See more details
Title List

続・ミンホといっしょ。#2

みんとゆにょが話さない。































いつもなかよしなのに。
いつもくっついてるのに。


今日はぽくおりこうにしてるのに。


どうして?


ぽくとホミンはみんとゆにょが話さないのを不思議に思いながらいた。
ホミンは夜歯磨きを終えて寝る間際に言った。


「ぽく今日は一人で寝るっ。」
「え?」
「え?」
「え?」


あぁ。そうだ。
昨日の夜、みんとゆにょの話を聞いていてホミンが言った。
明日からは2人で寝るって。


だからぽくは慌てて言った。


「ぽくもっ!!」


みんとゆにょのびっくりした顔。
ぽくはどんな顔をしてたかな。
きっとすごく泣きそうな顔をしてたんだと思う。


「ミンホ。無理しなくていいんだぞ。ゆにょが一緒に寝てやるからな。」


ゆにょの大きなお手手がぽくの頭をポンポンする。
余計に泣きたくなった。


「ユノ。折角子供がその気になってるんですから。やめて下さい。」
「こんなの全然その気じゃないだろ?泣きそうじゃないかっ。」
「どんな子も最初は怖いんです。そうしたいと思うか思わないか、その子のやる気は大事にするべきです。」
「ホミンと寝るから大丈夫っ。」


僕はホミンに駆け寄ってホミンの手を握った。


「あぁ~兄弟はいいですねぇ。」
「お前は冷たい。」
「どういう意味ですかっ。」
「そういう意味だよっ。」
「僕はユノがっ。」
「俺がなんだよっ!」


ゆにょが……いつも優しいゆにょが……っ。
大きな声を出した。


「俺は2人と寝るっ!チャンミンは一人で寝ればいいだろっ!」
「ユノっ!」
「ほらっ行くぞっ2人ともっ。」


ゆにょがぽくとホミンの手を握ってお二階に上がろうとする。
みんが一人ぼっちは駄目だよゆにょっ。
みんも……。
みんも……ほら。ねぇゆにょ。


泣きそうだよっ?


見てっゆにょ。


でもゆにょはみんを振り返らずズカズカとお二階に上がってしまう。


今日はとてもお利口にしてたのに。どうしてケンカしちゃうの?
どうして?ねぇ。


僕達は3人でお布団に入ったけど誰一人眠る事はできなかった。


「………ゆにょ。」
「なんだ?どうした?ホミン。」
「ゆにょは下に下りなしゃい。」
「何?」
「ゆにょはみんと寝なしゃい。」
「何言ってんだ。」


ぽくはホミンの言う通りだと思った。


「ぽく達は2人で寝れるから。ちゃんと仲直りしなしゃい。」
「…………。」
「大丈夫だよな?ミンホ。」
「う……うんっ!大っ丈夫っ。」
「でも……。」


ゆにょは考えて考えてぽく達2人を見た。


「じゃあちょっと仲直りしてくるから。そしたら又一緒に寝よう。」
「2人で寝るんだって。ゆにょは邪魔なのっ。」
「え~?!んでそんな事言うんだよぉ。」
「ぽくたちいつまでもちっちゃい赤ちゃんじゃないんだからっ。」


ほわぁ~
ホミンってかっこいぃ~


ちょっとお兄ちゃんなだけなのにな。


「な?ミンホ。」
「うん!!」
「なんだよ。いつのまにかお兄ちゃんになっちゃって……二人とも。」


ゆにょったら少し泣きそうになってるし。
もうゆにょはかわいいんだから。


そしてゆにょはぽく達のおでこにちゅうをしてお部屋を出ていった。
黄色い電気を付けていってくれた。


仲直りしてくれるといいな。
みんとゆにょは仲良しが一番だから。
ぽく達はそれが一番うれしいから。


頑張れゆにょ。


「じゃ寝よう。ミンホ。」
「……うん。」


ぽくはきゅっとホミンの手を握った。
ホミンがゆにょに似た優しいお顔で笑った。
寝れる。
うん。
寝れるもん。


「ミンホ?寝た?」
「寝た。」
「起きてるじゃん。」
「寝たのっ。」


早く寝なきゃ。ガオーさんが来ちゃう。


「なんだよぉ。自分だけ寝るなよぉ。」
「ホミンも寝なきゃガオーさんが来るよっ!」
「ガオーさん?みんが良く言ってるあれか?」
「そうだよっ。早く寝ない悪い子のところにはガオーさんがくるんだ。」
「あはーはーはーはーはー!あんなの作り話に来まってんじゃん。」
「そんな事ないもんっ!ぽく小さい時本当にガオーさん来たんだもんっ!」
「え?嘘だ~っ。」
「本当だってば!夜中起きてたみんとゆにょの所にガオーさんが来たんだ。ぽくそれを見たんだっ。」


ぽくの話しにホミンの顔が真剣になる。


「本当?」
「本当。」


あの時は本当怖かった。
ゆにょがあんあん泣いてて…みんが助けたんだ。
本当あの時のみんはかっこよかった!!!


「あ………っ。」


ドキーっ!!!!!!


何の声?!?!?!


ぽくとホミンは顔を見合わせる。


「ゆにょの声?」
「泣いてる?」
「みんと喧嘩したのかな?」
「ガオーさんかも?!」
「えぇ?」


ぽく達は耳を澄ます。


「あ……ん………あ………っ。」


そうだあの時もゆにょはあぁやって泣いてた!


どうしようっ!


「助けに行かなきゃっ。」
「次はここに来るかもっ!ゆにょにはみんがいるだろ?!ぽくたちも早く寝たほうがいいっ!」
「えぇ……寝れないよぉぉぉ。」
「寝るんだっ!」


ホミンは慌ててぽくの頬っぺたにちゅうをした。


「お休みっ。」
「おやすみ。」


ぽくもホミンの頬っぺたにちゅうをした。


2人寄り添うように眠ろうとした。


ホミンは寝たっぽかったけど。
ぽくは眠れなった。





ユノの泣き声がいつまでも続いてて。








ぽくも一緒に泣いてた。





































-----

次はユノとチャンミンサイド。






*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 00:25 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 00:38 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 00:45 | # | | 編集 | 返信

No title

もうお体大丈夫ですか?
おひさのミンホと一緒
やっぱり可愛い(≧∀≦)‼︎
ゆにょとみん
やっぱり仲直りはアレですな❤︎

2017/02/09 (Thu) 00:57 | さちこ #- | URL | 編集 | 返信

No title

ゆにょの喘ぎ声かぃ!とひとりツッコミいれたわたし。お願い、お部屋の防音工事して、ね。
ミンホ、ホミンちにはガオーさんが来るのね。我が家にはよく鬼ださんが来たなぁとちょっと懐かしくなっちゃったよ。

2017/02/09 (Thu) 07:36 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

No title

おはようございます😃
チカさん、事故の後遺症など出ていませんか?
後からアチコチ痛むこともありますから大事にして下さい。

ガォーさんに襲われたユノの鳴き声って….喘ぎ声だったの⁈
えぇ〜(笑)
どんだけ夜中に雄叫んでんの?
何したらそんなに声がでる?

雄叫びた〜い(笑)

2017/02/09 (Thu) 08:47 | nawomi #i4TZoBy2 | URL | 編集 | 返信

( ^ิ艸^ิ゚)

チカ*しゃん♡

子育ての方法や考え方の違いが夫婦げんかのタネになるってよくあることだよね。

甘やかしたがり(甘えたがり?w)のユノさんと、子どもの自立を促したいチャンミンさん。

でも、本当にしっかりしてたのは子どもたちだったりして(笑)

仲直りにはエッ〇って(笑)
これからはおっぱじめる前に子どもたちが眠ってるか確認しないとね( ^ิ艸^ิ゚)

2017/02/09 (Thu) 15:11 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 21:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 22:27 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/10 (Fri) 04:58 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/10 (Fri) 13:06 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント