See more details
Title List

マジで恋する17日前。

チャンミンの唇と俺の唇が触れ合って、俺は目を閉じた。



















チャンミンの舌が俺の唇を舐めるから俺も舐めてやろうと舌を出したらチャンミンの舌で絡め取られた。


















「………ふ……っ。」





















俺の鼻から息が漏れる。

























それはすんげぇ熱くて。




























甘く響いた。




























「じゃ。僕は帰ります。」
「え?」


そこまで妄想して俺はぎゅんぎゅんしてた。


「どうしたんですか?」
「いや……。なんでもない。」


そしてチャンミンは帰って行った。
あっさり。そりゃもう。さっぱりだ。
俺はと言えば悶々してた。
なんて言う妄想をしてしまったんだ。


どうしてキス……。


俺は昨日の妄想を思い出して自分の唇に指先で触れた。


求めてるってのか。
俺は。
チャンミンとのキスを。


チャンミンとは一度だけキスをした。
俺から。
兵役に入る前、別れるのが寂しくてついした。


昨日のあのタイミングでの妄想。
本当にしてしまうくらいの距離感だった。
俺はあまりのリアルな妄想にもしかして凄くだらしない顔をしてたんじゃないかと思うくらい。
チャンミンの舌が俺の舌に絡んだ時の興奮が忘れられない。


「だーーーーー。」


俺はベッドに横になった。


「どうした?ユノ。」
「え?いや………なんでもない。」


同室の奴に聞かれて焦る。
プライベートも何もないここでは本当に困るんだ。
興奮で股間がやばい事になってもこっそりする事も出来ない。


ただ静まるのを待つか、トイレでこっそり抜くか。


どちらかだ。


俺は後者を選んだ。


ベッドから起き上がると部屋を出た。
そしてトイレに篭る。


キスの妄想だけでどんだけだっての。


戻るのが遅いと怪しまれる前に戻らなきゃ。


俺はいそいそとズボンに手をかけモノを取り出すと機械的に扱き始めた。


「……………。」


動きを早くしてさっさと出してしまおうと扱くが全くイく気配はない。


あれ?って。
なのにびんびんで苦しいだけ。


「なんだこれ。」


急ぐから余計ダメなのか?
っていうかなんでこんなびんびんになったんだっけ?


あ。
妄想。


チャンミンとのキスの妄想でだ。


「ん………ぅ。」


あ………。


なんだ。


あの熱い舌を思い出しただけで握った竿がドクンとなった。
一気に熱を帯びて集中される。


「ふ………。」


チャンミン………。






あ。






あ。







あ。










ごめん。




















俺、チャンミンでイった…………。



































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
*Esperanza*チカ*presents
関連記事

COMMENT

ぎゅんぎゅん

チカ*しゃん♡

キュンキュンじゃないのね(笑)

ユノさん、妄想だけでイっちゃうってどんだけ~
中高生並みですやん。

軍は共同生活だもんね。
やっぱりトイレかぁ( ´艸`)ムフフ

2017/04/03 (Mon) 14:15 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/03 (Mon) 18:03 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/03 (Mon) 18:32 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/03 (Mon) 21:51 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント