See more details
Title List

マジで恋する1日前。

C-side





僕はユノを抱き締めて動けなかった。






















少しでも動いたら即イきそうだった。


「ユノ………。」
「チャンミン………チャンミン……。」


僕達は二人がして一ミリも動けないくらい感じてたと思う。


「チャンミン………好きだ。」
「………?!」


僕はその一言にびくってなった。


その刺激だけでイってしまったんだ。


「あ……っ。」
「………ぅぁ。」


ユノの中でドクドクと波打つ僕にユノは僕の腕の中で震えた。


「や………っ。」
「ユノなんて事を……っ。」
「どっちが……だっ。」


僕は最後の一滴までユノの中に出し切ってもユノを離さなかった。
ぎゅっと抱き締めて。
ぐっとユノの中で。
留まった。


「チャンミン……抜いて……っ。」
「駄目。」
「チャンミン……っ////。」
「ユノが悪い。」
「なんでだよっ。」
「好きだなんて言うから……。」
「………。」


反則だ。


「間違ったって言ったくせに。今更好きだなんて………言う?」
「あ……ぁ、それはごめん。」


好きならあの時どうして間違いだなんて言ったの?


「どんだけ僕を振り回しますか。」
「俺だって……こんな筈じゃなかった……。」
「どんな筈?」
「こんなにチャンミンを好きになるはずじゃなかったんだ。」


勝手すぎる。


だからって僕を間違いにして。
自分は何。僕を好きで今更そんな事言うなんて。


勝手でしょう。


「だって……しょうがないじゃん。そうさせたのはチャンミンだろ。」
「僕が?」
「そうだ。チャンミンだ。チャンミンが俺から離れるから……っ。俺……っ。」
「離れて?いないでしょう。」
「シウォンと行ったじゃんっ。兵役に行ったじゃんかっ。」


ユノは僕の腕の中で顔を覆う。


泣いてるの?


「俺のチャンミンでいろっ。俺のチャンミンでいればいいんだよっ。」


ユノはそう言って駄々をこねてるみたいだった。
ユノが。
あのユノが。


かっこいいユノが。
ヒョンなユノが。
カリスマユノが。


「う……ぁっ。」


あんた。どれだけシウォンに焼きもち妬いてますか?
どれだけ僕を好きになったんですか?


「チャンミンっ!!」


ユノが声を上げる。


「何でっかくしてるんだよっ!」
「だって………。ユノが……。」


僕はユノの中のそれを再び大きくした。
反則だとは思ったけど嬉しくて。
そりゃもう体が気持ちより早く反応しただけだ。



こうなったらもう抑えられなかった。




僕は腰をゆらりと動かす。
小さな揺れはだんだん大きくなって動きに合わせて快感も増す。




「ユノ………っ。」
「あ……っはっ。チャンミン……っ。」





馬鹿みたいに何度も揺すった。





朝まで。





何度も何度もシた。

































あの次の日は僕はイベントがあった。
朝までシて寝込んでるユノを置いて出かけた。


ふらふらしながら歌って踊った。


おっぱおっぱと歌って腰を回した。


頭の中はユノでいっぱいだった。


























sの後ユノの様子はSNSで上がってた。
僕は義警に勤め、あっという間にユノの除隊の日の前日だった。


僕はなんとなく日にちばかり気にして、なんとなく落ち着かなくて、なんとなく焦ってた。


明日はユノに会いたい気もする。
でも会おうと電話でもするのか?


とんでもないな。








どうしよう。


























『チャンミン?』
「ユノ?」


ユノはこんな事になっても普通に電話をしてくる。


「またくだらない事で電話してきましたか?」
『だからくだらないって言うなって。』
「じゃあなんですか言ってみて下さい。」
『ん?』
「はい?」
『俺。明日帰るよ。』


知ってます。
ほら、くだらない。


「で?どうしました?」
『今日は手続きに行って来た。明日は午前中に除隊式にでて取材陣に挨拶するよ。』
「そうですか。長いようであっと言う間でしたね。」
『チャンミンももうすぐだよ。』
「そうですね。」
『先に待ってるから。』
「はい。」


当たり前のなんでもない電話だ。
やっぱりくだらない。


『じゃあ、明日な。』


ユノはそう言って電話を切った。


「は?」


何?
最後の。


明日なって。


ちょっと待って。


それはなんですか明日会おうって約束ですか?
僕の返事は?
聞かないんですか。


全くもう。
本当勝手な人だ。
僕の悩みとか焦りとかはどうなるんですか。


ユノは簡単に片付けてしまう。
そういう電話ならそういう電話らしい会話はないのか。









本当くだらないんだから。











僕は受話器を置いて明日の予定を頭で整理した。


























明日はきっと大騒ぎだ。
報道陣の前に出ると言っていた。
ペンも集まるだろう。


チョン・ユンホは明日東方神起ユノに戻る。


















明日。ユノが帰ってくるんだ。
































-----
いよいよ明日ですねーーーっ!!!!

チャンミン私も一緒な気持ちだよぉぉぉぉww。
はぅ。言葉にならない・・・

なんとかカウントダウン企画も残り1日となりました!!!!
たくさんの方にご協力頂きながらこの日を迎えられました。
すげぇ駄目駄目な企画者でした。
ご迷惑もおかけしました。
すみません……
皆さんに楽しんで頂けているか凄く不安・・・

あと一日!!皆様お付き合いお願い致しますm(__)m


ユノぉぉぉぉぉ。






*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
*Esperanza*チカ*presents
関連記事

COMMENT

No title

こんな素敵な企画してくれたチカさんに感謝してもしきれないよぉ。
いよいよだね。
今日はいろんな意味で眠れない夜を過ごすと思う(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧

2017/04/19 (Wed) 19:01 | ずんだ #TgLHeaMo | URL | 編集 | 返信

ありがとうございました!

チカ*しゃん♡

素敵な企画してくれて、参加させてくれて、ありがとうございました。
大変だったと思います。
お疲れさまでしたm(_ _)m
あ、まだ終わってないか(笑)

明日は朝からPCの前で泣きます・゚・(。>д<。)・゚・

2017/04/19 (Wed) 20:29 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/19 (Wed) 23:46 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/20 (Thu) 00:01 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/20 (Thu) 00:52 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント