕が?


でも誰でもいいんでしょう?


本当はシウォンがいいんじゃないんですか?


僕は自分で考えて自分で舌打ちをする。
腹が立つ。


「チャンミンん~……ぅ。」


それでもどういうつもりか課長は俺の名前を呼び続けた。


「チャンミン……っチャンミン……んっ。」


いやらしい顔で。
いやらしい声で。
いやらしい体で。


僕を誘ってくる…………様な気がして。





僕は必死で理性を手放さないように踏ん張ってた。
踏ん張った。
十分踏ん張った。












「チャンミン………っもう………だめ……だよぉうっ。」
「………っ。」













駄目なのは僕の方だった。

















課長は僕に抱き付き僕は課長を引き寄せる。




















僕達は熱い体を重ねたんだ。

























-----









*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 02:44 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 05:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 06:09 | # | | 編集 | 返信

うわぁー(>_<)

チカ*しゃん♡

思ってたより数倍悲惨だった(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

さすがのユノさんも、酔ってる上に3人相手じゃ勝てないよね。

チャンミンさん、自分で思ってるよりユノさんのこと好きになってるんだ。
だって、たったいま他の人に抱かれてきた人を抱きたいと思うんだもん。

2017/01/24 (Tue) 09:20 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 09:58 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 11:18 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 12:53 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 23:38 | # | | 編集 | 返信

Re: 鍵コメgi**a様。

ユノ~
やられちゃった←よせ。
でも2人進みそうですよ(*´╰╯`*)♬*゜

2017/01/25 (Wed) 00:59 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメな*け様。

シウォンとやらすの嫌だったのwww
3人相手はちょっとかわいそうだったかなww
久し振りにエロシーン書いて元気ハツラツオロナミンCな私ですww
仕事集中できましたか~wwww
息もできない。もお楽しみに、もう少し待ってやって下さいね(*´╰╯`*)♬*゜

2017/01/25 (Wed) 01:02 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメな*し様。

それは私の事でしょうか?wwww
はい。私は気合入り捲くりです!!!!!

2017/01/25 (Wed) 01:03 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: まりユノ様。

悲惨ですか~??ww
ちょっと3人相手はたしかにww
ごめんねユノ。
でもエロイww

2017/01/25 (Wed) 01:05 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメma**-t様。

もちろん愛です~~~~~~♪
ただのエロヤローじゃないですよ(笑)

2017/01/25 (Wed) 01:06 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメお*ぎ様。

お*ぎさんのコメントがポエムみたいで
お話よりコメントの方がいいww

だめだめユノもかわいい♡
エロエロユノもかわいい♡
おいおいおい。
あ~かわいい(笑)

2017/01/25 (Wed) 01:09 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメカ**ん様。

凄い事になっちゃいました~ww
犯されるユノ………かわいい……←なんか違う。
おちついてww
カ**んさんwwww

2017/01/25 (Wed) 01:12 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメく*様。

ユノが泣くと動揺しちゃうおばちゃんですが書いちゃうww
こんな面倒見のいいチャンミンww
流石だwwかっこいい!

2017/01/25 (Wed) 01:14 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント