See more details
Title List

好き、嫌い…好き。~社員旅行で迫られて。~ #12

Y-side






チャンミンが泣いた。

























俺の為に?
こんな事になった俺の為に泣くのか?


違う。


チャンミンは自分を責めてるんだ。


どうして僕は…俺を一人にしたんだとか。
どうして僕は…俺を守れなかったんだとか。
どうして僕は…
どうして…


きっといくつものどうしてを抱えて涙を流したに違いない。


どれだけ自分を責めたんだろう。
どれだけこんな俺を見つけて辛かっただろう。


バカだな…。


俺はバカだ。


本当にバカだ。


自分の犯した過去の結果がこれだ。


こんなにまで。







チャンミンを苦しめた。









「ユノ………ユノ………。」









チャンミンが課長じゃなく俺をユノって呼ぶのに胸が痛かった。


あいつらは警察に捕まったって言ってたけど。
またどこかで遭遇するかも知れない。
その時俺は無事でいれるんだろうか。


不安は不安を呼ぶけど。
チャンミンに不安を見せたくない。


「ねぇ。ユノ。寝た?」
「起きてる…。」
「寝れそう?」
「うん。寝れる。」


チャンミンがいるから大丈夫。
寝れないのはチャンミンの方だろ?


「そう……。」


お前は何一つ悪くないんだよ。チャンミン。


「チャンミン。俺は平気だ。こんなの何て事ないし。男にやられるだって今初めてじゃない。傷はいつか直るし、痣も消えてなくなる。チャンミンが苦しむ事じゃないんだよ。」
「ユノ………。」


そんな風に俺の名前を呼ぶのは止めて欲しい。
哀しくなるから。


本当なら名前で呼ばれたら嬉しいのに。
今日は全然嬉しくないんだ。
なんでだと思う?


俺がお前を傷付けたからだよ。


そう呼ばれるのが哀しいからだよ。


「チャンミン…………。」


俺はチャンミンの肩に顔を埋めて涙が止まらなかった。
その涙をチャンミンの細くて長い指が絡め取って行く。


「ユノ。僕と一緒に暮らしませんか?」


え?


「どうせ今までも半同棲してたみたいなもんでしょ?だったらいっそこれを期にどこか違う土地で少し広い部屋を借りて一緒に暮らすのはどうですか?勿論会社から近い所にしましょう。」


チャンミン………。


「そうしたらあいつらとも会う確率は減りますし……あ。もちろんあんたがそういう場所にはもう近付かないってのは絶対ですけどね。」


どうしてそんな事急に?


「ねぇ。ユノ……そうしましょう。」


チャンミンが柔らかく俺の髪をすいて撫でる。


チャンミン……お前……。


「チャンミンが………アイドルのポスターを貼らないならいいけど………。」
「えっ。それダメだったんですか?!」
「当たり前だろ。」


マジか~とチャンミンは大袈裟にガッカリして見せた。


「わかりました。そのかわりユノも絶対僕以外を見ないで。発展場には僕達がどんな喧嘩をしても行かないで。」
「プっ。」


俺は思わず笑ってしまう。
俺がお前と付き合い始めてから一度でもそういう場所に行ったと思うのか?
俺は他の男は全部切ったし。
もうずっとお前としか寝てなかった。


今回こんな事になっちゃったけど。
折角チャンミンだけだったのに一気に汚されたけれど………。


この事は忘れる事ができないだろうな……。


ずっと。
永久に。


でも


ずっと。
永久に。


俺はチャンミンだけなんだよ。


「行かないよ。行かない。」
「じゃあ僕もポスターは諦めます。」


そろそろと俺の頭で動いてたチャンミンの手が俺の後頭部を包み込んで止まった。


「それから、」
「?」
「もう二度とこんな事がないように僕はユノと離れないから。」
「…………。」


俺の。


俺の涙腺が壊れた瞬間だった。


「だから一緒に暮らしましょう。」


「ふ………っぅ。」


次から次から涙が零れ落ちた。


「ねぇ。ユノ。」


その名前がやけに甘く響いて嫌じゃなかった。


「だからもうお互いお互いを責めるのはやめませんか?」
「………チャンミン……。」


チャンミンは全部分かってたんだ。


俺が不安なのも。


俺がお前を傷付けたと思っていた事も。


そしてやっぱりお前も自分を責めていたんだな……。


「ねぇ。ユノ。」


チャンミンの手が再び俺の頭を撫でだす。


チャンミンはたった一つの提案で俺もチャンミンも救ってしまった。
一緒に暮らそう。
それは俺の不安も、こんな俺がお前を好きでいていいのかと言う思いも全部一気に救ったんだ。


「………うん。」


ずずず…。


涙と鼻水が一気に流れ出る。


「ふふふ……決まりですね。」
「うん。」


チャンミンは楽しそうに鼻で笑った。





チャンミン。













俺のチャンミン。
















ありがとうな。チャンミン。































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

よかった〜(/Д`;

チカ*しゃん♡

よかったよ〜・゚・(。>д<。)・゚・

ふたりとも、もうお互いしか見てないんだよね。
アイドルも、他の男たちも、目に入らないんだよね。

よかった〜(٭°̧̧̧ω°̧̧̧٭)

2017/03/11 (Sat) 00:35 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/11 (Sat) 01:21 | # | | 編集 | 返信

No title

よかったとはひとことでは言えないけど二人なら乗り越えていけるね( ⸝⸝⸝ʚ̴̶̷̆ωʚ̴̶̷̆⸝⸝)
2度と離れるなよぉ〜。

2017/03/11 (Sat) 07:16 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/11 (Sat) 10:13 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/11 (Sat) 12:08 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/11 (Sat) 12:37 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/11 (Sat) 12:41 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント