See more details
Title List

好き、嫌い…好き。~社員旅行で迫られて。~ #4

チャンミンどこ?
どこだ?チャンミン。





























俺は旅館中をチャンミンを探して回った。
それなのにチャンミンがみつからない。
どこに行ったんだ。


風呂上りだからスマホを持ってないし。
部屋にはシウォンがいそうで戻りたくなかった。


もうすぐ宴会が始まる。
チャンミンの奴何してるんだ。
オタクのクセになんでAKBのいる旅館で大人しくしてないんだ?!
大人しく?
AKBがいるのに?
チャンミンが大人しく?
してる訳ないか?!?!?!


まさかAKBに会いに行った???


どこへ?


どこの部屋だ?
芸能人だ。
普通の部屋な訳ないか?


離れ?


あぁ?


そういえばここの旅館には個室の別邸があるって書いてあった。
高級そうだったしきっとそこだ。


チャンミンの奴そっちに行ってる?


きっとそうだ!


俺は急いで離れの別邸に向かった。


別邸には一旦外に出なくてはならない。
俺は浴衣のまま外に出た。
そして別邸の前に行くと何人も男が集まってた。
その中にチャンミンはいた。


「チャンミンっ!!!」
「?!」


チャンミンは俺の大声にびっくりっしてこっちを見て更にビックリした顔をした。


「ちょっと…っ!あんたっ。」
「チャンミンっ探したっ。」


俺がチャンミンの方に行く。
そしてチャンミンの服の袖の掴む。


「何してるんですかっ。」
「何って!」


チャンミンが男達の中から俺を連れ出す。
皆俺達の方をジロジロ見てた。


「何しに来たんですかっ。」


何故かチャンミンはコソコソ声で俺に言った。


「何しにって!」
「しかも寒いのにそんな格好でっ。肌蹴てますよっ。」


チャンミンは木の陰に俺を連れて行って浴衣の胸を掛け合わせた。


「チャンミンっ!」
「戻ってて。宴会には戻りますから。」
「嫌だ。チャンミンといるっ。」
「は?!」
「チャンミンといるっ!」
「僕はAKBが見たいんですっ。いい子ですから戻ってて!」
「俺も見るっ!」
「あんたが何で見るんですかっ!訳分からないな!!邪魔しないでっ。」


チャンミンは俺に戻れと本館の方に押しやる。
やだって!
チャンミンと居たいっ。


居させてっ。


「邪魔しないからっ。」
「存在が邪魔ですっ!」
「なんだよっ。俺がシウォンに狙われてもいいのか?!」
「シウォン?!?!?!何の事?!?!」


チャンミンの興味が俺に向く。


「シウォンに風呂場で迫られたんだっ。」
「はぁ?!?!?!」


チャンミンが大きな声を出す。


「逃げてきたけどっ。俺がシウォンに何されてもいいって言うのか?!?!」
「ちょっと待って!!!なんでそうなった?!」


チャンミンが俺に詰め寄る。


「なんかされたの?!何されたの?!」
「触られた。」
「どこをっ!!!」


俺は口に出来なくてチャンミンから目を逸らしてそこを見た。


「はぁ?!?!」


又チャンミンが大きな声を出す。


その度AKBを待ってる男達がこっちを見る。


「なんでそんなとこを!!!!!!!」
「だって……っ。あいつが……っ。」


俺だって好きで触らせたんじゃないのに。
チャンミンはなんか俺に怒ってて。
俺は納得できなくて難しい顔になる。


「だって何!」
「チャンミンがAKBに夢中になってるからだろっ!側に居てくれたらあんな事にならなかった!!」
「僕のせい?!」
「そうだっ!!」


チャンミンが俺の手を掴んで引っ張る。
俺はチャンミンの方に引き寄せられてチャンミンに壁ドンならぬ木ドンをされた。


その時横を人が通り過ぎた。


「?!」
「?!」
「?!」


3人がビックリして目を合わせた。


さ。


さ。


さ。


さっしーだ。


俺はチャンミンはチャンミンに至近距離で迫られてて浴衣は確実に肌蹴てた。
風呂場で慌てて着替えたせいもあるしチャンミンを探してて動き回ったせいもある。
そんな俺に迫るチャンミン。


さっしーの目にはどんな風に映っただろう。


そしてチャンミンは今何を思ってるだろう。


愛しいさっしーを目の前にし、男の俺に迫ってる場合じゃないのに。


「ごめんなさい……。」
「……。」
「……。」

さっしーが喋った。


「いえ。」


チャンミンが何も言わないから俺が返事した。


その後さっしーは男達の中を通って別邸に入っていった。








チャンミンは暫く動かなかった。











なんか俺は色々……察した。































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/27 (Mon) 01:31 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/27 (Mon) 02:26 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/27 (Mon) 03:03 | # | | 編集 | 返信

さっしーwww

チカ*しゃん♡

ごめんなさいってことは( ತ,_・・ತ)プッ
チャンミンさん、お気の毒なのか?
ユノさんのほう向いてくれたらうれしいんだけど(笑)

2017/02/27 (Mon) 09:46 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント