See more details
Title List

好き、嫌い…好き。~社員旅行で迫られて。~ おまけのえっち。

「来いよ。」
「…………。」

























僕は上に居るにもかかわらず課長に迫られていた。


「どうした?」
「いえ……。」
「もう早くしよう。」
「………確認しますが。無理はしてませんよね?」
「無理?」


課長はきょとんとした顔をした。
この人は気が付かずに傷ついてたりするから。
それでも笑うから。
この天使の様なあどけない表情を崩したりしたくないから……。


「体が痛いとか……、その……怖いとか。ないですか?」
「身体は痛いに決まってるだろ?怖い………怖い?チャンミンがか?それはないな?好きだもん。」


課長はそう言って笑って見せた。
相変わらずかわいい顔で。


「…………/////だもんって。あんた……。」
「?」


どうも全ては無自覚の様だ。


この天然ど天使め。


僕は課長をギュっと抱き締めた。


もう愛しくて仕方なくて。


「痛いってのは……大丈夫なんですか?」
「うん……大丈夫。お前が焦らすからそれどころじゃない。」
「焦らしてはいませんが……。」
「じゃあ早くしよう。」
「はい。」


もう敵わない。


好きすぎる。


僕はキスから丁寧に始めた。
口、頬、耳、首、指先。


「………ん……ふ。」
「課長………。」
「ユノ。」
「あ……ユノ。」


どうも慣れない。


「ユノ………。」
「そんな、丁寧に、しなくて、いい。」
「したいんです。」
「こっちはもう……我慢できないんだよ。」


課長はそう言って僕の手を自分の股間に持って行く。
そこはもうカチカチに膨れ上がっていて、自分でさわらせたくせに、課長は照れて見せる。


「……それとも、やっぱりさわるのが嫌か………?他の男が………。」


僕は課長にそこまで言わせてしまってから課長の股間に顔を埋めた。


「ちょ………っ////。」


僕はパンツの上から課長のそれを口に含む。
パンツが濡れる程、舐めてそれが益々大きくなるのを舌で感じた。


「チャ………ミンっ。」
「ユノ………。さわりたいです。あいつらがさわったところ全部僕が舐めて綺麗にします。」
「ふ…………ぁ。………ダメ………。」
「ダメですか?」
「汚れて……汚い………から。」
「………全然平気……あなたの体だから……。」
「チャンミン………。」


僕は舌で課長のパンツを舐めまわし、横の隙間から指を差込み直にさわる。


「ん……ぁ////。」
「ユノ………直に舐めてもいいでしょう?」
「そ……そんな事…………聞くな////。」
「だって………怖がらせたくないから。」
「んふ………大丈夫だから、好きにしろ。全部チャンミンの好きにしていい……っ。」
「ユノ………。」


僕は「じゃあ。」と課長のパンツを脱がせた。


「ぁ………。」


そして裸にしてしまうと僕は体を起して自分の服も脱ぎ捨てた。


「ユノ………足開いて。」
「………/////。」
「ほら。僕に全部見せて。」


ユノは恥かしそうにゆっくり足を開いた。
そんな照れる程純情でもないくせに。
僕の前ではかわいいんですね。


ユノの内股にはもちろんそこだけじゃないけど沢山の痣があってそれは多分あいつらが付けたキスのマークと言うには痛々しいくらい大きかったり鬱血が酷かったりのもの。
僕はそこにキスをしていく。
痛そうで重ねてキスマークは付ける事は出来なかったけどキスをする事で自分のキスマークに塗り変わればいいのにと思った。


竿の部分から睾丸を通ってある蕾は切れて赤くなっていた。
もう本当さわるのもかわいそうなくらいだったけど僕はあえてそこを舐め、ユノに快感を呼び覚ます。


「ん……ぅ………ぃ……っふ………ぁ。」


ユノは沁みるのか小さく痛いと言った。


でもそれさえも快感に変わるようにユノの好きな所を僕は攻めて行く。


「はー…………はー…………ぁ。」


ユノの息が段々上がって僕はさっき隠したジェルをたっぷり使って課長のアナルのマッサージを繰り返す。


「あ………ぁ………チャンミンっ……。」
「痛いですか?」
「ううん。痛く……はないけど……。あっ。」


指がアナルの上を通る度課長のアナルは僕を指先を飲み込もうとするのを僕は飲み込まれないように慎重にマッサージする。


「あ……あ……ダメ。」


もうジェルが課長の穴でくぷくぷと音を立てるくらい課長のアナルは溶けそうに柔らかくなっていたけど僕はもう少しもう少しとマッサージを続けた。


「チャンミンんん……んダメ……。」


課長がダメだって言うからまだダメなんだと思った。


「チャンミン……もう……ダメ……ん。」


それなのにアナルの真ん中でとんとんと指の腹を叩くようにすると課長のそこは開いてまるで僕の指を招き入れる様だった。


「あ……挿る。」
「まだです。」


真っ赤なそこ。
本当に挿れてもいいのかは迷ってしまう。
口を開いたその中まで真っ赤だった。


「チャンミン………挿………るって。」
「でも………。」
「挿る……んぁ………ん。」
「どう…します?」
「ん……あ………ぁ……挿れてっ。」


課長は多分無意識に腰を振り、最後には挿れてと懇願する程感じていた。


「挿れて……っ、挿れてぇぇ……っ。」


僕は僕でそんな課長に勃起していた。
今すぐにでも挿入したい気持ちをなんとか我慢させてまずは指一本で課長の中に挿った。


「あ………あ……んっ。」
「挿った……。」
「ひ……ぁ……んっ。」


僕はジェルを足しながら指の本数を増やして行く。
課長の中はもうトロトロだった。


「チャンミン……んっ。」
「ユノ……。痛くない?」
「ない……っはっ……ない……ないっ。」


ゆるゆるのそこは誰かの侵入を思わせたけれど僕は今はそれを考えない事にした。
ただ課長の事だけ考えて、課長の快楽だけを追い求めて行く。


「ユノ……優しくするから。」
「ちゃ………っ////。」
「僕のこれでユノの中を擦ってもいい?」


僕はパンツを盛り上がらせた自分のそれでごりごりと課長のアナルを擦ってそう聞く。
課長は頭を縦に振っていいよのサインを出してくれる。
僕はパンツに手をかけずりっと一気に下ろすとぽろんとでてきた僕の竿が課長のアナルにひたっと当たる。


「あぁ……んっ。」


それだけで声を上げてしまう課長が愛しい。


爆発しそうな竿を課長に宛がい、ゆっくりゆっくり押し付けるとジェルの滑りでにゅるにゅると挿入していく自分はまるで課長に食われてるみたいだった。


「ふー。」
「あ……ぁ……あんっ。チャ……ん……ミンっ。」
「課長………。」


僕は熱が一気にそこに集まるのを冷めろ冷めろと天井を見て動きを止めた。


「ん……ぁ………ぁ……や……動いて……っ。」
「煽らないで下さい……。」
「いいからぁ。早くぅ……。」
「知りませんから………っ。」
「うん……っ。」
「あなたを庇う余裕なんてなくなりますよ……。」
「いいからぁぁぁぁっ。」




そのアソコもとろとろだけどとろとろになった課長の顔に僕は我を忘れてユノの中で動いてしまった。










その後はもうめちゃくちゃだった。













沢山のジェルが僕と課長の間でぐちぐちと音を立てて僕と課長を濡らした。

















課長を善くする筈の僕は課長の気持ち善さそうに喘ぐ声で、体だけじゃなくそんな事でも快楽に溺れて行ってしまったんだ。


































-----
いっぱいポチ頂いたのでおまけのチャンミンでした。
ありがとうございました!!
明日はおまけのユノかな(笑)

それで完結かなぁ~・・・


完結はやだぁ~だったらポチポチっとお願いします(笑)


*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/14 (Tue) 18:21 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/14 (Tue) 18:53 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/14 (Tue) 20:07 | # | | 編集 | 返信

完結

チカ*しゃん♡

ヤダ〜・゚・(。>д<。)・゚・

2017/03/14 (Tue) 20:29 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/14 (Tue) 23:53 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/15 (Wed) 02:16 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/15 (Wed) 23:40 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント