See more details
Title List

マジで恋する12日前。

週末チャンミンが会いに来てくれた。























チャンミンが来てくれたのは午後からで軍の皆におやつの差し入れを持ってきてくれた。
気の利くいい後輩だ。


チャンミンはラフなジージャンにスリムな黒のパンツスタイル。
羨ましい位の細身のその体は脱いだらすごい筋肉なんだろうな。
きっとチャンミンの事だから入隊前のあの体系を維持してるに違いない。


あ。やば。
又妄想してしまう。


俺は頭をプルプル振った。


「どうしました?」
「えっ?いや………。」


今はまずい。
チャンミンの前だ。


俺はあれからチャンミンで抜かずにいられない。


そんな事をチャンミンに知られる訳にはいかない。


チャンミンとは面会室で話をして過ごした。
二人っきりでいつまでも。
話は尽きない。
お互いの事、目の前に控えた復帰後の事、なんでも次々溢れ出た。
好だと告げてもっと恥ずかしかったりぎこちなくなったりするかなと思ったけどそうでもない。


「ですからね。」


チャンミンはいつもの口調で話を続ける。
俺は右手で顎をついてその口を眺めた。
横に広い口。
大きく開くその口から奏でられる歌声は本当に綺麗で心地いい。


「うん。」


俺は相槌を打ちながらチャンミンの歌声を思い出す。


好だ。


「何。」
「ん?」
「人を眺めてなんですか。気持ち悪いですね。」


このチャンミンは本当口が悪い。
いい声、綺麗な歌声と顔とのギャップがまたチャンミンらしいと言うか。
きっと頭がいいんだ。
ぽんぽんぽんぽん繰り出されるその悪態も頭の回転が良くなけりゃ出てこない。


「好きだっていっただろ?俺はチャンミンが好きだからそりゃ眺めたくもなる。」
「お?そう言う事ですか。は~ん。」


は~ん。って。
チャンミンは俺の告白を分かってるのかな。は~んで片付けた。
もしかして好きだって意味を履き間違えてるのか?
ただの仲間として、マンネとしての好きだと思ってるんだろうか?
俺の好きはそんな意味じゃない。
チャンミンを想ってアソコを大きくしたりする好きだからそんな訳ない。


もしかしてちゃんと伝わってないんだろうか。


と言うより、チャンミンにその気がないだけだろうか。
今日だって本当はチャンミンは会う気なかったんだ。


なんかそう思ったらすごく不安になってきた。
無条件でチャンミンだって俺が好きだと信じて疑わなかったけどよく考えてみたらそんな事わかならないじゃないか。


俺男だし。
俺デカイし。


「…………。」
「…………ユノ?」


それまで話が尽きなかった面会室に沈黙が流れる。


「い………言っときますがっ。」


チャンミンは大きな口を開けた。


「いつも言ってますがっ冗談ですからっ。」


少し焦ってる顔で言い訳してくる。


「え?」
「あ……気持ち悪いって……言ったのです……。」
「あぁ………わかってる。」


チャンミン実は俺、本当に気持ち悪いんだよ。
チャンミンをおかずに毎日抜いてる。
そんな事知ったらチャンミンはどう思うだろうな。


「わかってるのにどうしてそんな顔してるんですか?」
「どんな顔?」
「すごく……哀しい顔です。」


俺は顔を擦る。


チャンミンが顔を覗き込んでくる。


だって……好きなのは俺だけなんだろ?


覗き込んだチャンミンの顔が近くて俺はチャンミンを眺めた。


面会室はガラス張りで外から丸見えだ。
哀しい顔らししい俺。
その俺の顔を心配気に覗き込むチャンミン。
誰かが見てたらどんな風に見られてるだろうか。


きっととても親密に見えるかも知れない。


チャンミンが俺にお茶を差し出してくれる。
チャンミンは本当に俺を心配してるみたい。


でもきっとそれは俺をヒョンとして敬ってなんだ。


俺はなんとなく後ろめたさを覚える。


俺はチャンミンに対してエロい事ばかり考えていたりして…。
それをおかずに抜いたりしてごめん。


第一、今は服務中なのにっ。


2年も禁欲してたからどうかしてたんだ。
毎日中学生みたいに。
抜いたりして。


俺改めるから。


俺改心するから。


チャンミン俺を嫌わないでくれよ。




「なぁ。明日も会える?」
「え?まぁ……僕は休みなんで。予定もありませんし。あなた大丈夫なんですか?」
「大丈夫。外出届け出すから。一緒に事務所行ってさっき話したこと煮詰めないか?」
「いいですが…。」
「よしっ。頑張ろうぜっ。」
「あ……あの…。」
「ん?」
「……いえ……いいです。」



そうだっ!
復帰に備えて仕事に打ち込もう!






そうしようっ。







そうするっ!!!!!













俺はチャンミンの何か言いたそうな顔にも自分の事で精一杯で気が付かなかった。




























---

あら~ふりだし。
ユノの鈍感。(笑)
かわいいっ。←…。

お帰りが近付くにつれて一層盲目になりつつある私。



ユノのお帰りまで後12日!!





*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
*Esperanza*チカ*presents
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/08 (Sat) 12:20 | # | | 編集 | 返信

@カ**んさんへ

( -言- )ククク
本当にニブチンで可愛いよぉー
どうしましょうww
え?ユノにも馬が挿れていいの??(笑)
ユノはアンアン言うのでもうちょっと待っててww

2017/04/08 (Sat) 15:11 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

No title

ほかの作家さんのお話にランキングボタン貼るの止めたらどうです?
なんか凄く失礼な気がしますよ
他人のお話でランキング参加するのおかしいでしょ

2017/04/08 (Sat) 15:31 | アリ #- | URL | 編集 | 返信

@アリさんへ

思いもつきませんでした。ここは私のブログですし。押したくない人は押さなくていいだけと思ってました。
ご意見は真摯に受け止め考えさせて頂きます。ありがとうございましたm(_ _)m

2017/04/08 (Sat) 16:15 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/08 (Sat) 19:19 | # | | 編集 | 返信

@i***a さんへ

一人でぐるぐるしちゃって間違って理解しちゃうユノ。
チャンミンもう食っちゃえっ。(笑)わからせてやれ!
なんてそれは私の妄想。ww。
気持ちを伝えるって難しい・・・・

2017/04/08 (Sat) 23:40 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

あらら

チカ*しゃん♡

ふりだしに戻る(笑)

ユノさん、ぐるぐるし始めちゃったねえ。
でも、チャンミンさんは何か言いたそうだったんだ〜( ^ิ艸^ิ゚)

2017/04/09 (Sun) 00:22 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

@まりユノさんへ

戻りましたww

チャンミンは何か言おうとしたのに。
ユノのぱぼ。
早く二人が本当の恋に気が付いてラブラブになればいいのにね。

2017/04/09 (Sun) 03:19 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/09 (Sun) 10:55 | # | | 編集 | 返信

@く*様。

こんにちはく*さん
こちらこそ毎日読んで下さってコメント下さってありがとうございますm(_ _)m本当に嬉しいですーーーーっ。
更新は正直な話大変ですけど楽しいですよー♪♪♪だから一緒に楽しんで頂けてこれもまた嬉しいです♡

そうですねーずっとアイドル業で普通の生活してなかったから今青春してるんですよねきっとww。リアルも♡
今後の展開にもお付き合い頂けたら嬉しいです♡

2017/04/09 (Sun) 15:55 | チカ* #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント