See more details
Title List

マジで恋する2日前。

チャンミンは大事にクッションを敷いて俺への負担を減らしてくれる。

























でもはっきり言ってそんなのはたいして役にも立たず、チャンミンが弄る穴の部分が思ったより痛い。


「……っつ。」
「痛いですか?」
「………。」
「ユノ……痛いよね……。」


少し申し訳なさそうなチャンミンに、俺は頭を浮かせて寄せた。
そして大丈夫な意味を込めてその肩口にすりすりと懐く。


「チャンミン………。」
「ユノ………もう少し…濡らしてもいい?ベッド汚れるかも知れませんが……。」
「ごめんなさい。何もないから僕の使います。」


チャンミンはそう言って自分で自分の竿を扱きはじめた。


「チャンミン……俺が。」
「ユノ?」


チャンミンの手を制して俺がチャンミンに触れる。
チャンミンのは元々大きかったけど俺の手の中で更に大きくなった。


「チャンミン………大きくなった…。」
「そりゃ……あなたに触られたら…。」
「凄い大きい……。」


俺は引き付けられるようにそれに顔を寄せて口を開けた。


「ユノ……っ駄目っ。」
「………。」


チャンミンは駄目って言ったけど俺は構わず口で咥えた。
そしてひと擦りふた擦りしただけでチャンミンの先端から苦い液が俺の口の中に広がって、あまりに急で、いきなりだったもんだから俺は思わずごくっと飲んでしまった。


「ユノっ!飲んじゃったの?!」
「ごめん……の…んじゃった。」
「っていうかっ大丈夫ですか?!」
「苦いよ……。」
「あぁ………すみません。ユノが口でするから……出てしまいました。」
「それはいいけど……どうしよう。」


濡らす物がなくなってしまた。


「いいです。」
「チャンミン?」


チャンミンは再び俺の腰の下やらにクッションを突っ込む。


俺の腰が浮いて恥ずかしい部分が晒されると更にチャンミンは俺の足を持ち上げる様に抑えて事もあろうかそこに顔を埋めた。


「チャンミンっ!!!」


駄目、そんな場所、汚い…っ!


くの字に折り曲げられた俺は目の前でチャンミンがそこに顔を埋めて舌で穴を舐めるのを見た。
くらくらするのは恥ずかしいからなのか気持ちいいからなのか分からない。


「チャンミンっ!!」


こんな事、妄想でもされなかった。


チャンミンは暫くそこを舐めて舌先で突く行為を繰り返す。
その次には自分の唾液をとろりと垂らしたり手で塗りたくったり。
俺のそこはどうもしなくてもいつの間にかチャンミンの指を咥えてた。
ぬるぬる感はさっきまでの痛みを嘘みたいに快感に換えてた。


「やわらかくなってきました。」
「ふ………っ………ぅっ////。」


もう恥ずかしいとかみっともないとかそんな気持ちさえ飛んでしまうくらい俺はそこへの愛撫に感じてしまってたと思う。


「や………っ……ぁ。」


何コレ。
何だコレ。


やばい。


すっげぇやばい。


「チャンミン………もうやめて……っ。」
「やめられはしませんけど……。進んでもいい?ユノのここがいやらしくて僕もう我慢できない……。」


いやらしいのはどっちだ。
そこを舐めて弄って我慢できなくなってるお前じゃないのか。と言いたい。


「好きにしていい……っ。」
「ユノ……。」


チャンミンは又俺の体勢を変えさせる。
今度は裏返しにして腰を持ち上げた。


「う……ぅ………っ。」


さっきから穴がすーすーする格好ばかりだ。


そのすーすーがチャンミンのでいっぱいになった。


チャンミンは背中から俺を包み込む様に抱き締めながら俺の中に挿って収まった。


「ぁ………ぁ………………ぁ。」
「…………。」


チャンミンの形が分かるくらい俺の中でチャンミンがぴったり収まって動かなかった。


俺はじっとしてるチャンミンを余計に感じて震える。


何、嫌。


どうせなら酷く攻められて終わりにして欲しいくらいその感覚は俺をじんわりと狂わせた。


「や………あ………ん………ちゃ……んみ……んっ。」
「ユノ…………。」


チャンミンの吐息が俺の耳元で熱い。
性器は俺の中でもっと熱かった。


チャンミン?
チャンミン感じてるの?


俺の中でチャンミンも俺を感じで興奮してるの?


「チャンミン………っチャンミン………っ。」


俺は呪文のようにチャンミンの名前を何度も何度も口にする。
なんかその名前が愛しくて。


止まらない。





チャンミンが愛しくて。





止まらない。






好きが……







溢れて零れ落ちて。












もう。
















止まらなかった。
























---

昨日は更新できなくてすみませんっっ。
このカウント2は昨日の分で今日の分カウント1を又後ほど更新いたしますm(__)m

昨日から仕事がぼろぼろ・・・
なんかユノのお帰りを前にどこか集中できてないのかも・・・
こんなんじゃユノに恥ずかしいっ!
しっかり自分の事してのユノ応援だよねっ。
ユノもチャンミンもそう願ってるだろうから。と自分に言い聞かせて
お帰り当日の明日も私は仕事がんばりますっ。
明日こそミスしない様に!!ww

それでは又後ほど!!!









*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
*Esperanza*チカ*presents
関連記事

COMMENT

よかった♡

チカ*しゃん♡

あ、アレが、じゃなくてね(笑)
更新してくれてよかった(o´艸`)

ユノさんがゴックンしちゃったときはどうしようかと思ったけど←
チャンミンさんがんばった!

2017/04/19 (Wed) 16:38 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/19 (Wed) 17:58 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント