See more details
Title List

大人の…はじめました。#13

チャンミンは意地悪に笑って俺の両手を掴んだ。

























触っちゃ駄目なの?


苦しいよ…。


「ユノ。」
「………。」
「触りたい?」


チャンミン……気のせいかなぁ。
楽しそう?


「………。」


俺は頷いた。


自分でもチャンミンを前にして何やってんだと思いながら。
でも抑えられない。
チャンミンだから。
もう色々知られてるチャンミンだからこそ。


どうにかしてって思った。


俺の中でこの時。
ここが学校だとか。
相手が生徒だとか。
そんな事はもう考えられなくなってた。


「ユノって…………案外。好きだよね。」


何が?


「さっきあげたの使ってみる?」


もうなんでもいいからっ。


早く。


「その顔やめなって。」


チャンミンは含み笑いをして俺の顔を撫でる。
それだけで震えた。


キスさえして欲しいと思った。


そしたらしてくれた。




チクニー





「ん………。」


なんかもう。コレって。


恋人同士の愛撫に近いと思った。


俺とチャンミンは教師と生徒なのに。
おかしいけど。


チャンミンのキスは優しかったし。
チャンミンの手は熱かった。


「ユノ。コレ指にはめて。」
「………?」


チャンミンはさっき俺にくれたピンクの指サックを俺の中指にはめた。


「いい?今日はコレ使うから胸出して。」
「胸?」


俺が今苦しいのはそこじゃないんだけど。


オナニーも
アナニーも
しないって事?


「これはね。チクニーのおもちゃだから。」


チクニー?!


また聞いたこともない響きだった。


そんな事よりアナニーがいいと思った。


「まずは胸を出して。」
「チャンミン……。」


俺アナニーがいい。
アナニー上手になったんだよ?


「ほら。」


なのにチャンミンは又俺にはじめてのことをしろって言う。


結局チャンミンに逆らえた事がなかった俺は胸のボタンを外しにかかる。
邪魔なネクタイはチャンミンが俺の首に引っ掛けた。


「まずは刺激を与えて乳首を勃起させるよ?」


乳首を勃起?!


俺はびくってする。
そんな事できる訳がない。
第一乳首の勃起ってどんなんだ?


「中指で乳輪をくるくると撫でてみて。」


ゴクン。


俺はチャンミンに言われる通りにする。


う。


は。


なんかびくびくする。


「いいよ。その調子。勃ってきた。」


マジか。


全身を電気が走るような感覚に俺はびくついた。


「じゃあ今度は乳首ね。優しくだよ?くりくりしてあげて。」
「………っ。」
「何?」


チャンミンの言い方がやらしかった。
俺はそっちに反応してしまう。


「乳首に集中して。」
「……う……ん。」


チャンミンが目の前にいたら無理だろ…と思いながら。


こんなにチャンミンが近かったらキスして欲しいと思うだろ。
おかしいか?俺。
おかしいな。


「…………っ。」


指サックの先はデコボコしてて全体にも模様が入っていた。
なんだと思ったその柄やデコボコは刺激を良くする為のものだったんだ。


確かにただ指でするのより遥かに刺激的だった。


きゅ~っとする胸の刺激。
アソコが連動してずくずくした。


「チャンミンっ。」
「気持ちいい?」
「………わかん……ない。」


ってのは殆ど強がりで。
俺は多分感じてた。


「じゃあ今度は指の先で引っかいてみて。」


俺が出来ないでいると、チャンミンが俺の指を掴んで動きを教えてくれる。


「こうだよ。」
「ん……ぁっ。」


思わず声が出た。


あとは自分で動かせた。


「ん……ん…………。」


確かに俺の乳首は勃って硬くなってた。
そのせいもあって爪の先で引っかくようなその刺激はさっきより強くて俺の腰を浮かせた。


ヤバいこれ。


「う……ぁ……ん。」
「気持ち良さそうじゃん。」


俺は下半身にも手を伸ばしたくなった。


「イケナイ。」


チャンミンに止められる。


どうして?
イきたい。


「今日はチクニーだから胸でイくんです。」


胸で?


そんなの無理……。


「ほら。刺激続けて。」
「チャンミン……。」
「大丈夫。もう少しだよ。ズボン濡れてきてる。」
「え?」


ヤバいじゃん!


どうやって帰るんだよっ。


「濡れたらヤバいね。出すだけ出してあげる。」


チャンミンはそう言って俺の勃起したそれをズボンとパンツの窓から取り出す。








チクニー1





「やべぇ。もうとろとろじゃん。パンツ濡れちゃってる。」
「あ……ぁ。」


触られたらヤバいから。
っていうかそのまま触って……欲しい。


「ほら。乳首。」
「ん…………ん。」


もうやだぁ。


これ変な感じする……。


「休まないで続けて。」
「ん……ん……っ。」


体が震えてどうしようもなかった。
腰が自然に動く。


俺は指を一生懸命動かしていた。


乳首をかいて。
撫でて。
くりくりした。


なんだこれ。


たまんない。


胸だけで俺。
女みたいじゃん。


「あ………は…………っ。」
「男も胸が性感帯のひとつなんだよ?感じるでしょ?」
「う………っ。」
「今止めちゃ駄目だよ。」
「あ………んっ。」


駄目。











イ…………っく。














ぴゅっ。

















俺は胸だけで射精したんだ。























これがチクニー?






















やばい……。

































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/21 (Sun) 01:20 | # | | 編集 | 返信

о(ж>▽<)y ☆

チカ*しゃん♡

大人のオモチャ総動員!?
聞いたことないのが出てきたよ(笑)
まさか、本物持ってないよね( ^ิ艸^ิ゚)

2017/05/21 (Sun) 01:29 | まりユノ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/21 (Sun) 07:51 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント