See more details
Title List

好き、嫌い…好き。~らぶはうすでデキちゃって。~#8

俺の想像妊娠騒動が落ち着いて数ヶ月がたつ。



























あの一件から俺達はチャンミンが言ったらラブハウスでそりゃもうその名のとおりチャンミンとラブラブな同棲生活を送っていた。


凄く幸せで。こんなに幸せでいいのかってくらいの毎日だった。
























そして俺達の同棲生活も慣れて来た今日この頃。


























俺は……。































仕事に追われていた。

























ひたすら仕事の日々を送っていた。


























「………今日も遅くなったなぁ。」


この時期年度末はどこの会社も慌しい。
決算に加えて新入生の研修も始まり人事の異動で引継ぎがあったりと俺もその慌しさに飲み込まれててんてこ舞いだった。
いつもは仕事のできるチャンミンに仕事を押し付けて荷を軽くしてる俺も流石にそれだけでは回らなくてひたすら残業の毎日。


まぁ「課長」なんだから仕方ありませんよ。とチャンミンは言う。
その通りだ。
それなりに給料はいっぱい貰ってるんだから仕方がない。


ただチャンミンと一緒にいれないのが俺を余計疲れさせる。


日中は急がしくて事務所にいる事がなかったし。
夜は夜で残業続きで帰るとチャンミンは寝てしまっている生活。


「今日も寝ちゃってるだろうな………。」


セックスもどれだけしてないだろう。
あぁ。今日はチャンミンのベッドに潜り込んじゃおうかな。


俺はそんな事を考えて少しやる気を取り戻す。


少しでも早く仕事に目処を付けてとっとと帰ろう。


チャンミンはどんな反応するかな。
明日がキツイかな。


でもこのままチャンミンロスでいるよりうんと体にいい気がした。


俺は仕事を片付けて帰り支度を始めた。















「チョン君。まだ残っていたんだね。ちょっといいかい。」
「は?………はい。」


帰り際部長に呼ばれた。




















その時まで俺は思いもしなかったんだ






















まさか自分が人事移動の対象になってるなんて…。




























「ただいま………。」
「課長おかえりなさい。」
「まだ起きてたのかチャンミン。」


チャンミンが待っててくれた。
なんで今日に限って。


俺は少し動揺してた。
部長の話しに。


「何か食べますか?」
「え?あ。いや………済ませてきた。」
「食べる時間あったんですね。良かった。」
「うん……部長に誘われて。」
「へぇ。珍しいですね。」
「……………うん。」


チャンミンがふわっとバックからハグしてきた。


「疲れてますか?」
「あ?あぁ疲れたよ。」


俺が驚いてチャンミンを振り返るとあっと言う間にキスをされた。
そして耳もとで囁かれた。


「したいです。課長。」
「え?」


耳にかかる熱いチャンミンの息にドキッとする
したい。
それってやっぱりセックスだよな?


「もう随分してませんよ。」


チャンミンも今日俺と同じ気持だったんだ。
そう思ったら嬉しかった。


でも俺の頭は部長の話しでいっぱいだった。


「……ねぇ………ユノ。」
「ぁ……っ。」


チャンミンが俺の耳朶を甘噛みした。
俺は思わず小さく声を漏らした。


背筋がぞくぞくする。


「今日は僕のベッドで寝ませんか?」
「………うん///。」


チャンミンの誘いに俺は揺らいでしまう。














今日、本当はチャンミンに話すべきだった。















俺の移動が決まった事。

















でも言えなかった。















俺はチャンミンにこの時言う事ができなかったんだ。














チャンミンの甘い愛撫に流されながら。
チャンミンと離れ離れになるなんて。
今の幸せな時間を壊す事になると思ったら言えなかった。














今は。















今はこの幸せな時間に流されておこう。















明日言おう。


















明日は必ず言うからと誓いながら。





















俺はチャンミンとの快楽に溺れていった。





















明日はもっと幸せな時間を壊したくなくなるのに。

























どんどんどんどん。言いにくくなるのに…。











































----
おぉ…………。
私なんだか最近毎日奇跡の更新をしてる気がするww
今日は……今日もw。無理だと思ってたww


それもコレも全ては昨日下さったネタのコメントのお蔭様でございます♪
ネタ頂きましたww
ちょっと色々湧いてきたんで皆様のご意見を取り入れて続き書いていこうと思います♪
T様、Y様、G様。ありがとうございました♪
やっぱ目線変わると違いますね!!
私なんかもう頭固くなっちゃてるんだろうなぁ~……。
あぁ!そうだった!!その手があった!的なww
皆様、目からウロコなコメントでした。
本当ありがとうございます!
書き手としては情けない話しですがねぇ・・・汗
ともかく。このお話で自分も皆様も楽しめたらいいなぁと思ってます♪
お付き合いいただけたら嬉しいです!!
よろしくおねがい致します(。ノuωu)ノ




*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/27 (Mon) 00:31 | # | | 編集 | 返信

おお!

チカ*しゃん♡

なるほど、リーマンには付きものの転勤ね。
離ればなれの危機もあるし、黙ってたっていう危機もあるか。
ふむふむ。

楽しみにしてま〜す!

2017/03/27 (Mon) 01:01 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/27 (Mon) 01:07 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/27 (Mon) 01:48 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/27 (Mon) 22:57 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント