See more details
Title List

アロマリッチ。#6

自分でもドアに当たった意味は分からない。



























でもこれは嫉妬なんだと言う自覚もあった。




























ユノとホジュニヒョンの付き合いが長いのは知ってる。
それが特別親しい間柄なのも。


ただここ最近のユノの僕に対する執着も、ホジュニヒョンに同じ様に執着してるんだって思ったら、なんだかとてもホジュニヒョンに嫉妬する気持ちが湧き上がってしょうがなかった。


ユノは僕が好きなんだと思えた事がまるで嘘になって終わってしまった様で。
とても残念に思えた。

























それから僕は完全に不貞寝だった。


楽屋で鍵を閉めて閉じ篭り、一人でドカッとソファーに横になり眠ったらしい。


どれくらい時間がたったのかは分からないが外が騒々しくて目が覚めた。































「チャンミン!チャンミンっ!」


ユノの声だ。


ほら。
さっきホジュニヒョンに対しての甘えた声とはまるっきり違う。
ヒョンの声。


ドンドン!とドアを叩く音とユノの声が楽屋に響き渡る。


「合鍵はないんですか?」
「き、聞いてきますっ。」


ユノの声にスタッフの声が混じってバタバタと騒いでるのが分かる。
ヤバい。
なんか大事になってるかも知れない。


僕はガバリと起き上がり楽屋の鍵を開けた。


「チャンミンっ。お前っ。」
「すみません。寝てました。」
「ね…寝てたのか?鍵をかけて?!」
「すみません。」


ユノはイライラしてるぽかったがそれは僕だって同じだった。


「お前撮影中だろっ。心配させるなっ。」
「すみませんって。」


別にたいして心配でもないくせに。
僕が消える時もホジュニヒョンしか見てなかったくせに。
よく言う。


僕はユノと目を合わせなかった。


ユノはそういう僕に敏感に反応する。


「すみませんでした。ちょっと二人で話がしたいんですけどいいですか?」


ユノが周りのスタッフに伺う。
もちろん駄目だと言う者はいなかった。


ユノが中に入れろと言わんばかりの顔で入り口に立つ僕を睨んだ。


完全に怒ってる。


仕事を放棄した僕を許せないのか。
いつもの穏やかな表情とはまるっきり違う気に入らないって顔をしていた。
それは滅多に見せない顔でもあった。


























「一体何のつもりだ?」
「別に。」
「撮影中なのにどうして姿を消した上に鍵をかけて閉じ篭ったりしたんだ?」
「だから何でもありませんって。眠くなっただけです。」
「スタッフや俺がどれだけ心配したと思ってるんだ?」
「心配なんてしてないでしょう。」


矢継ぎ早に質問してくるユノに僕はぼそりと呟いた。


「なんだって?」
「なんですか?」


売り言葉に買い言葉。
小さな呟きも聞き逃さなかったユノの半分喧嘩腰な言葉にも僕はびびる訳もない。


「ホジュニヒョンがいる時は気が付きもしなかったくせに。良く言いますね。」
「何?」
「あんたは僕じゃなくてホジュニヒョンが好きなんでしょう?」
「何言ってるんだ?」
「僕が好きと言っておいてホジュニヒョンの事も好だなんてドンだけ軽いんですか?がっかりです。まぁ僕はゲイじゃないし好都合ですが。」
「俺がゲイだって言うのか?」


そうとは言わないが少なくとも僕が好きだと言ったじゃないですか。
やっぱり違うの?


「俺が好きなのはお前の匂いでっ………ホジュニヒョンが好きだとか、お前が好だとか何馬鹿な事言ってるんだ?!」
「馬鹿な事?あ~そうですか。本気にした僕は確かに馬鹿ですよねっ。」


なんかムカつく。


結局匂いだけあれば良かったんだ。
しかも僕の匂いだけじゃない。
ホジュニヒョンの匂いでも良かったとか馬鹿らしい。
危うく絆されるところだった。


少し僕が居なくちゃこの人は…とか。思ってしまってた。
この人の為に色々してきた事が本当馬鹿らしい。


「………もう…二度と嗅がせてやんねぇ……。」
「チャ……。」
「もう二度と僕に触れんな。近寄るな。」
「チャンミン?」
「そして…





















出てけっ!!!!!」
























匂いがどうでどうなろうともう知らねぇ。
勝手に頭痛でも何でもしてろっ。
臭い匂でくたばって死んでしまえっ!






























あぁ。ホジュニヒョンがいるから関係ないんだった。

























………くそっ。

























くそっ。くそっ。くそっ。

























このくそったれ!!



































*ランキング*参加中。
↓ミンホミンホ!ポチっと押して応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/10 (Sat) 00:28 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/10 (Sat) 07:40 | # | | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント